15.5 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
科学技術考古学アウグストゥス帝が亡くなった別荘が発掘される

アウグストゥス帝が亡くなった別荘が発掘される

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

東京大学の研究者らは、イタリア南部の火山灰に埋もれた古代ローマの遺跡の中から、約2,000年前の建物を発見した。学者らは、これは初代ローマ皇帝アウグストゥス (紀元前 63 年 – 西暦 14 年) が所有していた別荘だったのではないかと考えています。

イタリア学教授の村松真理子率いるチームは、2002年にカンパニア地方のヴェスヴィオ山の北側にあるソンマ・ヴェスヴィアーナ遺跡の発掘を開始したとアルケオニュースは書いている。

古代の記述によると、アウグストゥスはヴェスヴィオ山の北東にある別荘で亡くなり、その後彼の功績を記念する記念碑がそこに建てられました。しかし、この別荘の正確な場所は謎のままでした。東京大学の研究者らは、倉庫として使われていた建物の一部を発見した。建物の壁の一つに数十個のアンフォラが並べられていました。また、暖房に使われた炉跡も発見された。壁の一部が崩壊し、古代のタイルが床に散乱した。

窯の炭素年代測定により、サンプルのほとんどが 79 世紀頃のものであることが判明しました。研究者らによると、その後、この炉は使われなくなったという。研究者らによると、この建物には専用の浴室があったことから、皇帝の別荘であった可能性があるという。研究チームが行った化学組成分析によると、遺跡を覆う火山性軽石は、西暦XNUMX年のヴェスヴィオ山の噴火による溶岩、岩石、高温ガスの火砕流に由来するものであることが判明した。山の南斜面にあるポンペイも同じ噴火によって完全に破壊されました。

20年に遺跡の発掘を開始した研究チームの初代リーダーである東京大学の青柳正則名誉教授(西洋古典考古学)は、「2002年を経て、ようやくこの段階に到達した」と語った。この開発は、ベスビオ火山の北側に生じた被害を特定し、西暦 79 年の噴火の全体像をより良く把握するのに役立ちます。

説明写真: ソンマ ヴェスヴィアナのパノラマ

注: ヘルクラネウム遺跡の近くにあるソンマ ヴェスヴィアナは町であり、 一般的な イタリア南部カンパニア州ナポリ大都市にある。 1997 年にポンペイとオプロンティの遺跡とともにユネスコ世界遺産のリストに登録されたこの地域は、1709 年に偶然発見されました。その瞬間から発掘が始まり、古代都市ヘルクラネウムの重要な部分が明らかになりました。西暦79年の噴火によって埋もれた。泥流と火砕流は、その高温によって木材、布地、食品などの有機物をすべて炭化させ、実際に当時の生活を再現することができました。中でもヴィッラ・デイ・ピゾーニは非常に有名です。ヴィラ デイ パピリとしてよく知られているこの遺跡は、ヘルクラネウムのギリシャ文献学者の文書を保存するパピルスが発見された 90 年代の近代的な発掘によって明るみに出ました。公式ウェブサイト: http://ercolano.beniculturali.it/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-