15.7 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
宗教キリスト教ウルビ・エ・オルビ復活祭における教皇フランシスコ:キリストは復活した!すべてが始まります...

ウルビ・エ・オルビ復活祭における教皇フランシスコ:キリストは復活した!すべてが新たに始まります!

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

復活祭の主日ミサに続き、教皇フランシスコは復活祭のメッセージと「都市と世界へ」の祝福を述べ、特に聖地、ウクライナ、ミャンマー、シリア、レバノン、アフリカ、そして人身売買の犠牲者のために祈りました。生まれてくる子供たち、そして誰もが困難な時期を経験しています。

教皇フランシスコは日曜日、復活祭の朝のミサを主宰したばかりの広場を見下ろすサン・ピエトロ大聖堂の中央ロッジアから現れ、伝統的な「ウルビ・エ・オルビ」イースター・メッセージを述べた。

ミサと「ウルビ・エ・ウルビ」(ラテン語で「都市と世界へ」)のメッセージと祝福は、世界中の放送で生中継されました。

 教皇は、サン・ピエトロ広場に集まった約60,000万人の巡礼者を含む、後続の人々全員に「イースターおめでとう!」と喜びを込めて祝辞を述べ、挨拶を始めた。

今日、二千年前にエルサレムから宣言された「十字架につけられたナザレのイエスがよみがえった!」というメッセージが世界中に響き渡っている、と彼は回想した。 (Mk 16:6)。

教皇は、週の初めの日の夜明けに墓に行った女性たちの驚きを教会が追体験していると改めて述べた。

教皇は、イエスの墓が大きな石で封印されていたことを思い出しながら、今日も「重い石が人類の希望を妨げている」、特に戦争、人道危機、人権侵害、人身売買、とりわけ他の石も同様です。 

イエスの空の墓からすべてが新たに始まる

イエスの女性弟子たちと同じように、教皇は、「私たちは互いに尋ねます。『誰が私たちのために墓の入り口から石を転がしてくれるだろうか?』と尋ねます。」これは、あの復活祭の朝の驚くべき発見、巨大な石が転がり落ちたのだ、と彼は言った。 「女性たちの驚きは、私たちの驚きでもあります。」と彼は言いました。

「イエスの墓は開いているが、空っぽだ!ここからすべてが新しく始まります!」彼は叫んだ。  

「イエスの墓は開いていて、空です。ここからすべてが新しく始まります!」

さらに彼は、その空っぽの墓を通って新しい道が通じており、それは「神だけが開くことができた道だ」と主張した。主は死の真っ只中に命の道を、戦争の真っ只中に平和の道を、憎しみの真っ只中に和解の道を、敵意の真っ只中に兄弟愛の道を開いてくださる、と彼は言いました。

イエス、和解と平和への道

「兄弟姉妹の皆さん、イエス・キリストは復活されました!」彼は、命への道を妨げる石を転がす力を持っているのは神だけだと指摘した。

罪の赦しがなければ、偏見、相互非難、自分たちは常に正しく他人は間違っているという思い込みなどの壁を乗り越える方法はないと教皇は説明された。 「復活したキリストだけが、私たちの罪の赦しを与えて、新たな世界への道を開いてくださるのです」と彼は述べた。

教皇は、「イエスだけが、私たちの前に人生の扉、世界中に広がる戦争で私たちが閉ざし続けてきた扉を開いてくれます」と安心させ、今日、教皇は「何よりもまず、私たちの人生を方向転換したい」との願いを表明された。イエスの受難、死、復活の神秘を目撃した聖都エルサレム、そして聖地のすべてのキリスト教共同体に目を向けてください。」

聖地とウクライナ

教皇はまず、イスラエル、パレスチナ、ウクライナをはじめ​​とする世界中の多くの紛争の犠牲者たちに思いを馳せていると述べた。 「復活したキリストが、戦争で引き裂かれたこれらの地域の人々に平和の道を開いてくださいますように」と彼は言った。

「国際法の原則の尊重を求めて、私はロシアとウクライナの間ですべての捕虜が一般的に交換されることへの希望を表明します。すべてはすべての人のためです!」と彼は続けた。

「国際法の原則の尊重を求める中で、私はすべての人のために、ロシアとウクライナの間ですべての捕虜が一般的に交換されることへの希望を表明します。」

ガザへの人道支援、人質解放

その後、教皇はガザに向かった。

「私はガザへの人道援助へのアクセスが確保されるよう改めて訴え、昨年7月XNUMX日に捕らえられた人質の速やかな解放とガザ地区の即時停戦を再度求める。」

「人道援助へのアクセスを改めて訴えます」
ガザに確実に行き、もう一度呼びかけてください。
7月XNUMX日に捕らえられた人質の即時解放
最後に、そしてストリップでの即時停戦を求めて。」

教皇は、市民、そして何よりも子供たちに重大な影響を与え続けている現在の敵対行為の終結を訴えた。  

「私たちは彼らの目にどれほどの苦しみを感じていることでしょう。その目で彼らは私たちに尋ねます:なぜですか?なぜこのような死が起こったのでしょうか?なぜこのような破壊が起こったのでしょうか? 

教皇は、戦争は常に「敗北」であり「不条理」であると繰り返した。

同氏は「武器と再軍備の論理に屈しないようにしよう」と述べ、「平和は決して武器によってではなく、広げられた手と開かれた心によって築かれる」と強調した。

シリアとレバノン

教皇は、シリアが13年間にわたって「長く壊滅的な」戦争の影響に苦しんできたことを思い出し、嘆いた。  

「非常に多くの死と失踪、非常に多くの貧困と破壊」と彼は主張し、「全員と国際社会の対応が求められている」と述べた。

次に教皇はレバノンに目を向け、同国はしばらくの間、制度の行き詰まりと深刻化する経済的・社会的危機を経験しており、現在はイスラエルとの国境での敵対行為によってさらに悪化していると指摘した。  

「復活の主が愛するレバノン国民を慰め、出会い、共存、多元主義の地となるという使命において国全体を支えてくださいますように」と彼は述べた。

教皇はまた、西バルカン地域のことを念頭に置き、アルメニアとアゼルバイジャンの間で行われている議論を奨励し、「国際社会の支援を得て、両国が対話を追求し、避難民を支援し、礼拝の場を尊重できるようにするため」と述べた。様々な 宗教的 自白し、できるだけ早く最終的な和平合意に達する。」

「復活したキリストが、世界の他の地域で暴力、紛争、食糧不安、気候変動の影響に苦しんでいるすべての人々に希望の道を開いてくださいますように」と同氏は述べた。

ハイチ、ミャンマー、アフリカ

ハイチに対する最新の訴えの中で、彼は復活の主がハイチ国民を助けてくださるよう祈った、「その国での暴力行為、破壊行為、流血行為がすぐに終わり、民主主義への道を進むことができるように」そして友愛。」

同氏はアジアに目を向けながら、何年も「国内紛争によって引き裂かれた」ミャンマーで「あらゆる暴力の論理が決定的に放棄される」よう祈った。

教皇はまた、アフリカ大陸、特にスーダン、サヘル地域全体、アフリカの角、コンゴ民主共和国のキブ地域、そしてアフリカ大陸の苦しんでいる人々のために祈った。モザンビークのカーポ・デルガド州」、そして「広大な地域に影響を及ぼし、飢餓と飢餓を引き起こしている長期にわたる干ばつの状況に終止符を打った」ことに対して。

貴重な命の贈り物と捨てられた胎児

教皇はまた、移民と困難を経験しているすべての人々のことを思い出し、彼らが必要な時に主が慰めと希望を与えてくださるよう祈った。 「より良い生活と幸福を求める最貧困家庭に立ちはだかる多くの課題に共に対処するために、善意を持つすべての人が団結するようキリストが導いてくださいますように」と同氏は述べた。

「御子の復活によって私たちに与えられた命を祝うこの日に、私たち一人一人に対する神の無限の愛、つまりあらゆる限界とあらゆる弱さを克服する愛を思い出しましょう。」と彼は述べた。  

「それにもかかわらず、命という貴重な贈り物がどれほど軽蔑されているのか」と彼は嘆いた。産むことさえできない子供が何人いるでしょうか?どれだけの人が飢餓で命を落とし、必要なケアを受けられず、虐待や暴力の被害者となっているのでしょうか?人間の増大する商業のために、どれほど多くの命が人身売買の対象となっているでしょうか?」

努力を惜しまないアピール

「キリストが私たちを死の奴隷状態から解放してくださった日」、教皇は政治的責任を持つすべての人々に対し、「ネットワークを解体するためにたゆまぬ努力をし、人身売買の「惨劇」と闘うために「努力を惜しまない」よう訴えた。搾取を撲滅し、被害者に自由をもたらすことです。  

「主が彼らの家族、とりわけ愛する人の知らせを心待ちにしている人々を慰め、彼らに慰めと希望を与えてくださいますように」と彼は述べ、復活の光が「私たちの心を照らし、心を改心させ、すべての人間の命は歓迎され、保護され、愛されなければならない、その価値を私たちに気づかせてくれます。」

教皇フランシスコは、ローマと世界のすべての人々に幸せなイースターを祈って締めくくった。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-