15.5 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
編集者の選択宗教的少数派の専門家 50 人がナバラ州で課題と解決策を探ります...

宗教的少数派の専門家50人がナバラで調査 スペインの宗教的少数派の課題と解決策

その一週間、彼らはスペインにおける宗教的少数派の法的状況について研究し、議論しました。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

その一週間、彼らはスペインにおける宗教的少数派の法的状況について研究し、議論しました。

欧州の宗教的少数派の専門家50人が今週パンプローナで開催される国際会議に集まり、ナバラ公立大学(UPNA)が主催し、国家との協力協定のない宗教宗派の法的状況に専念している。

宗教的少数派、行政、学術界

これらの宗教的少数派と政府の代表者、および7か国の大学からの良心の自由に関する研究者(スペイン、フランス、イタリア、ポーランド、ポルトガル、イギリス、ルーマニア)から状況を分析しました 6月8日水曜日からXNUMX月XNUMX日金曜日まで、ラス・サレサスの旧修道院(現在はパンプローナ地域の本部)では、社会に宗教の多様性を受け入れることが主な課題となっている。重大な法的差別」によると、根底にあるのは アレハンドロ・トーレス・グティエレス、UPNA の教授であり、この会議の主催者であり、「」の受賞者の 1 人です。信教の自由賞2020年に向けて。

たとえば、税制上の優遇措置や寄付金控除のシステムを利用する際に、国家との協力協定がなければ自白の多くが直面する困難について考えてみてください。、 " アレハンドロ・トーレス教授。 "これまで、これらの問題は合意のある宗教のみに限定されてきたが、後援に関する法律の「臨時」改革はまだ保留中である。また、寺院を建設するための土地や埋葬に適した場所を入手したり、信者に宗教的援助を提供したりすることが、彼らにとってどれほど複雑であるかにも注目する価値がある。」.

スペインでは、国家は当初、カトリック教会を支持して教皇庁と協定を締結し、その後、当時認められていた宗教的少数派と1992年の協定に署名した。 福音主義宗教団体連合 スペインイスラエル人コミュニティ連盟スペインイスラム委員会。これら 4 つの宗教が国家と協定を結んでいるのに対し、結んでいない宗教もあります。そして、これらの中にも違いがあります。次のような「根が深い」(notorio arraigo) という宣言を取得しているものもあります。 末日聖徒イエス・キリスト教会 (2003) エホバのクリスチャン証人 (2006)、 スペイン仏教団体連盟 (2007)、 東方正教会 (2010)、および バハイ教 (2023) などの追加の行政上の認識が欠けているものもあります。 教会 Scientology アフマディ派コミュニティ、道教、 スペイン・ヒンズー教連盟シーク教の信仰.

会議の参加者

宗教的少数派と法的差別に関する議会

「」と題された国際会議法的協力協定のない宗教的少数派の法的地位」 パンプローナに集まった著名人たち、 メルセデス・ムリージョ・ムニョス、宗教の自由局長 大統領省、法務省、議会との関係, イネス・マザーラサ・シュタインクーラー、のディレクター 多元主義と共存財団、とりわけ。スペイン政府との協力協定を結んでいない宗教的少数派の代表者も参加した。 末日聖徒イエス・キリスト教会、エホバの証人、スペイン仏教連盟、   ルーマニア正教会、   バハーイー教コミュニティ、 イヴァン・アルホナ 教会 Scientology、クリシュナ・クリパ・ダス 大統領として スペイン・ヒンズー教連盟, そしてまた存在しました スペイン道教連合.

この会議は研究副学長によって資金提供されました。 I-コミュニティ セルヒオ・ガルシア教授(ともにUPNA)の研究所、 多元主義と共存財団 スペインにおける協力協定のない宗教宗派の法的地位に関するプロジェクトを通じて科学イノベーション省と協力し、その主な研究者は前述の憲法教授アレハンドロ・トーレス氏であり、 オスカル・セラドール・アンゴン、州教会法教授 カルロスXNUMX世大学 (マドリード)。なお、この学術集会は、 ヨーロッパプロジェクト、欧州連合から財政的支援を受けており、 スパシミール・ドマラツキ、政治学部教授。 ワルシャワ大学 (ポーランド)、主任研究者です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-