14.7 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
宗教キリスト教ブドウ園と邪悪なブドウ栽培者のたとえ話

ブドウ園と邪悪なブドウ栽培者のたとえ話

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

教授より。 AP ロプキン

第20章 1-26キリストの権威の問題。 27-38。サドカイ派の質問。 39-47。キリストと書記たち。

ルカ 20:1。ある日、イエスが神殿で人々を教え、良いたよりを宣べ伝えていたとき、大祭司と律法学者たちは長老たちと一緒に立っていました。

この部分は、ルカがここで明らかに従っている伝道者マルコの記述 (マルコ 11:27-33) およびマタイの福音書 (マタイ 21:23-27 の解釈を参照) と完全に一致しています。

一方、寺院から商人が新たに追放されたというニュースはサンヘドリンに伝わり、信者たちは当惑から少し立ち直った後、寺院にやって来て、説教者に次のような質問に対する答えを要求した。これをして?そして誰があなたにこの力を与えたのですか!これらの質問は明らかに彼をそのような発言に誘導することを意図しており、以前にもあったように、彼を冒涜で告発し、石打ちで殺害する根拠を与えることになる。しかし、この裏切りは彼ら自身の頭に落ちました(ルカ20章、ヨハネの洗礼の問題を参照)。

ルカ 20:2。そこで彼らはイエスに言った、「あなたはどのような権威によってこれらのことをしているのか、あるいは誰があなたにこの権威を与えたのか教えてください。」

ルカ 20:3。彼は彼らに答えて言った、「私もあなたに一言聞いて、教えてください。」

彼らの邪悪な考えを予期して、キリストは神の知恵によって、彼ら自身が最初に彼の質問に答える場合にのみ彼らに答えるだろうと彼らに言いました。この質問にはすぐに質問者たちは混乱し、沈黙が生じた。彼らは質問の意味と目的を完全に理解していました。

ルカ 20:4。ヨハネのバプテスマは天からのものでしょうか、それとも人からのものでしょうか?

ルカ 20:5。そこで彼らは、心の中で考えて言った、「もし私たちが天から言ったら、彼は言うだろう、なぜあなたは彼を信じなかったのですか?」

ルカ 20:6。もし私たちが人間のうちに言えば、国民全員が私たちを石打ちにするだろう、なぜなら彼らはヨハネが預言者であると信じているからである。

「民は皆、私たちを石打ちにするだろう」 – ユダヤ人の間ではよくある処刑(出エジプト記 17:4 参照)。

ルカ 20:7。すると彼らは答えた、「彼がどこから来たのかは分かりません」。

ブラズ。アウグスティヌスは次のように述べています。人の心に突然闇が現れたとき、それを追い出すのではなく、光を取り込んだほうが良いのではないだろうか?そして彼らが「私たちには分かりません」と言うと、主は答えられました。あなたがたが心の中で『私たちは知りません』(ルカ20:8)と言っているのは、知りたいからではなく、真実を告白するのが怖いからだと私は知っています。」

ルカ 20:8。イエスは彼らに言われた、「しかし、私がどのような権威によってこれを行うのかはあなたたちには言いません。」

ルカ 20:9。そして彼は人々に次のたとえ話を始めました。 ある人がブドウ畑を植え、ブドウ栽培者にそれを与え、長い間去っていきました。

伝道者ルカのぶどう畑のたとえ話は、福音書記者マルコの中で示されている方法と似ています(マルコ 12:1-12; マタイ 21:33-46 の解釈を参照)。

「そして彼は人々に語り始めました。」マルコによると、主はこのたとえを民ではなく、大祭司、律法学者、長老たちに語られた(マルコ12:1:「彼らに」、マルコ11:27参照)。しかし、伝道者ルカはおそらく、律法学者や長老たちとともに大祭司たちも「民」と理解しているのでしょう。少なくとも彼の福音書からは、このたとえ話が語られたとき、これらの人々もその場にいたことは明らかです(19 節参照)。

ルカ 20:10。そしてやがて、彼はブドウ園の果実を彼に与えるために、ブドウ園の主人たちに召使を送りました。しかし、ブドウ栽培者たちは彼を刺し、空っぽにして彼を追い返しました。

しかし、彼が自分のブドウ畑にあらゆる努力をしたにもかかわらず、ブドウ畑には何も実がならず、おそらく野生の実だけが実ったのでしょう。ブドウ栽培者たちは実を結ぶことができず、自らの責任である非生産性をあえて明らかにしなかったため、ブドウ園の主人が派遣した使者を次々に侮辱し、殴り、負傷させ、殺害した。最後に彼は息子を送りましたが、彼らはその息子を認識し、認識せざるを得なかったため、彼らも殴り、追い出し、殺しました。

ルカ 20:11。彼はまた別のしもべを送りました。しかし、彼らは彼を殴り、屈辱を与えたので、空っぽで彼を追い返しました。

彼はさまざまな「しもべ」、つまり少なくとも多少の利益があるかもしれないという預言者を送ります。なぜなら、イエスはすべての果実ではなく、「果実」を受け取ることを望んでいたと言われているからです。神にとって私たちの実りは神の知識のほかに何でしょうか?そしてそれが私たちの利益です。しかし、神は私たちの救いと利益をご自身のものとされます。悪の働き手たちは、派遣された人々に不当な扱いをし、殴打し、何も持たずに送り返しました。つまり、非常に恩知らずになり、善から背を向けて善の実を結ばなかっただけでなく、より大きな刑罰に値する悪を犯したのです。 (祝福されたテオフィラクト)

ルカ 20:12。 XNUMX 番目も送信します。しかし彼らはまた彼を傷つけ、追い払った。

ルカ 20:13。そこでぶどう園の主人は言いました、「どうしたらいいでしょうか?」私は愛する息子を送ります。おそらく彼らは彼を見ると恥じ入るだろう。

ルカ 20:14。しかし、農場主たちは彼を見ると、「これが相続人だ。彼は相続人だ」と言い合った。彼を殺して、彼の遺産を我々のものにしようではないか。

ルカ 20:15。そして、彼らは彼をぶどう園から連れ出すと、彼を殺しました。それでは、ぶどう園の主人は彼らに何をするでしょうか?

「彼らは彼を殺した」。彼らは御子を「ぶどう園から連れ出して」「殺し」ました。 「エルサレムから」と言うのは都合がよい。なぜなら、キリストは「門の外」で苦しみを受けたからである(ヘブル13:12)。しかし、私たちはエルサレムではなくブドウ畑を基準にして人々を理解しているので、人々はイエスを殺したとはいえ、ブドウ畑の外にいた、つまり意図的にイエスを死刑にしたのではなく、ピラトとピラトに引き渡してイエスを殺害したと言うのは、ほとんど近いことではありません。異邦人。したがって、主はぶどう園の外で、つまり民の手によってではなく苦しみを受けました。民には人を殺すことが許されていなかったため、兵士たちの手によって死なれたのです。ぶどうの木によって聖書を理解した人もいます。それは、主が聖書の外で苦しみを受け、モーセを信じない者たちによって殺されたということです。もし彼らがモーセを信じて聖書を調べていたら、聖書の主を殺すことはなかっただろうからです。 (祝福されたテオフィラクト)

ルカ 20:16。彼は来て、これらのブドウ栽培者を滅ぼし、ブドウ畑を他の人に与えるでしょう。すると人々は、これを聞いて言った、「そうではないだろう!」

「これを聞いたとき、彼らは『そんなことはないかもしれない』と言った。」明らかに、これらは主がたとえ話の中で主に対するユダヤ人の態度を描写していることに気づいた一般庶民の人々でした。彼らは、ブドウ栽培者に「息子」を殺してほしくないと言います。彼らはキリストを気の毒に思いました。

ルカ 20:17。しかし、イエスは彼らを見て言われました。「それでは、「建築家たちが拒否した石、それが隅の頭になった」と書かれているのはどういう意味ですか?

「書かれていることの意味」。より正確に言えば、では、あなたの「なりたくない」という願望が現実になった場合、つまり、そのような場合、聖書の中で私について語られている神の意志は、「石」についての聖書の文は何を意味するのでしょうか?満たされない。

ルカ 20:18。この石の上に落ちる者は誰でも壊れるでしょう。そしてそれが落ちた者は彼を押しつぶすだろう。

「倒れる者は皆」(マタイ 21:44 の解釈を参照)。

ルカ 20:19。その時、祭司長たちと律法学者たちはイエスに手を置こうとしました。なぜなら、イエスが自分たちについてこのたとえ話をされたことを理解していたからですが、彼らは民を恐れていたからです。

「彼らは理解していたから」。誰が発見したのですか?人民か、それとも階級か?福音記者ルカによれば、このたとえ話が位階者について語られたことを理解したのはおそらく人々だったと思われます(16-17節参照)。あたかも伝道者は、キリストに対する階級階級の計画を示すたとえ話を理解した人々はすでに警戒していて、まさにこれこそ階級階級が恐れていたことであり、それが彼らが敢えてしなかった理由であると言いたいようです。キリストを捕らえるために。

ルカ 20:20。そして彼らはイエスの後を追って、正義のふりをするスパイを送り込み、イエスを捕まえて当局と総督の権限に引き渡しました。

カエサルの税金についてのキリストと「ずるい人たち」の会話は、伝道者マルコの記述に同意して伝道者ルカによって語られています(マルコ12:13-17;マタイ22:15-22参照)。

「彼らは彼に従っていったのです。」それにもかかわらず、位階者たちは計画を放棄せず、キリストのあらゆる行為と言葉に常に警戒し、邪悪な者たち、すなわち彼らの共謀者たち(ἐγκαθἐτους)をキリストのもとに送り込んだ。彼らは自分たちの宗教的必要性から行動しているふりをして、不注意な言葉でキリストを捉えてしまうでしょう。しかし、この福音書のロシア語訳はギリシャ語に完全には対応していません。より正確には、「彼らは彼を捕まえるために、敬虔なふりをして学識のある人々を送り込んだ…」です。彼らはキリストを公国に引き渡し、より具体的には(κα… – 明確な接続詞)検察官の権限に引き渡したいと考えていました。

ルカ 20:21。そこで彼らは彼に尋ねて言った、「先生、私たちはあなたが正しく話し、教えており、顔を見ずに、本当に神の方法で教えていることを知っています。」

「あなたは顔を見ない」、つまり、どの政党にも属さず、公平に論じます(ガラテヤ 2:6 参照)。

ルカ 20:22。私たちはシーザーに敬意を表することが許されるのか、許されないのか?

人頭税と土地税 (τέλος とは対照的に όρον – 義務税または間接税) を「与える」こと。

ルカ 20:23。そして、イエスは彼らの狡猾さに気づき、彼らに言った、「なぜ私を誘惑するのですか?」

ルカ 20:24。デナリオンを見せてください。そこには誰の像と碑文がありますか?彼らは「カエサルに」と答えた。

ルカ 20:25。彼は彼らに言った、「だから、カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさい。」

ルカ 20:26。そして彼らは人々の前でイエスを一言も聞き取ることができず、イエスの答えに驚いて沈黙した。

ルカ 20:27。そこへサドカイ派の人々が来て、復活はないと主張し、イエスに質問してこう言いました。

「サドカイ派の何人かが来た」 – より正確には、「復活を拒否した」と言う方が正確ですが、これは「何人か」の定義として言及しています。このことから、死者の復活が彼らにとって原始的であるという理由で、サドカイ派の一部だけが死者の復活を拒否したことは明らかです。

ラビの中には死後の世界についてより高尚な考えを持っている人もいたのは事実ですが、大多数はこの点に関して最も粗雑な概念を持っていました。彼らによれば、復活とは人間が以前の肉体に戻るだけでなく、以前の好みや情熱も取り戻すことだという。復活した者は、食べ、飲み、結婚するだけでなく、たとえ同じ身体的特徴や欠陥があっても、歩いていたときと同じ服を着て立ち上がるので、「人々は、自分たちが生前に知っていたのと同じ人間であることを認識できるようになりました」一生"。

これらすべてのひどい官能的な概念を持ち、一般的に復活を否定し(彼らによれば、復活の教義はモーセ五書には含まれておらず、彼らはそれを認識していました)、彼らは質問をして救い主のもとにやって来ました。

ルカ 20:28。先生、モーセは私たちにこう書きました。もし既婚者が子供を持たずに亡くなった場合、その兄弟は妻を娶って兄弟のために子孫を育てるべきです。

彼らは、ラビの賭博学の分野から、7人の兄弟と続けて結婚し、それぞれが子供を持たずに亡くなった女性のケースを選び、彼女が復活の際に兄弟のうちの誰に属するかを知りたいと考えました。

ルカ 20:29。したがって、彼にはXNUMX人の兄弟がいたが、最初の兄弟は妻を娶って子供を残さずに亡くなった。

想像ではあるが、この事件が可能となったのは、夫が子なしで亡くなった場合、弟は子孫を回復して名を継ぐために未亡人と結婚しなければならないと法律で規定されており、この二番目の弟の長男が次男として記録されたからである。故人。

彼らは死後の世界と復活を信じておらず、イエスが復活について教えているのを聞いており、イエスに対してファリサイ派の敵対者たちと同じ見解を持っていると仮定し、これらの難解な質問でイエスを当惑させ、こうしてイエスを嘲笑する喜びを予告した。そして復活に関する神の教えそのものです。

ルカ 20:30。その女性が二番目を取りました。そして彼は子供を残さずに亡くなった。

ルカ 20:31。 XNUMX人目が彼女を連れて行き、XNUMX人全員も同様で、子供を残さずに亡くなりました。

ルカ 20:32。結局その女性も亡くなった。

ルカ 20:33。それで、復活のとき、彼女は彼らのうちの誰が彼の妻になるでしょうか?なぜなら、XNUMX人全員が彼女を妻としていたからです。

ルカ 20:34。イエスは彼らに答えて言われた、「この世の子供たちは結婚し、結婚して生まれます。

「今世紀の子供たち」、つまりメシア以前の時代の人々です。

ルカ 20:35。しかし、その世界と死者の中からの復活を受け入れるに値する人々は、結婚したり、結婚したりしません。

ルカ 20:36。彼らは天使と同等であり、復活の子である神の子であるため、もはや死ぬことはできません。

「そして彼らはもう死ぬことができません。」より正確には、「彼らはもう死ぬことができないから」(οὐδέ γάρ ἀποθανεῖν ἔτι δύνανται)です。復活した者の不死性、その不死性のため、結婚は死がある場合にのみ必要であるため、彼らの間の結婚(ただし、性別の違いはありません)は存在しません(bl.テオフィラクト)。

「彼らは天使と同等だから」これが彼らが死なない理由です。彼らは、その性質が受ける変化によって死ぬことはありません。なぜなら、彼らの天使との同等性または類似性は、より高度な、もはや粗雑で肉的なものではない、肉体性にあるからです。この身体性は死に影響されることはありません。

「復活の子となる」、つまり復活を通して新しい命に生まれ変わるということです。

「神の子たちです」。来世が不滅であることには別の理由があります。人々は神の子となるでしょう - 神に愛された子供としての道徳的な意味だけでなく、より高次の形而上学的な意味でも - 彼らは自らの中により高次の神の命、神の栄光(ローマ 8:17)を持つでしょう。命)は当然ながら永遠です。

ルカ 20:37。そして死者はよみがえる、とモーセはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、主を呼んだとき、ブラックベリーでそう言いました。

「モーセはブラックベリーでこう言いました。」 「言った」という言葉(ἐμήνυσεν、ミカエル・ルジヌス司教は間違ってἑρμήνευσενと読んだ – 解釈)は、隠されたものの発表を意味します(ヨハネ11:57;使徒23:30)。主がモーセについて言及されるのは、主に尋ねる人たちがモーセのことを指しているからです(28節参照)。

ルカ 20:38。しかし、彼は死者の神ではなく、生きている者の神です。なぜなら、彼とともにすべての人が生きているからです。

「なぜなら、彼とともにすべての人が生きているからです」、つまり、すべての人、つまり彼が神であるすべての人が彼とともに生きているのです。たとえ彼らが死んでいたとしても、それは人間のためであり、人間に関してはありますが、神に関してはそうではありません。したがって、将来の死者の復活は、死者が最後の審判の前にある生命の状態の自然かつ必然的な結論である。

ルカ 20:39。これを聞いて律法学者の何人かが言った、「先生、よく言いました。」

「書記たちの何人か」。伝道者マルコによると、これは最も重要な戒めについてキリストと話した律法学者が言ったものです(マルコ12:32)。伝道者ルカはすでにこの会話を上で引用しているので(ルカ 10:25 など)、ここではそれを省略し、この会話の結果、つまり彼が表現した律法学者、または「ある律法学者」の答えのみに言及しています。 。

ルカ 20:40。そして彼らはもはや神に何も尋ねようとはしませんでした。そしてイエスは彼らにこう言われました。

「彼らはもはや神に何も尋ねようとはしませんでした。」ここで福音書記者ルカもマルコが伝えたことを繰り返しています(マルコ12:34)。

ルカ 20:41。どうしてキリストがダビデの子だと言えるのでしょうか?

"彼らが言うように"。マークへの解釈を参照してください。 12:35-37。

彼らは目が見えなくなってメシアの真の威厳を見失い、自分たちのために全世界をすべての財宝で征服してくれる政治的征服者をキリストのうちに見ることを期待していたが、キリストがその期待に応えられなかったため、彼らはメシアを宣言した。人々を欺く者、誘惑する者。彼らを真理に導くために、キリストは彼らにこう尋ねました。「キリストについてどう思いますか?」彼は誰の息子ですか?」彼らはイエスに、「ダビデの子です」と答えました。

ルカ 20:42。そしてダビデ自身も詩篇の中で次のように述べています。

ルカ 20:43。私があなたの敵をあなたの足台にするまでは。」

ルカ 20:44。それでダビデは彼を主と呼びます。それでは、どうして彼は彼の息子なのでしょうか?

子としての身分は、キリストの肉によるダビデとの外面的なつながりとしてのみ定義されますが、有名な詩篇(詩篇 109:1)は、ダビデが神の右に座されるキリスト(メシア)を自分の主と呼んでいることを示しています。したがって、彼らはキリストの王国が地上のものではなく天のものであることを理解する必要がありました。このことに気づいていなかったので、学識ある律法学者や弁護士たちは、メシアの真の尊厳がどのようなものであるかについて全く無知であったようです。もし彼らがそれを理解していれば、メシアのしるしが彼らが迫害していたナザレのイエスの人柄と完全に一致していることがわかるでしょう。

ルカ 20:45。そして民全員が聞き入っているとき、イエスは弟子たちに言われた。

「みんなが聞いていたとき」。マルコ 12:38-40 を参照してください。ここでのマルコとルカの違いは、前者によれば主の警告は人々の前で人々に向けて語られたのに対し、ルカによればそれはキリストの弟子たちに向けられたものであるということです。この違いは次の方法で調和させることができます。この場合、主は群衆に向かって大声で語られましたが(マルコ)、弟子たちには直接語りかけられました(ルカ)。

ルカ 20:46。律法学者たちに気をつけなさい。彼らは変装して歩くのが大好きで、市場での挨拶や、シナゴーグの最前列、宴会の先頭に立つのが大好きなのです。

ルカ 20:47。未亡人の家を食い荒らし、偽善的に長く祈る者たち。彼らはより重い刑を受けるだろう。

「未亡人の家をむさぼり食う」、つまり腹を満たし、計り知れないほど消耗する。そしてこれは一見敬虔な行事の下で行われます。なぜなら、彼らは祈りと霊的利益の名目で、断食ではなく酩酊と暴食を教えているからです。したがって、彼らは悪を行うだけでなく、それを祈りで覆い隠すので、「彼らはより重い刑を受けるでしょう」と主は言われます。 。彼らの外見は敬虔であり、美徳を狡猾さの口実に変えます。したがって、彼らはより大きな非難に値する、なぜなら彼らのために善が非難されるからである。未亡人は哀れむべきであり、表向きは長い祈りで祝福するために家に入ります。同時に、未亡人たちは面会交流のために多額の出費を強いられ、破滅してしまいます。 (祝福されたテオフィラクト)。

ロシア語の情報源: 解説聖書、または旧約聖書と新約聖書のすべての聖書の注釈: 7 巻 / Ed.教授APロプキン。 – エド。 4番目。 – モスクワ: ダル、2009。/T. 6: 1232 つの福音書。 – 735 ページ / ルカの福音書。 959-XNUMX p.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-