22.7 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
宗教キリスト教クリスチャンの特徴は何ですか?

クリスチャンの特徴は何ですか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

聖ワシリイ大王著

道徳規則 80

章22

クリスチャンの特徴は何ですか?愛によって働く信仰(ガラテヤ 5:6)。

信仰には何が備わっているのでしょうか?神の霊感による言葉の真実に対する偏りのない自信。それは自然な必然性から生じる考えや見かけの敬虔さによっても揺るがされません。

信者の特徴は何ですか?あえて何かを削除したり追加したりせず、言われたことの力を通じてこの自信の中で生きます。なぜなら、使徒が言ったように、「信仰から出ないものはすべて罪である」(ロマ 14:23)、「信仰は聞くことから始まり、聞くことは神の言葉から来る」(ロマ 10:17)からです。その場合、霊感による聖書以外のもの、つまり信仰によるもの以外のものはすべて罪となります。

神の愛の特徴は何ですか?神の栄光を求めながら神の戒めを守ります。

隣人への愛の特徴は何ですか?自分自身のものを求めるのではなく、愛する人にとって霊的にも肉体的にも有益なものを求めるのです。

クリスチャンの特徴は何ですか?水と御霊のバプテスマを通して生まれ変わります。

生まれる水の特徴は何ですか?それは、キリストが罪のために一度だけ死なれたのと同じように、次のように書かれているように、死んであらゆる罪を犯さないようにするためです。それで私たちは、死へのバプテスマによって彼とともに葬られました。私たちの老人が彼とともに十字架につけられたことを知っていました。それは、私たちがもはや罪の奴隷にならないように、罪深い体が滅ぼされるためでした。」(ローマ 6:3-) 4a、6)。

御霊から生まれることの特徴は何ですか?与えられた尺度に従って、その人が何から生まれたのか、「肉から生まれたものは肉であり、御霊から生まれるものは霊である」(ヨハネ3:6)と書かれていることに従って、なる。

上記の生まれの特徴は何ですか?次のように言われているように、自分の行為や願望を持った古い人を脱ぎ捨て、創造主に似せて知識を新たにした新しい人を着るということです(コロサイ3・9-10参照)。キリストへとバプテスマを受けた者は皆、あなたによってキリストを着たのです」(ガラテヤ 3:27)。

クリスチャンの特徴は何ですか?キリストの血によってすべての肉的および霊的汚れから清められ、神への畏れとキリストへの愛をもって聖なる業を行い(2コリント7:1参照)、汚れや悪徳、そのようなものを一切持たず、しかし、聖であり、罪のない者であるため(エペソ5:27)、そのようにしてキリストの体を食べ、その血を飲むことは、「ふさわしくないものを食べたり飲んだりする者は、自分の罪に定められたものを飲み食いすることになるからです」(1コリント11:29)。

パンを食べ、主の杯を飲む人の特徴は何ですか?私たちのために死んでよみがえられた方の記憶を絶えず保存すること。

この記憶を保持している人の特徴は何ですか?それは、彼らが自分自身のためではなく、彼らのために死んでよみがえられた方のために生きるためです(2コリント5:15)。

クリスチャンの特徴は何ですか?福音による主の教えの尺度に従って、義のすべてにおいて律法学者やパリサイ人を上回ること(マタイ 5:20)。

クリスチャンの特徴は何ですか?キリストが私たちを愛されたように、互いに愛し合いましょう(エペソ5:2)。

クリスチャンの特徴は何ですか?常に主を御前に見ることです(詩 15:8)。

クリスチャンの特徴は何ですか?毎日、毎時間起きていて、主が予期しない時に来られることを知って、神を喜ばせるために常に最大限の準備を整えておくことです(ルカ12:40参照)。

注: 道徳的規則 (Regulae Mores; Ἀρχή τῶν ἠθικῶν) は聖ワシリイ大帝の著作であり、その中で彼はポントス地方の修験者たちに与えられた約束、つまり禁止事項と禁止事項を 1 か所に集めるという約束を全力で履行しています。新約聖書のあちこちに、神の戒めに従って生きる者に対する義務が散りばめられています。これらは霊的な指示であり、新約聖書のテキストへの便利な参考書にある程度似ています。これらには 80 のルールが含まれており、各ルールは異なる数の章に分かれています。

最後の規則 80 には、福音の宣べ伝えを任されたクリスチャンだけでなく、クリスチャンがどうあるべきかについて一般的に扱う XNUMX 章が含まれています。

この規則は第 22 章で終了しますが、他の規則とは異なります。おそらく、これは道徳規則全体のエピローグとして見られるべきでしょう。もちろん、この本でも聖人は自分自身に忠実であり、聖書本文への引用やほのめかしで埋め尽くされていますが、同時に、それを読んでいると、それぞれの答えが次のようなものにつながる、常に高揚している感覚が残ります。次の質問です。

出典: Patrologia Graeca 31、868C-869C.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-