13.3 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
ヨーロッパグリーンウォッシング: EU 企業が自社のグリーン主張を検証する方法

グリーンウォッシング: EU 企業が自社のグリーン主張を検証する方法

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

製品のグリーンウォッシングに関する EU の禁止に企業が準拠するための新しい規則。内部市場および環境委員会は水曜日、企業が自社の環境マーケティングの主張を検証する方法に関する規則に関する立場を採択した。

いわゆるグリーンクレーム指令は、 すでに承認されたEUによるグリーンウォッシングの禁止。これは、企業が将来、環境マーケティングの主張を正当化するためにどのような情報を提供しなければならないかを定義します。また、証拠の確認と申し立ての承認のための枠組みと期限を定め、法律に違反した企業に何が起こるかを規定している。

認証制度と罰則

欧州議会議員らは、企業が将来の環境マーケティングに関する主張を使用する前に承認を得るために提出する必要があると欧州委員会に同意した。採択された文書によると、主張は認定検証者によって30日以内に評価される予定だという。規則に違反した企業は調達から除外され、収益を失い、少なくとも年間売上高の 4% の罰金が科される可能性があります。

欧州委員会は、より迅速または簡単な検証によって恩恵を受ける可能性のある、それほど複雑ではないクレームと商品のリストを作成する必要がある、と欧州議会議員らは述べている。また、有害物質を含む製品に関するグリーンクレームを引き続き可能とするかどうかも決定する必要がある。欧州議会議員らはまた、小規模企業は新たな義務から除外されるべきであり、中小企業は規則の適用までに1年間の猶予を得るべきであることに同意した。

カーボン・オフセットと比較主張

議員らは最近のことを確認した EU いわゆるカーボンオフセット制度のみに基づくグリーンクレームの禁止。彼らは現在、企業が既に排出量を可能な限り削減しており、これらの制度を残留排出量にのみ使用している場合には、引き続き相殺制度に言及できると規定している。制度の炭素クレジットは、以下に基づいて確立されているように認証される必要があります。 二酸化炭素除去認証の枠組み.

2 つの製品が同じ生産者によって製造されているかどうかを含め、比較表示 (つまり 2 つの異なる商品を比較する広告) にも特別ルールが適用されます。他の規定の中でも、企業は製品の関連する側面を比較するために同じ方法を使用したことを実証する必要があります。また、製品が改善されたという主張は、5 年以上前のデータに基づいて行うことはできません。

見積もり

議会の報告者 アンドラスAnsip 内部市場委員会の (Renew、EE) は次のように述べました。「企業の環境に関する主張の 50% は誤解を招くものであることが研究で示されています。消費者と起業家は、透明性、法的明確さ、平等な競争条件を享受する権利があります。トレーダーは喜んで対価を支払いますが、そこから得るもの以上のものはありません。委員会が提案した解決策がバランスが取れており、消費者により明確さをもたらし、同時に多くの場合、委員会が当初提案した解決策よりも企業の負担が少ないことを嬉しく思います。」

議会の報告者 サイラスエンゲラー 環境委員会の(S&D、MT)は次のように述べた。この文書に関する私たちの合意は、あまりにも長い間消費者を騙してきた、欺瞞的なグリーン主張の蔓延に終止符を打つものです。また、企業が真の持続可能性実践を実践するための適切なツールを確実に手に入れることができます。欧州の消費者は環境と持続可能な選択をしたいと考えており、製品やサービスを提供するすべての企業は、グリーン主張が科学的に検証されていることを保証する必要があります。」

次のステップ

報告書草案は賛成85票、反対2票、棄権14票で採択された。今後、今後の本会議で採決にかけられ、第一読会(おそらく85月)で議会の立場が決定されることになる。このファイルは、2月14~6日の欧州選挙後に新議会によってフォローアップされる予定だ。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-