15 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ニュースアルツハイマー病を遅らせる最初の薬はすでに存在しているが、なぜ医師たちは...

アルツハイマー病を遅らせる初の薬はすでに存在しているが、なぜ医師たちは懐疑的なのだろうか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

エーザイとバイオジェンのアルツハイマー病治療薬レケンビは、米国での導入から 9 か月後、 遭遇 この脳変性疾患の治療効果について一部の医師の間で懐疑的な見方が主な原因で、広く普及する際には大きな抵抗があった。

アルツハイマー病の進行を遅らせることが証明された最初の薬であるにもかかわらず、アルツハイマー病の治療の価値について医療従事者の間に根深い疑念が大きな障害となっていることが判明している。

アルツハイマー病の専門家らは当初、追加の診断検査、隔月の点滴、重篤な副作用の可能性を監視するための定期的な脳スキャンなどを含むレクエンビの厳しいプロトコルに関連した課題を予想していた。実際、これらの要件が、米国食品医薬品局による承認以来、この薬の普及が遅い原因となっていることが、米国のさまざまな地域の神経内科医や老年病医20名との議論で証明されています。

ロイター通信によると、医師7人がレケンビの有効性、費用、それに伴うリスクへの疑問を理由に、レケンビの処方に躊躇していることを明らかにした。さらに、この分野の主要専門家6人からなるグループは、「治療的ニヒリズム」(アルツハイマー病は克服できない病気であるという認識)が、プライマリケア医、老年病医、神経内科医の熱意を制限する上で予想以上に重大な影響を与えていると指摘した。この懐疑的な考えは、レクエンビによる治療の可能性を求めて患者を記憶の専門家に紹介する意欲に影響を与えています。

一部の専門家らは、一部の医師の間で消極的なのは、アルツハイマー病の進行を遅らせるためにアルツハイマー病のタンパク質であるベータアミロイドを標的とする有効性が疑わしいという長期間の疑念に起因する可能性があると述べている。 Leqembi 試験の有望な結果が得られるまで、医療分野の多くの人は、この研究の方向性は実を結ばないと考えていました。

他の医療専門家らは、年間26,500万XNUMXドルの価格、頻繁なMRI、隔月の点滴に伴う費用に加え、脳の腫れや出血といったレクエンビの副作用について懸念を表明している。

レケンビは、臨床試験中に初期アルツハイマー病患者の認知機能低下が27%減速することが実証され、FDAの完全承認を受けた最初のアミロイド標的薬となった。エーザイの報道によれば、10,000月末までにXNUMX万人の米国人を治療するという当初の目標にもかかわらず、XNUMX月末までに治療を開始したのはわずか数千人だったという。エーザイの広報担当者は最新の数字の提供を拒否した。

新薬の採用は、たとえ医療行為に大きな変化を必要としないものであっても、悪名高いほど遅い。研究によると、臨床研究が日常的な実施になるまでには平均 17 年かかる可能性があります。 life誌の6月の調査によると、XNUMX万人以上のアメリカ人がアルツハイマー病に罹患しているが、患者にレケンビを推奨している米国の神経内科医は半数にも満たない サイエンス 市場調査会社Spherix Global Insights。

著者 アリウス・ノレイカ

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-