9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
ヨーロッパEU、弾圧激化の中、民主ベラルーシへの強力な支持を再確認

EU、弾圧激化の中、民主ベラルーシへの強力な支持を再確認

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

決定的な動きとして、欧州連合はベラルーシ国民の民主主義、主権、人権への願望を断固として支持することを改めて表明した。理事会の最新の結論は、次のことを強調しています。 深いコミットメント 自由で民主的で、平和で繁栄したヨーロッパの不可欠な部分であるベラルーシへ。

ジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表は、ベラルーシが引き続きEUの優先事項であると強調し、ベラルーシを非難した。 ルカシェンカ 特に25年2024月XNUMX日に予定されている議会選挙と地方選挙に向けて、政権による継続的な人権侵害と弾圧が顕著である。「責任者は責任を問われるだろう。私たちはベラルーシ国民と連帯し、平和と民主主義を求める彼らを支援するためにあらゆる手段を動員する決意を持ち続けています」とボレル氏は述べた。

安保理の結論は、ベラルーシにおける人権状況の悪化に対する重大な懸念を表明し、政権による迫害、脅迫、次期選挙の公平性と正当性を損なう取り組みを強く非難している。ベラルーシの言語と文化を抑圧することでベラルーシの国家アイデンティティを脅かすルカシェンカ政権の行動も、深い懸念事項として強調された。

同理事会は国内の弾圧に加え、ベラルーシによるロシアのウクライナ侵略戦争への支持や、移民の道具化を含むEU外国境での同政権のハイブリッド攻撃を非難した。これらの行為は地域の緊張を悪化させるだけでなく、国際義務にも違反します。

これらの行為に対抗して、EUはルカシェンカ政権に対して対象を絞った制裁を実施しており、当局が圧制的な行為を継続する場合にはさらなる措置を講じる用意がある。これらの制裁は、政権の責任を追及し、ベラルーシ国民の民主的自由の追求を支援することを目的としている。

ベラルーシの市民社会への支援は依然としてEU戦略の基礎であり、ベラルーシの民主勢力と市民社会によるEU協議グループの設立は注目に値する前進である。このグループは、ベラルーシで民主主義のために闘う人々の対話と支援のプラットフォームとして機能します。

さらに、EUは将来の民主国家ベラルーシに対して3億ユーロ相当の包括的な経済支援策を約束した。この計画は、回復力の促進、民主的改革の推進、雇用の創出、生活水準の向上を目的としており、ベラルーシの欧州家族への統合に対するEUの長期的な取り組みを示している。

理事会の結論は、ベラルーシ国民の民主主義への願望に対するEUの揺るぎない支持と、いかなる弾圧にも対抗する用意があることを明確に示している。ベラルーシが重要な選挙に近づく中、国際社会は民主主義と人権尊重への平和的な移行を期待して注視している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-