22.8 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
科学技術考古学中国が開発した文​​化財保護ロボット

中国が開発した文​​化財保護ロボット

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

中国の宇宙技術者らが文化的建造物を環境の有害な影響から守るロボットを開発したと新華社が2月末に報じた。

北京の宇宙計画の科学者らは、古代の墓や洞窟から遺物を守るために、もともと軌道上でのミッションのために設計されたロボットを使用した。

中国宇宙技術院(CAST)は最近、そのようなロボットの開発を発表した。電子ビーム照射技術と組み合わせたこの装置は、墓や洞窟の古代の壁画に繁殖するバクテリアを殺菌、破壊するためのインテリジェントモバイルシステムとして使用されます。

従来の消毒方法では化学薬品が使用されており、残念なことに、壁画に影響を与えるだけでなく、作業に携わる人々に健康上のリスクをもたらす可能性があります。

このデバイスは、車輪付きの移動シャーシに取り付けられたロボット アームを備えており、墓の壁やドームからシーンをスキャンできます。遠隔操作ロボットに取り付けられたレーザーセンサーは障害物を検出して回避し、ロボットと壁画の間に安全な距離を確保します。

医療で使用される放射線消毒技術と同様に、電子ビームは時間の経過とともに壁画の色褪せやひび割れの原因となる有害な細菌を除去します。

このプロジェクトは、中国の敦煌陵の世界文化遺産の保存と研究を目的とした研究所である敦煌アカデミーによって開始されました。

ここ数十年にわたり、彼は洞窟壁画保存の分野で幅広い経験を蓄積してきました。 2020年から2022年にかけて、アカデミーは国の墓の壁画の現地保存において主導的な役割を果たしてきました。

Magda Ehlers によるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/photo-of-dog-statue-2846034/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-