14.7 C
ブリュッセル
火曜日、5月28、2024
ニュースURIの異宗教活動家の国際代表団が英国を訪問

URIの異宗教活動家の国際代表団が英国を訪問

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

ワーウィック・ホーキンス著

3月初旬、世界最大の宗教間団体である統一宗教イニシアチブ(URI)の代表団が、英国の関連団体である統一宗教イニシアチブUKの招待でイギリスのミッドランドとロンドンを訪問した。

代表団には、アメリカの社会起業家、弁護士、元ホワイトハウス上級政策顧問で現在は世界議長を務めるプリータ・バンサル氏が含まれていた。 URI、そしてその事務局長ジェリー・ホワイトは、地雷禁止の功績により1997年のノーベル平和賞を共同受賞した運動家で人道活動家である。

URIの無宗教活動家国際代表団が英国を訪問
ヨーロッパ最大のヒンズー教礼拝所の一つであるシュリ・ヴェンカテスワラ(バラジ)寺院の外にいる代表団と会議参加者

URI は、1998 年に元聖公会司教ウィリアム・スウィングによってカリフォルニアで設立された国連関連組織です。th 国連憲章署名記念日。彼の目的は、宗教分野における国連の目的を反映し、さまざまな信仰グループを対話、親睦、生産的な取り組みにおいて団結させることでした。

URI は現在、1,150 か国に 110 以上の草の根グループ (「協力サークル」) を擁し、XNUMX つの世界地域に分かれています。これらは、若者と女性のエンパワーメント、環境保護、自由の促進などの分野に取り組んでいます。 宗教 社会問題に対処するための多宗教協力の促進。 URI の最も活発な世界地域の 25 つは URI ヨーロッパで、XNUMX か国に XNUMX 以上の協力サークルがあります。ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、ドイツ、オランダ、スペインからURIヨーロッパ理事会および事務局のメンバーがXNUMX名の代表団に加わりました。

URI英国 は登録された慈善団体であり、URI Europe ネットワークの一部です。この団体は、英国における URI の世界的な目標を追求しています。それは、多様な宗教コミュニティ間の協力の橋を築き、理解と協力を促進し、宗教に動機のある暴力を終わらせるのを支援し、平和、正義、癒しの文化を創造することです。数年間の休止期間を経て2021年に再設立され、現在は英国を拠点とするXNUMXつの協力サークルを結びつけている。その活動には、宗教と信仰の自由に関する青少年会議や、チャールズ XNUMX 世の戴冠式を祝う多宗教の祝賀会などが含まれます。

サンタイトル1 URIの異宗教活動家国際代表団が英国を訪問
国王の戴冠式のための多宗教植樹

URI UK は、礼拝所、青少年グループ、地域活動家など、その価値観を共有するすべての人たちと協力し、あらゆる背景、あらゆる信仰を持つ人、あるいはまったく持たない人を歓迎します。同団体は、信仰の異なる人々の間の良好な関係が世界的および地域的に大きな課題に直面している現在、その活動をこれまで以上に重要なものとみなしている。管理委員長のディーパック・ナイク氏は、「中東やその他の地域での出来事は、ここ英国の信仰団体間の良好な関係にとって大きな課題となっている。それに加えて、私たちは、25年以上にわたって対話を支援する上で目覚ましい活動を行ってきた英国の信仰間ネットワークが悲劇的に閉鎖されたことを知りました。英国における宗教間の活動を強化し、新たな参加者を呼び込むことが極めて重要です。」

ミッドランドとロンドンでの宗教間活動の活性化を支援するために国際的な視点をもたらすことは、130月の訪問プログラムの目的のXNUMXつであった。また、約 XNUMX の異宗教団体が地方、地域、国家レベルで活動している英国における異宗教の実践と問題について代表団に紹介することも目的としていました。プリータ・バンサル氏は、「英国は宗教間の対話に関して常に良い評判を持っており、同僚も私ももっと学びたいと思っていました。また、私たちの経験がここの活動家たちに新たな視点を提供し、新たなプロジェクトやアプローチが生まれることを願っています。」

英国ウェスト・ミッドランズのコールズヒルを拠点とした代表団は、バーミンガムのハンズワース、ブラック・カントリーのオールドベリー、レスターのゴールデン・マイル、コベントリーのスワンズウェル・パーク、そしてバーネットのロンドン自治区の5つの多様な市内地区を4日間かけて訪問した。プログラムには、礼拝所への訪問(礼拝行為の観察を含む)、巡回展示、共同の食事、5つの開催会場での会議が含まれていました。

サンタイトル2 URIの異宗教活動家国際代表団が英国を訪問
代表団は、第二次世界大戦で破壊された後の平和と和解の国際センターであるコベントリー大聖堂を訪問しました。

会議では、宗教に動機のある暴力の防止など、いくつかの難しいテーマが取り上げられました。宗教間の理解が直面する脅威を探求する。宗教間の活動のもろさ。社会問題に対処するための永続的な宗教間の協力を日々促進すること。著名な異宗教活動家、さまざまな宗教の聖職者、国会議員、警察・犯罪委員、学者、地方議員からの寄稿、テーブルディスカッション、そして食事を共にすることが特徴でした。聴衆は、宗教間の対話に初めて参加する人だけでなく、経験豊富な実践者からも集まりました。 URI UKは、今回の訪問をきっかけに、より多くの英国の宗教間イニシアチブがURI協力サークルになることを選択し、世界中のリソースや連絡先へのアクセスを可能にすることを望んでいます。

サンタイトル3 URIの異宗教活動家国際代表団が英国を訪問
バーミンガムのニシュカム・センターでの会議参加者たち

このプログラムは、英国の異宗教活動家に暴力防止に対する公衆衛生のアプローチを紹介することも目的としていました。これは、暴力行為のパターンを隔離し破壊するための新しいモデルであり、2000 年以降、広く学術的な支持を得て、米国の犯罪防止政策立案者の間で支持を得ています。このモデルでは、暴力性向は特定の個人の先天的な状態ではないと考えられています。しかし、それは身体疾患に似た病理学的行動としてです。病気の伝染病が発生を封じ込めて阻止することで効果的に対処できるのと同じように、暴力犯罪、家庭内暴力、人種差別的暴力、宗教に動機づけられた暴力など、暴力を封じ込め、逸らし、阻止し、蔓延を阻止するための強力な技術が存在します。 。

2021月の会議では、特に宗教に動機付けられた暴力に関するアプローチに対する英国の反応が試された。参加者は、URI UKに対し、最初は選択された都市の場所でパイロット計画を実施することを通じて、英国の都市環境でそれを推進することを強く奨励した。ディーパック・ナイク氏は、「公衆衛生のアプローチは、主要なセンターやキャンパスでの親パレスチナ抗議活動中の反ユダヤ主義的事件であれ、ヒンズー教イスラム教徒の暴力であれ、英国における宗教に動機のある暴力への対処に明らかに適用できると信じている」と語った。以前はよく統合されていたレスター市でXNUMX年に起きた暴動だ。」

URIの無宗教活動家国際代表団が英国を訪問
ジェリー・ホワイト氏は、暴力を防止するための公衆衛生のアプローチについて説明しました

URI UKは、この訪問プログラムがその目的を十分に達成したと信じています。国際代表団からのフィードバックは非常に肯定的でした。フランス系ベルギー人の活動家で、URIグローバルカウンシルの欧州評議員を務めるエリック・ルー氏は次のように述べた。今回の英国訪問は本当に刺激的でした。私たちが出会った人々、その多様性、より良い社会、より包括的で平和に協力することへの献身は、英国が活気に満ちた効果的な宗教間のネットワークを持ちたいという大きな意欲があることを私たちに示してくれました。そして正直に言うと、これらの人々は、信仰の有無を問わず、英国で素晴らしい仕事をしています。世界のどの国でもそうであるように、それはもちろん必要です。それがまさに URI の本質であり、草の根の取り組みと取り組みです。そして私たちは、草の根/国際的なつながりが影響力を高めるのに役立つことを願って、英国で出会った人々にそのような取り組みの国際ネットワークを提供するために自分たちの役割を果たそうと非常に熱心に思っています。”。ドイツ出身の URI ヨーロッパコーディネーター、カリマ・シュタウフ氏は次のように付け加えました。私たちは、宗教間関係者がイスラム恐怖症、反ユダヤ主義、そしてあらゆる形態の集団ベースの偏見と憎しみとの戦いに独自の貢献をしていると確信しています。私たちはURI UKと英国のすべての異宗教関係者の素晴らしい仕事を称賛し、協力を申し出ます。

IMG 7313 URIの宗教間活動家の国際代表団が英国を訪問
レスター会議、URI UK議長のディーパック・ナイク氏が中央にひざまずく

ワーウィック・ホーキンス: ウォリックはキャリア公務員として 18 年間にわたり、宗教との関わりに関連した問題について歴代の英国政府に助言サービスを提供しました。この間、彼は宗教間の対話を促進し、社会活動を促進することを目的としたさまざまな取り組みを構想し、実行しました。彼の責任には、地域社会の権利の取り組みを通じて地域社会に力を与えることや、第一次世界大戦 2016 周年、ミレニアム、エリザベス 2014 世の黄金聖年などの重要な行事における多宗教の記念式典を組織することが含まれていました。ワーウィック氏の最近の役職は、コミュニティ・地方自治体省の統合・信仰部門内の信仰コミュニティ関与チームのリーダーでした。彼は XNUMX 年に公務員から転身し、自身のコンサルタント会社 Faith in Society を設立しました。この会社は、擁護活動、戦略計画、資金調達支援を通じて、市民社会への取り組みにおける信仰団体の支援に特化した社会的企業です。宗教間対話への貢献が認められ、ウォリック氏は XNUMX 年新年の栄誉者リストで MBE を受賞しました。それ以来、彼は民間コンサルタントや管財人の役割など、さまざまな立場で宗教間のプロジェクトに積極的に関わり続けています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-