12.8 C
ブリュッセル
月曜日、月27、2024
国際的オープニングを見る予定だった観光客にとってパリは悪い知らせだった...

オリンピック開幕を無料で観戦する予定だった観光客にパリ、悪い知らせ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

AP通信が引用したように、フランス政府は、当初の約束通り、観光客はパリオリンピック開会式を無料で観覧することはできないと発表した。

セーヌ川沿いの屋外イベントの安全上の懸念が理由だ。

主催者は26月600,000日に約XNUMX万人が参加し、そのほとんどが川岸から無料で観戦できる盛大な開会式を計画していたが、安全と物流上の懸念から政府はその野心を縮小した。

先月、イベントに参加できる観客の総数は約300,000万人に削減された。現在、ジェラルド・ダルマネン内務大臣は、そのうち104,000万222,000人がセーヌ川北岸の座席付きチケットを購入する必要がある一方、XNUMX万XNUMX人は南岸から無料で観戦できると述べた。

ただし、無料チケットは一般公開されなくなり、代わりに招待券が発行されると同氏は述べた。

「多数の人々の移動を管理するために、全員を招待することはできません」とダルマネン氏は述べた。

内務省当局者2人は、この決定により、観光客は以前発表されていた無料入場に登録できなくなることを意味すると述べた。代わりに、式典へのアクセスは、オリンピックイベントが開催される都市の選ばれた住民、地元のスポーツ連盟、および主催者またはそのパートナーによって選ばれたその他の個人の割り当てによって決定されます。

例えば、地方の市議会は「職員、地元のサッカークラブの子供たち、その保護者」を招待できるとダルマネン氏は語った。その後、招待者はセキュリティチェックを受け、セキュリティバリアを通過するための QR コードを受け取る必要があります。

Luke Webb によるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/panoramic-view-of-city-of-paris-2738173/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-