4.3 C
ブリュッセル
4月月曜日、22、2024
ニュースEU の拡大と司法権と基本的権利への取り組み: ビジョン...

EU の拡大と司法権と基本的権利への取り組み: オリバー・ヴァーヘリイによるビジョン

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

「EU拡大の将来:司法と基本的権利」に関する会議での重要な演説の中で、オリバー・ヴァーヘリ氏は次のように述べた。 強調されました 欧州連合はその拡大政策に断固として取り組み、大陸の長期的な平和、安定、安全に対する地政学的投資としての役割を強調している。

「EU拡大プロセスの枠組みにおける司法権と基本的権利の尊重と保護に焦点を当てた今日の会議で演説できることをうれしく思います」とヴァーヘリイ氏は述べ、マレニツァ大臣とクロアチア司法行政省の極めて重要な取り組みに感謝の意を表した。イベントを主催する役割。

この会議は、国連による歴史的決定を受けて、極めて重要な時期に到来する。 欧州理事会 ヴァーヘリイ氏は、これが「連合を完成させるという歴史の呼びかけ」への応答であると考えている。同氏はクロアチアのEU加盟に向けた歩みからインスピレーションを得て、特に司法権と基本的権利を扱う第2023章と第23章の交渉における同国の経験を、EU加盟を目指す他の国々への道しるべとして強調した。

ヴァーヘリ氏は、法の支配章の推進を通じた民主的発展の重要性を強調し、「法の支配章の目的を前進させることは、民主主義の発展にとって不可欠である。すなわち、基本的権利を効果的に保護する独立した責任ある司法を確保することである。」

長官は、すべての拡大諸国における改革努力に対する委員会からの継続的な支援を再確認し、プロセスが引き続き成果主義であることを強調した。 「2020年に採用した新しい拡大手法は有効です。ファンダメンタルズは加盟プロセスの中心であり、交渉のペースはパートナー国の改革の進捗に依存する」と同氏は詳しく述べた。

ヴァーヘリイ氏はまた、法の支配と経済発展との重要なつながりについて触れ、「独立した司法制度がうまく機能していることが国際投資を呼び込み、経済成長を促進する」と指摘した。同氏は、経済運営者が自信を持って投資できるよう、予測可能性と汚職のない環境の必要性を強調した。

終わりの挨拶の中で、ヴァーヘリイ氏は、表現の自由から少数派に属する人々の権利に至るまで、基本的権利を保護し促進することが最も重要であると強調した。 「これらの目標に向けたあらゆる建設的な行動は、私たちを安定した平和なヨーロッパに近づける」と同氏は断言した。

ヴァーヘリ首相の演説が示唆するように、この会議は単にEU拡大の技術的側面について議論するだけでなく、拡大と強化を目指す中で民主主義、法の支配、基本的人権の原則を守るというEUの献身的な姿勢を再確認するものである。連合。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-