13.5 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
編集者の選択憎しみの高まりの中で反イスラム教徒の偏見と闘うためには、より断固とした努力が必要です...

OSCEは、憎しみの高まりの中で反イスラム教徒の偏見と闘うためには、より断固とした努力が必要であると述べた

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

バレッタ/ワルシャワ/アンカラ、15年2024月XNUMX日 – イスラム教徒に対する偏見と暴力がますます多くの国で増加する中、対話を構築し、反イスラム憎悪に対抗するためにさらなる努力が必要である、欧州安全保障協力機構今日の声明で述べた イスラム恐怖症と闘う国際デー.

OSCE議長のイアン・ボルグ・マルタ外務・欧州問題貿易大臣は次のように述べた。この日、私たちは偏見に対抗し、多様性を受け入れるという集団の義務を思い出します。「それを強調して」私たちの強みは、対立よりも対話が、恐怖よりも理解が、偏見よりも寛容が優先される社会、つまり基本的な自由と人権がすべての人によって保護され享受される社会を促進するという私たちの団結と揺るぎない決意にあります。」ボルグ大臣はすべての参加国にこう呼び掛けた。この重要な取り組みに向けた取り組みと行動を強化し、すべての人が憎しみや差別から自由に暮らせる環境を育むよう努めること。 

特定の宗教や信仰共同体に属する人々に対する憎悪が単独で起こることはほとんどなく、他の形態の不寛容と並行して起こることがよくあります。暴力と差別は、関係する個人やコミュニティに害を及ぼすだけでなく、安全を損なう可能性もあります OSCE全体で この地域では緊張が高まり、より広範な紛争に発展する可能性がある。

特に昨年10月に中東で敵対行為が新たに勃発して以来、イスラム教徒に対する憎しみが激化しており、オンラインおよびオフラインでのヘイトスピーチ、脅迫、暴力がイスラム教徒のコミュニティ、特に女性と少女に悪影響を及ぼしている。 OSCE加盟国は、政治指導者や国会議員が表現の自由を尊重しつつ、イスラム教徒やその他の宗教団体に対する人種差別、外国人排斥、不寛容の表明を拒否し非難する必要性を認識している。

「近年、イスラム教徒に対する否定的な固定概念や不寛容、差別行為が増加しており、緊急に行動を起こし、汚名や煽動的なレトリックを確実に回避することがますます重要になっています。" 前記 ODIHR ディレクター マテオ・メカッチ。 "同時に、さらなる対話と理解が必要であるという認識が高まっていることに、私たちは勇気づけられています。私は、これが偏見と反イスラム憎悪にうまく対抗するために引き続き重要な貢献でなければならないと確信しています。 

すべてのOSCE参加国は、差別とヘイトクライムとの闘いに取り組んでおり、背景が何であれ、すべての国民の安全を確保し、尊重と対話を促進することは政府の主な責任である。反イスラム教徒の憎悪犯罪と闘うために OSCE 域内の国々を支援することは ODIHR の活動の重要な分野であるが、反イスラム教徒の憎悪に関するデータは ODIHR の資料で入手可能であるが、 憎悪犯罪データベース、OSCE地域全体の多くの被害者は、自分の経験を当局に報告することに消極的です。

憎しみの被害者は、犯罪を報告し、支援を求め、必要なサービスを利用するために市民社会組織に頼ることがよくあります。市民社会との真の協力を通じて、国家は憎悪犯罪に取り組み、個々の被害者のさまざまなニーズを満たすための効率的で的を絞った活動を展開することができます。

宗教または信念の自由は、各個人が宗教または信念を持つ、採用する、または離れる権利を規定する基本的人権です。その核心となるのは、私たちの違いを尊重することが私たちが平和に共存する唯一の方法であるという理解です。このような状況を背景に、宗教と文化間の対話と理解が極めて重要な手段として浮上し、宗教の境界を超えたオープンで敬意を持った交流のプラットフォームを提供しています。これらの有意義な交流を通じて、私たちは共通点を発見し、相違点を認識し、包括的で調和のとれた前進の道を築くことができます。

イスラム教徒に対する不寛容と差別との戦いに関する事務議長の個人代表であるエヴレン・ダグデレン・アクグン大使は、次のように述べた。彼らの信念が軽視されたり、文化が安全保障上の懸念を装って脅威として表現され正当化されたりする例は広く蔓延しており、一部の国では常態化していることさえある。」彼女は、「これらの問題に全体的に対処する努力は、調和のとれた社会だけでなく、国際平和にも貢献するだろう」と強調した。ダグデレン・アクグン氏は、すべての参加国に対し、約束を効果的に履行する方法を模索するよう促した。

世界中で多くのイスラム教徒が直面している差別と憎悪を認識し、国連は15月XNUMX日をイスラム恐怖症と闘う国際デーと宣言した。すべての OSCE 状態は、 コミットした イスラム教徒や他の宗教の信者に対する偏見、不寛容、差別と戦うこと。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-