9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
人権英国、女性と少女に対する暴力の「国家的脅威」を終わらせるよう要請

英国、女性と少女に対する暴力の「国家的脅威」を終わらせるよう要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

結論としては、 10日間の訪問 同国特別報告者のリーム・アルサレム氏は、英国では3日ごとに女性が男性に殺されており、女性の4人に1人が生涯に何らかの形の家庭内暴力を経験すると指摘した。

社会のほぼあらゆるレベルで定着した家父長制物理的な世界とオンラインの世界に浸透している女性蔑視の増加と相まって、英国中の何千人もの女性と少女が恐怖や暴力から解放され、安全に暮らす権利を否定されています」と彼女は述べた。 ステートメント 彼女の予備的な発見と観察を要約します。

リーダーシップとインスピレーション 

アルサレムさん 男女平等を推進するための強固な法的枠組みを認めた、2010年平等法や英国全土に適用されるその他の法律を含み、この枠組みはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドに言及した分権地域の重要な法律や政策によって補完されていると指摘した。

同氏は、英国は司法へのアクセスを改善するだけでなく、強制的統制、デジタル化された暴力やストーカー行為など、女性や少女に対する現在および新たな形態の暴力に対処するための法的枠組みの強化において先導者となってきたと述べた。

「多くの国が英国にインスピレーションを求め、女性や少女の生活をより安全にする方法や、女性や少女に対する犯罪に対する責任を問う革新や優れた実践例に期待するだろう」と付け加えた。

政策を行動に移す 

しかし特別報告者は、多くの現実が女性に対する暴力に関する法律や政策の可能性を最大限に発揮する英国の能力を損なっていると指摘した。

彼らは これらの政策と英国の国際人権義務とのつながりが希薄化する;人権、特に移民、亡命希望者、難民に関する一般的な批判的言説と立場。そしてその 男性暴力に関する政策の断片化 分譲地域と非分譲地域の両方で女性と少女に対して。

英国は女性と少女に対する暴力の規模に対する政治的認識を行動に移すためにもっとできることができる」と彼女は述べた後、この問題に対する立法的および計画的な介入のすべての要素を統合すること、政府における女性と少女に対する差別と暴力に対する責任を高度化および形式化すること、そしてそれを人権への取り組みに定着させることなど、いくつかの提言を行った。 

奮闘する草の根団体 

アルサレム女史は、女性や女児と協力する草の根組織や専門の最前線のサービス提供者が、法定のサービス提供者の支援を受けられず、法定のサービス提供者の対象とならない、国内外の最も弱い立場にある人々のニーズを満たすためにどのように奮闘しているかについて懸念を表明した。 

これらのグループは「ますます困難な状況の中で生き残るために苦労している」 生活費の高騰、住宅危機の深刻化、深刻な資金不足"と彼女は言った。

「ジェンダー平等と女性と女児に対する暴力に取り組むNGOの状況は危機的状況に達しており、まったく維持できない」と彼女は付け加え、英国当局に対し、最前線の組織に予測可能かつ適切な資金を回復するよう求めた。 

女性と少女に対する暴力に関する国連特別報告者のアルサレム女史が国連によって任命された 人権理事会 ジュネーブで。 

理事会から委任を受けた独立した専門家は国連職員ではないため、その仕事に対して報酬は支払われません。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-