15.5 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
ヨーロッパ食料システムの回復力を高める新しい植物育種技術

食料システムの回復力を高める新しい植物育種技術

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

EUは食料システムの回復力を高めたいと考えている 植物育種技術に関する新しい規則により、農薬の必要性を削減します。

植物育種は、より高い収量、栄養の強化、または病気に対するより良い耐性などの品質を得るために、既存の品種から新しい植物品種を作成するために使用される古代の手法です。

今日では、バイオテクノロジーの進歩のおかげで、遺伝子構造を編集することにより、新しい植物品種をより迅速かつ正確に開発できるようになりました。

EU、現在、すべての遺伝子組み換え生物 (GMO) が該当します。 GMO法 しかし、植物育種技術は過去 2001 年間で大きく進化しました。新しいゲノム技術 (NGT) により、従来の方法よりも、よりターゲットを絞った正確かつ迅速な結果が得られます。

新しいゲノム技術とは何ですか?

新しいゲノム技術は、DNA に特定の変化を導入することによって植物を育種する方法です。

多くの場合、これらの技術では、自然には交配できない種からの外来遺伝物質を使用する必要がありません。これは、ハイブリダイゼーションなどの従来の方法でも同様の結果を達成できますが、そのプロセスにはさらに長い時間がかかることを意味します。

NGT は、干ばつやその他の極端な気候に対してより耐性がある、または必要な肥料や農薬が少ない新しい植物の開発に役立つ可能性があります。

EUにおけるGMO

GMO は、多くの場合、別の種のゲノムを使用することにより、育種によって自然には起こり得ない方法で遺伝子が改変された生物です。

GMO製品をEU市場に出す前に、次の審査を受ける必要があります。 非常に高度な安全性チェック。認可、リスク評価、ラベル表示、トレーサビリティに関しても厳格な規則があります。

新しいEU規則

2023 年 XNUMX 月、欧州委員会は次のことを提案しました。 特定の新しいゲノム技術によって生産された植物に対する新しい規制。この提案により、従来のプラントと同等とみなされるNGTプラントの認可が容易になる。これらの NGT 植物を得るために、自然に交配できない種からの外来遺伝物質は使用されません。

他の NGT 工場は、現在の GMO 規則と同様のより厳しい要件に従う必要があります。

NGT植物は有機生産では引き続き禁止され、農家が何を栽培しているのかを確実に把握できるよう、種子には明確なラベルを付ける必要がある。

議会の位置

議会 委員会の提案に対する立場を採択した 欧州議会議員らは新規則を支持し、天然品種に匹敵するNGT植物はGMO法の厳格な要件から免除されるべきであることに同意した。

しかし、欧州議会議員らは、すべてのNGTプラントに対するラベル表示の義務化を継続することで透明性を確保したいと考えている。

法的不確実性を回避し、農家が大手種子会社に依存しすぎないようにするため、欧州議会議員らはNGT植物のすべての特許を禁止したいと考えている。

議会は現在、EU政府と新法に関する交渉を開始する準備ができている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-