12.3 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ニュースEU、投資家向けの税金軽減手続きを加速するための「FASTER」イニシアチブを提案

EU、投資家向けの税金軽減手続きを加速するための「FASTER」イニシアチブを提案

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

欧州連合内の投資家向けの税軽減手続きを合理化および迅速化する取り組みとして、欧州委員会は FASTER 提案を提出しました。この取り組みは、国境を越えた投資を妨げ、不正行為の余地を残していることが多い、現在実施されている煩雑で調和のとれていないプロセスに対処することを目的としています。

現在、EU 居住者が他の加盟国の証券に投資する場合、源泉地国で源泉徴収の対象となります。二重課税を避けるために、投資家は源泉徴収された超過税の還付を申請する必要があります。しかし、既存の救済手続きは複雑で紙ベースであり、加盟国によって異なるため、投資家の意欲をそぎ、詐欺師がこの制度を悪用する機会を生み出しています。

FASTER提案に基づき、加盟国は「発生源救済」システムか「迅速な返金」システムのどちらを導入するかを選択できる。これらのオプションは、投資家に対する源泉徴収税の軽減を加速および簡素化し、EU 内での国境を越えた投資を促進することを目的としています。さらに、この提案では、特に現金詐欺などの場合における税金の乱用を防止するためのセーフガードが導入されています。

提案の主要な構成要素

  1. デジタル居住証明書 (eTRC): この提案では、税務上の居住確認プロセスを合理化するために、統一されたデジタル居住証明書が導入されています。この電子証明書は、現在の紙ベースのシステムを置き換え、管理負担を軽減し、効率を高めます。
  2. 金融仲介業者の報告義務: 金融仲介業者は国の金融仲介業者登録簿に登録し、配当や利息の支払いに関する関連情報を報告することが義務付けられる。この措置は透明性を高め、税金の乱用を防止することを目的としています。
  3. 源泉徴収と迅速な返金手続き: 加盟国は、投資家の源泉徴収税軽減プロセスを迅速化するために、源泉徴収システムまたは迅速な還付システムのいずれかを導入することを選択できます。これらの手続きは、投資家の遅延と管理負担を軽減することを目的としています。

予想される影響と次のステップ

欧州委員会は、FASTER イニシアチブにより、EU および非 EU の投資家にとって年間約 5.2 億ユーロのコスト削減がもたらされる可能性があると推定しています。この提案は現在、欧州議会と理事会によって検討されており、加盟国は2027年までに新しい規則を国内法に置き換えることが期待されている。

FASTER イニシアチブは、EU における源泉徴収税軽減手続きの調和と簡素化に向けた重要な一歩を表しています。この提案は、国境を越えた投資を促進し、透明性を高めることで、金融セクターにおける税金の乱用や詐欺と闘いながら、投資家にとってより有利な環境を作り出すことを目的としています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-