5.5 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
ニュースEU緑の党ニコラエ・シュテファヌシュハの公害闘争でのほろ苦い勝利

EU緑の党ニコラエ・シュテファヌシュハの公害闘争でのほろ苦い勝利

EU、WHOの基準を下回っているとの批判の中、大気汚染規制の厳格化で協定を締結

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

EU、WHOの基準を下回っているとの批判の中、大気汚染規制の厳格化で協定を締結

画期的な動きとして、欧州連合は大気汚染という差し迫った問題への対処に向けて重要な一歩を踏み出しました。今晩遅く、新しい政策について議会と評議会の間で合意に達した。 大気質指令は、2.5年までにEU全域で汚染制限を現在の目標の最大2030倍まで大幅に削減することを目指している。野心的な取り組みにもかかわらず、より厳格な勧告と完全に一致していないため、この協定にはさまざまな反応が見られる。世界保健機関 (WHO) によって提供されます。

このファイルの緑の党/EFAグループの影の報告者を務めるニコラエ・シュテファヌシュハ氏は、次のように述べた。 合意に対するほろ苦い感情。 「この協定は、2030年までにヨーロッパの大気汚染を削減するための一歩です」とシュテファヌシュ氏は述べ、進歩を認めた。同氏は、大気汚染の影響を受ける個人に対する画期的な権利など、この指令によってもたらされた重要な進歩を強調した。 「私たちの努力のおかげで、この指令は、当局が新しい汚染制限を遵守しない場合に、がんになった人々が補償を請求する権利を導入することになります。それには、国民が不遵守の当局を法廷に持ち込む権利も含まれている」と彼は詳しく説明した。

こうした成果にもかかわらず、シュテファヌシュ氏は合意の欠点について懸念を表明した。 「しかし、ミラノのような場所で私たちが現在目撃している種類の汚染に対して、より大胆な措置を講じない限り、ヨーロッパは安心することはできないでしょう。この協定は、大気質に関する世界保健機関の勧告を満たす方向で指令を軌道に乗せる機会を逃したことになる」と同氏は嘆いた。同議員は、環境保護の取り組みを損なうと考えている現在の政治情勢を批判することを躊躇しなかった。 「ヨーロッパでは毎年、何十万人もの人々が大気汚染により早死にしているのは恥ずべきことです。グリーンディールと環境保護対策に対する現在の反動的攻撃は、汚染を把握する取り組みを台無しにしています。」

新しい指令は、EU 内における大気質管理の新時代の到来を約束します。この法律は、2050 年までに汚染ゼロを達成するという最終目標に向けて、有害な粒子に対するより厳しい制限を定めています。さらに、国民、特に汚染のひどい地域に住む人々に前例のない権利を与えます。大気質基準に関する公的機関の不作為に起因する健康被害に対して、個人が初めて正義を求め、賠償を請求できるようになります。

EU がよりきれいな大気を目指すこの野心的な旅に乗り出す中、新しい大気質指令に対するさまざまな反応が、今後の課題を浮き彫りにしています。この合意は重要な前進を示すものであるが、世界の健康基準に沿ったより強力な行動を求める声は依然としてかつてないほど高まっている。 2050年までに汚染ゼロを達成するまでの道のりは障害に満ちているが、この指令の規定は大気汚染の影響を受ける人々に一縷の希望をもたらし、すべての欧州国民にとってより健康な未来を提唱している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-