15.7 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
人権絶望から決意へ:インドネシアの人身売買被害者が正義を求める

絶望から決意へ:インドネシアの人身売買被害者が正義を求める

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ロカヤさんは病気のためマレーシアでの住み込みメイドを辞め、西ジャワ州インドラマユの自宅に戻ることを余儀なくされ、回復するのに時間が必要だった。しかし、最初の就職に200万ルピアを要求したエージェントからの圧力を受けて、彼女はイラクのアルビルでの仕事のオファーを受け入れた。

そこでロカヤさんは、自分が家族の広大な敷地の世話をする責任があることに気づき、朝 6 時から真夜中過ぎまで週 XNUMX 日働きました。

ロカヤさんの疲労により、当初マレーシアを離れなければならなかった頭痛と視力の問題が悪化したため、ホストファミリーは彼女を医師に連れて行くことを拒否し、携帯電話を没収した。 「一日も休みを与えてもらえなかった。休憩する時間がほとんどありませんでした」と彼女は言いました。 「まるで刑務所のような気分でした。」 

身体的および性的虐待

ロカヤさんが耐えた困難は、国連移民局のインドネシア人移民労働者544人にはよく知られているだろう(IOM)は、インドネシア移民労働組合(SBMI)と協力して、2019年から2022年まで支援しました。彼らの多くは海外で身体的、精神的、性的虐待を経験しました。この事件数は、サウジアラビアによるインドネシア人メイド2人の処刑を受けて、ジャカルタが2015年に中東と北アフリカの21カ国に労働一時停止を課したにもかかわらず発生した。 

人身売買の人道的影響を軽減するため、IOMはインドネシア政府と協力して労働移動に関する規制環境を強化しています。人身売買事件により適切に対応できるよう法執行機関を訓練する。また、SBMIのようなパートナーと協力して移民労働者を搾取から守り、必要に応じて本国に送還しています。

ロカヤさんは西ジャワ州インドラマユの自宅の前に立っています。

「ロカヤさんのような事件は、被害者中心のアプローチと、出稼ぎ労働者が人身売買の餌食にならないように保護制度を強化する必要性を浮き彫りにしている」とIOMインドネシア代表団長のジェフリー・ラボヴィッツ氏は語る。

ロカヤさんを極秘に録画したビデオが急速に広まり、SBMIに到達した後、政府が介入して彼女を釈放させた。しかし、彼女の代理店は彼女の給料から往復の航空運賃を不法に引き出し、喉に手を当てながら責任を免除する文書に署名を強要したと彼女は言う。 「与えられる情報には細心の注意を払う必要があります。重要な詳細を見逃してしまうと、代償を払うことになるからです。」

ロカヤさんは家に戻って安心したが、強要された金を請求する手段はない、とも付け加えた。

インドネシアの漁師。

インドネシアの漁師。

失敗への恐怖

SBMIのハリヨノ・スルワノ会長は、被害者は海外での体験を詳細に話すことに消極的なことが多いため、これはあまりにも一般的な状況であると述べ、「経済状況を改善するために海外に行ったのに、お金を持って戻ってきたため、失敗者とみなされることを恐れている」と述べた。問題があります。」

人身売買事件の訴追が遅々として進まないのは、被害者の恥だけが影響しているわけではない。法的な曖昧さと当局が事件を訴追する際に直面する困難も障害となっており、警察が時折被害者の状況を責めることによってさらに悪化している。 SBMIのデータによると、3,335年から2015年半ばまでに中東における人身売買の被害者は約2023人のインドネシア人だった。大半はインドネシアに帰国したが、司法を受けられたのはわずかXNUMX%だった。 

インドネシア銀行によると、インドネシア移民労働者保護庁(BP3.3MI)の推計では2021万人以上の不法移民労働者に加え、2年には約70万人のインドネシア人が海外で雇用されたという。同紙によると、インドネシアの出稼ぎ労働者のXNUMX分のXNUMX以上が、本国での賃金の最大XNUMX倍の賃金が支払われる低スキルの仕事に就いており、帰国者の約XNUMX%が海外での雇用は福利厚生を向上させる前向きな経験だったと報告しているという。世界銀行。 

「たとえ永遠に時間がかかっても、私は進んでいくつもりです」と、人身売買の生存者である漁師のセヌディン氏は言う。

「たとえ永遠に時間がかかっても、私は進んで進み続けるつもりです」と、人身売買の生存者である漁師のセヌディン氏は言う。

20日XNUMX時間無給

人身売買の被害者にとって、その経験が前向きになることはほとんどありません。 SBMIのジャカルタ本部で、ジャワ島のサウザンド諸島出身の漁師セヌディンさんは、家族により良い生活を与えたいと考え、2011年に外国漁船で働く契約を結んだ経緯を説明した。海に出ると、網を引き込んだり漁獲物を分けるなど20日24時間労働を強いられ、給料はXNUMXか月の過酷な労働のうち最初のXNUMX日だけだった。

2013年73月、南アフリカ当局はケープタウン沖で違法操業していた同船を拿捕し、IOMと外務省がセヌディン氏と他のインドネシア船員XNUMX人の送還を支援するまでXNUMXカ月間拘留した。 

それ以来21年間、セヌディンさんはXNUMXカ月分の給料の滞納を取り戻すために戦ってきたが、その法廷闘争では家を除くすべての所有物を売却せざるを得なくなった。 「その闘いで私は家族から引き離されました」と彼は言う。

200人を超えるインドネシアの漁業従事者を対象としたIOMの調査は、採用プロセス、関連料金、出国前訓練、移住管理の強化に向けた実用的な洞察を政府に提供した。 2022年、IOMは89人の裁判官、法律実務家、パラリーガルに対し、児童被害者やジェンダーに配慮したアプローチの適用など、人身売買事件の裁定に関する研修を行ったほか、東ヌサトゥンガラと北カリマンタンの人身取引対策特別委員会のメンバー162人を訓練した。地方。 

セヌディン氏にとって、事件処理の改善はすぐには実現できないと考えている。それでも漁師の決意にはひび割れはない。 「たとえ永遠に時間がかかったとしても、私は進み続けるつもりです」と彼は言った。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-