15.7 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ヨーロッパブルガリアとルーマニアが国境のないシェンゲン圏に加盟

ブルガリアとルーマニアが国境のないシェンゲン圏に加盟

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

13年間待った後、 ブルガリア および ルーマニアは31月XNUMX日日曜日の深夜、広大な自由移動のシェンゲン圏内に正式に入った。

その日から、国内の空と海の国境の規制は解除されるが、陸の国境を開くことはできない。難民申請者の流入を懸念したオーストリアの拒否権により、トラックの運転手らは残念なことに、道路では当面規制が続くことになる。

空港と港湾に限定された部分的な加盟にもかかわらず、この措置には強い象徴的価値がある。欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、シェンゲン圏にとって「歴史的」瞬間に言及し、「これは両国にとって大きな成功だ」と宣言した。

ブルガリアとルーマニアの二重加盟により、1985 年に創設されたこの地域には現在 29 の加盟国があり、そのうち 25 加盟国のうち 27 加盟国が加盟しています。 欧州言語 連邦諸国(キプロスとアイルランドを除く)、スイス、リヒテンシュタイン、ノルウェー、アイスランド。

ルーマニアの法務大臣アリーナ・ゴルギュウ氏は、「ルーマニアの魅力が強化され、長期的には観光客の増加を促すだろう」と喜び、この標準化が投資家を惹きつけ、国の繁栄に利益をもたらすと確信した。

この最初の段階に続いて、政府はさらなる決定を下す必要があります。 協議会 国内の陸地境界における規制を解除する日付を設定する。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-