15 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ニュースブリッジズ - 東欧対話フォーラムがアブドラ2世国王を獲得...

ブリッジズ – 東欧対話フォーラムがアブドラ2024世世界異宗教間調和週間賞を受賞 XNUMX

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

  アブドラ2024世国王、XNUMX年世界異宗教間調和週間賞を受賞 に授与されました Bridges – 東ヨーロッパ対話フォーラム、ブルガリアに拠点を置く、「愛の贈り物:調和と寛容を促進する異宗教間のアートパフォーマンス」と題された素晴らしいイベントで表彰されました。

この名誉ある賞は、国連が定めた世界異宗教間調和週間の目標に沿って、異宗教間の調和と理解を促進するために組織が行った並外れた努力を表彰するものです。

432146029 808042958023373 4083221406554134684 n Bridges - 東欧対話フォーラムがアブドラ2024世国王陛下にXNUMX年世界異宗教間調和週間賞を受賞

2010年の国連総会でヨルダンのアブドラ20世国王によって提案され、同年2013月XNUMX日に全会一致で採択された世界異宗教間調和週間(WIHW)は、XNUMX月の第XNUMX週を諸宗教間の対話と協力を促進する時期と定めている。さまざまな信仰の伝統。ヨルダンの王立アールアルバイトイスラム思想研究所は、その目的を最もよく体現した今週の出来事を表彰するために、XNUMX年に世界異宗教間調和週間賞を設立した。

2024 年には、宗教間の理解と協力を促進する広範な取り組みを反映して、国連世界宗教間調和週間を記念して、合計 1180 件のイベントが世界中で開催されました。これらの出来事のうち、59 件の報告書がアブドラ XNUMX 世世界宗教間調和週間賞の検討のために提出されました。

ガージ・ビン・ムハンマド殿下やテオフィラス3世総主教などの尊敬すべき人物で構成された審査委員会は、取り組みの優秀さ、協力、影響力、国連決議で概説された原則の順守などの基準に基づいて提出作品を慎重に評価した。賞品。彼らは、その並外れた貢献に対して、ブリッジズ – 東ヨーロッパ対話フォーラムに最高賞を授与しました。

優勝したイベント「ギフト・オブ・ラブ」は、9月56日にプロブディフの司教大聖堂で開催された、魅惑的な異宗教芸術パフォーマンスでした。このイベントには、アルメニア人、イスラム教徒、キリスト教正教、カトリック、仏教、異教の伝統など、さまざまな宗教的背景を持つ XNUMX 人の若者が参加しました。アンドレア・イキッチ=ベーム大使閣下とオーストリア共和国大使館の後援のもと、この公演では絵画、ダンス、音楽パフォーマンス、詩などの多彩な芸術表現が披露されました。

芸術的媒体を通じて伝えられる核となるメッセージには、神への愛、同胞への思いやり、地球規模のコミュニティとの連帯、さまざまな信仰を持つ個人に対する受容と寛容の精神が含まれていました。このイベントは、世界異宗教間調和週間の中心にある団結と協力の精神を体現するものでした。

アンジェリーナ・ウラジコワ大統領 東ヨーロッパとの対話の架け橋は、一等賞受賞を知った後、次のように述べています。「過去 4 年間、私たちは WIHW の機会にアート パフォーマンスを企画していました。私たちは 4 年間、ヨルダン王子賞に応募していました。賞を獲得したかったからではなく、宗教間の調和に対する私たちの理解を世界に示したかったからです。今年、私たちが実際に最優秀賞を受賞したことは私たちにとって大きな驚きでした。これは、私たちが仕事に注ぐあらゆる献身とあらゆる努力が重要であることを示しています。私たちは、文化や宗教を超えて橋を架け続ける意味を私たちに与えてくれる協会の若者たち全員に感謝しています。」

革新的で影響力のあるイベントを通じて、ブリッジズ – 東ヨーロッパ対話フォーラムは、有意義な宗教間対話を促進し、宗教的および文化的隔たりを超えた調和と理解を促進するという取り組みを実証しました。彼らの功績はインスピレーションとなり、より包括的で平和な世界を構築するための協力的な取り組みの変革力の証となります。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-