15.4 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
世界全体中国、2025年までに人型ロボットの量産を計画

中国、2025年までに人型ロボットの量産を計画

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

中国工業情報化省は、2025年までに人型ロボットを量産するという野心的な計画を発表した。

この国はわずか 500 年以内に労働者 10,000 人あたり約 XNUMX 台のロボットを導入する必要があります。これは、数千万台の製造ロボットを意味します。

中国省は、大量ロボット化は製造部門、ひいては人間の生活を完全に変えるだろうと述べている。これを実現するには、必須コンポーネントの安全かつ効率的な供給を確保するだけでなく、いくつかの主要テクノロジーにおける画期的な進歩が必要です。

この計画では、2027年までにヒューマノイドが中国の経済成長の重要な新たな原動力となるはずだと述べている。

人型ロボットを公的に開発している企業の多くは米国に拠点を置いています。

アマゾンが主要投資家であるアジリティ・ロボティクス社は今年、ヒューマノイドの量産工場を完成させる。その能力は年間 10,000 台のロボットを作成することになります。

ヘルスケア、ホームサービス、農業、物流などの業界では、今後数年間でロボットの使用が増加する可能性があります。しかし、ロボットが過酷で危険な状況や産業分野で任務を遂行することは重要である、と中国省は書いている。

MIIT は、大規模言語モデルなどの AI における最近の進歩を利用し、「ヒューマノイドの脳、小脳、四肢」の開発に焦点を当てるためのガイドラインを提供しています。

1.4月、北京市はロボット技術の開発促進を目的としたXNUMX億ドルのロボット基金を発表した。徐々に資金が増えていきます。目標は、XNUMX年代の終わりまでに中国がロボット工学の世界的リーダーになることだ。

中国は急速な人口減少に苦しんでいる。今世紀半ば以降は1億人を下回ると予測されている。これは、環境に優しい国を不安定にする可能性のある深刻な経済危機の前兆です。中国政府はロボット工学を今後数十年間経済成長を維持するための戦略的目標とみている。

ThisIsEngineering によるイラスト写真: https://www.pexels.com/photo/prosthetic-arm-on-blue-background-3913025/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-