17.8 C
ブリュッセル
6月(土曜日)22、2024
環境ギリシャの新たな観光客「気候税」が既存の料金に代わる

ギリシャの新たな観光客「気候税」が既存の料金に代わる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

これはギリシャの観光大臣オルガ・ケファロヤニが述べた。

観光業における気候危機の影響を克服するための税は、ギリシャで年初から施行されており、以前から存在していた観光税に代わるものである。

これは、ブルガリアの出版物についてコメントを求められたギリシャ観光大臣オルガ・ケファロヤニがBTAとのインタビューで、新税によりギリシャでの休暇の料金が値上がりすると説明した。

ケファロヤニ氏は、これは手数料の問題であり、より人気のあるカテゴリーのホテルの部屋、賃貸の部屋、および短期賃貸物件の場合、1.50日あたりXNUMXユーロになると伝えた。

その規模は最大10ユーロに達することもありますが、これは高級宿泊施設、つまりXNUMXつ星ホテルや民家に当てはまります。冬季は料金がXNUMX倍以上になります。

ギリシャ大臣は、この措置の目的は観光客が気候危機から観光地を守り、その全般的な発展に参加することであると述べた。

同氏は、昨年ギリシャの一部地域で起きた壊滅的な火災と洪水を受けて、人口と経済、特に観光セクターを支援するためにギリシャ政府がとった措置を強調した。ケファロヤニ氏は、ギリシャの観光業は回復力を見せており、困難にもかかわらず、2023年には観光客数と収入の両方で記録的な成果を記録したと述べた。ギリシャ観光大臣は、災害が観光業に及ぼした影響の大部分は克服されており、ギリシャ中の観光地は今年も観光客を迎える準備ができていると保証した。

ケファロヤニ氏はまた、特に2024月に観光大臣との間で署名された2026年からXNUMX年の観光分野における共同行動プログラムとの関連で、ギリシャとブルガリアの観光セクター間の協力発展の見通しにも焦点を当てた。ブルガリア出身、ザリツァ・ディンコバ。

ギリシャ大臣は、遠方からの観光客誘致における交流の可能性を強調した。同プログラム内で計画されている活動の中で、同氏はデジタル化、イノベーション、持続可能な開発の分野におけるノウハウと優良事例の交換を指摘した。このプログラムでは、両国の観光展示会への参加、主に非EU諸国を対象とした共通の観光パッケージの作成における交流、投資や人材の資格確保における協力、国際機関の枠組み内での共同行動も提供されている。

ケファロヤニ大臣はまた、現時点で決定されている空と海の国境だけでなく、陸の国境についても、ブルガリアとルーマニアのシェンゲン圏への将来の加盟が観光分野にもたらす利点を強調した。同氏は、これにより、これら2か国からギリシャへの観光客の流れが増加するだけでなく、非EU訪問者の地域全体への関心も高まるだろうと述べた。彼らは、1 つのシェンゲン ビザで 1 つの領域内の多くの国を訪問できる統一ビザ政策の恩恵を受けることになり、国境を越える際の簡素化された手続きからも恩恵を受けることになります。ギリシャのオルガ・ケファロヤニ観光大臣は、これにより、ギリシャ、ブルガリア、ルーマニアの観光業の共通マーケティングキャンペーンが促進され、3カ国すべてを含む旅行への関心が高まり、観光客の長期滞在とリピート訪問が促進されると述べた。

Pixabay による説明写真: https://www.pexels.com/photo/low-angle-photograph-of-the-parthenon-during-daytime-164336/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-