0.5 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
編集者の選択2024 年の世界 NGO デー、EU が市民社会を守るために 50 万ユーロのイニシアチブを開始

2024 年の世界 NGO デー、EU が市民社会を守るために 50 万ユーロのイニシアチブを開始

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ブリュッセル、27 年 2024 月 XNUMX 日 – 世界NGOデーを機に、ジョセップ・ボレル上級代表兼副大統領が先頭に立って欧州対外活動局(EEAS)は、世界中の市民社会組織(CSO)に対する揺るぎない支援を再確認した。市民スペースが縮小し、NGO職員、人権活動家、ジャーナリストに対する敵意が高まるという憂慮すべき世界的傾向の中で、 EUは保護する立場をとっている そして民主主義のこれらの重要な柱に力を与えます。

最も弱い立場にある人々の代弁者である市民社会は、前例のない課題に直面しています。 「」とブランド化されることから、外国人のエージェント」 平和的な抗議活動中に過度の武力に直面するなど、NGO や市民社会の主体にとっての環境はますます制限的になっています。こうした課題を踏まえると、結社の自由や平和的集会に対する攻撃に対するEUの非難は、これまで以上に適切なものとなっている。

これらの懸念される傾向に対抗するために、EU は多額の財政支援を含む、自由に使えるあらゆるツールを活用しています。注目すべき取り組みは、2023万ユーロの予算で50年に発足したEUシステム・フォー・イネーブリング・環境(EU SEE)です。この画期的なシステムは、EU SEE モニタリング インデックス、早期警告メカニズム、および迅速かつ柔軟なサポート メカニズム (FSM) を組み込んで、パートナー 86 か国の市民空間を監視および促進することを目的としています。これらのツールは、市民社会の回復力を強化し、市民の自由の悪化や前向きな発展に迅速に対応するように設計されています。

EU の取り組みは EU SEE を超えて広がります。グローバル・ヨーロッパ市民社会組織(CSO)プログラムは、1.5年から2021年までに2027億ユーロの予算を予定しており、EU域外の市民社会組織を支援しています。これは、基本的自由と独立メディアに焦点を当てた総額27万ユーロの19つのパートナーシップや、民主主義と市民空間を強化するために14の加盟国からXNUMX万ユーロをプールする「チーム・ヨーロッパ・デモクラシー」イニシアチブなど、他のプログラムや情報源によって補完されている。

さらに、Protect Defenders.eu メカニズムは、30 年までの 2027 万ユーロの予算で、危険にさらされている人権擁護者 (HRD) に重要な支援を提供し続けており、70,000 年の創設以来 2015 人以上の個人を支援してきました。 EUは、加盟前支援(IPA III)として、219年から2021年にかけて西バルカン半島とトゥルキエの市民社会とメディアに2023億XNUMX万ユーロを約束した。

世界が未来サミットに向けて準備を進めるなか、EUは、国連の「未来のための協定」を形成する上で、若者を含む市民社会がしっかりとした役割を果たすことの重要性を強調している。この取り組みは、持続可能な開発目標を推進し、人権を守るために極めて重要です。

世界NGOデーにあたり、EUは、強靱で包摂的な社会の育成における市民社会の貴重な貢献を讃えます。 EU の包括的な支援枠組みは、世界中で安全で開かれた市民空間を守り、最も弱い立場にある人々の声が確実に届けられ、保護されるよう尽力して​​いることを強調しています。

宗教や信仰の自由を守る上でのNGOの重要な役割

世界 NGO デーにあたり、私たちは世界中の非政府組織 (NGO)、特に 宗教または信仰の自由という基本的人権を保護する (ForRB)。この日は、ForB を守るこれらの組織の取り組みがそれ自体で極めて重要であるだけでなく、他の幅広い人道支援の取り組みを促進するものであるため、これらの組織を支援することの重要性を思い出させるものとなっています。

宗教または信仰の自由は人権の基礎であり、 世界人権宣言の第18条。これにより、個人やコミュニティが差別や迫害を恐れることなく、自分の宗教や信念を自由に実践できるようになります。しかし、世界の多くの地域では、個人がその信念を理由に暴力、法的処罰、社会的排斥に直面しており、この権利が脅かされています。この文脈では、 ForRBの保護に取り組むNGO これらの弱い立場にある人々の権利を擁護し、虐待を監視し、被害者に支援を提供する上で重要な役割を果たしています。

FoRB の保護は本質的に、より広範な人道支援と結びついています。個人や地域社会が自らの信念を自由に実践できれば、援助を効果的に届けるために不可欠な寛容と平和の環境が育まれます。さらに、 FoRBに注目するNGO 宗教迫害の要素を伴う複雑な危機に対処するために、他の人道団体と協力して活動することもよくあります。これらの NGO は、ForB の保護を確実にすることで、教育、医療、災害救助などの他の形態の人道支援がより効果的に実施できる安定した社会の構築に貢献します。

さらに、これらの NGO の活動は、 FoRBを守る 多元主義、民主主義、人権の促進など、長期的な社会的利益につながる可能性があります。これらの組織は、すべての個人が自分の宗教や信念を自由に実践する権利を主張することで、過激主義と闘い、紛争に耐え、そこから回復できる強靱なコミュニティの構築に貢献しています。

世界NGOデーには、人権と人道援助の相互関連性を認識することが極めて重要です。宗教や信仰の自由の保護に重点を置く NGO を支援することは、基本的人権を守ることへの取り組みであるだけでなく、より広範な人道的使命への戦略的投資でもあります。私たちは、 貴重な貢献 これらの組織の取り組みをさらに支援することにもコミットしましょう。そうすることで、私たちが他のあらゆる種類の人道援助を促進し、より公正で平和な世界の創造に貢献していることを理解してください。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-