9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
アジアEU、アレクセイ・ナワリヌイ氏の死への怒りを表明し調査を求める

EU、アレクセイ・ナワリヌイ氏の死への怒りを表明し調査を求める

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ステートメント この事件が国際社会に波紋を広げている中、欧州連合はロシアの著名な反政府勢力アレクセイ・ナワリヌイ氏の死に対して深い憤りを表明した。 EUはロシアのウラジーミル・プーチン大統領と同国当局に「最終的な責任」があるとみなしている。 海軍の訃報。

「欧州連合はロシアの野党政治家アレクセイ・ナワリヌイ氏の死に激怒しており、最終的な責任はプーチン大統領とロシア当局にある」とEUを代表して上級代表は述べた。この声明は外務理事会での会合後に発表され、ナワリヌイ氏の妻ユリア・ナワリナヤ氏とその子供たち、家族、友人、そしてロシアの改善のために彼に協力したすべての人々に深い哀悼の意が表された。

EUはロシアに対し、「彼の突然死の状況に関する独立した透明性のある国際調査」を許可するよう要求した。ロシアはパートナー国と緊密に連携してロシアの政治指導部の責任を問うと表明し、パートナー国の行動の結果としてさらなる制裁を課すことを示唆した。

ナワリヌイ氏の死は世界的な悲しみの噴出を引き起こし、世界中で追悼の意が表れている。しかし、ロシアでは当局がこれらの記念碑の閉鎖を試み、その過程で数百人を拘束した。 EUは彼らの即時釈放を求めた。

化学兵器禁止条約で禁止されている神経剤「ノビチョク」による暗殺未遂を生き延びたナワリヌイ氏のロシア帰国は、同氏が計り知れない勇気の持ち主であることを示した。ナワリヌイ氏は政治的動機に基づく告発を受け、シベリアの流刑地で隔離されたにもかかわらず、家族との面会が厳しく制限され、弁護士から嫌がらせを受けながらも仕事を続けた。

EUはナワリヌイ氏の毒殺と同氏に対する政治的動機に基づく判決を一貫して非難し、即時無条件釈放を要求するとともに、ロシアに対し同氏の安全と健康を確保するよう求めている。

声明は「ナワリヌイ氏は生涯を通じて、信じられないほどの勇気、祖国と同胞への献身、ロシア全土での汚職撲滅活動への決意を示した」と強調した。これは、特にロシアによるウクライナに対する違法な侵略戦争と3月に迫ったロシア大統領選挙のさなか、ナワリヌイ氏がプーチン大統領とその政権に与えた恐怖を浮き彫りにした。

ナワリヌイ氏の死は「ロシアにおける組織的弾圧の加速」の「衝撃的な」証拠とみられている。 EUは、ユーリ・ドミトリエフ、ウラジミール・カラ=ムルザ、イリヤ・ヤシン、アレクセイ・ゴリノフ、リリア・チャニシェワ、クセニア・ファデーエワ、アレクサンドラ・スコチレンコ、イワン・サフロノフを含むロシアのすべての政治犯の即時無条件釈放を改めて要求した。

この声明はEUとロシアの関係における重要な瞬間を示しており、人権侵害に対するEUの立場と、責任があるとみなされる人々に対して行動を起こす用意があることを反映している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-