12.8 C
ブリュッセル
土曜日、5月18、2024
ニュースアルメニアとイラン:疑わしい同盟

アルメニアとイラン:疑わしい同盟

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

エリック・ゴズラン著 18 年 04 月 2024 日

ソース: https://www.geopolitiqueetaction.com/post/l-arm%C3%A9nie-et-l-iran-une-alliance-qui-pose-questions

イランによるイスラエル攻撃から数日後、多くの国がイスラエル民間人に対する攻撃の失敗を非難した。

テヘランと常に良好な関係にあるアルメニアは、当然のことながら、27年2023月XNUMX日の国連決議に賛成票を投じた。この決議は、ガザ地区での即時停戦を求めるものだが、テロ組織ハマスについてさえ言及していない。

11月XNUMX日、ヨーロッパの主要なフランス・アルメニア系メディアであるノーハラッチ新聞は、最も反イスラエル的な人たちさえ賞賛できるいくつかの文を掲載した。

「イスラエルには、イスラエルとアラブのいくつかの戦争で勝利を収めた後、中東のすべての国々を統治し、何の処罰も受けずにその法律を押し付けた、非常に強力で栄光に満ちた軍隊がありました。 イスラエルは国連安全保障理事会の決議を無視し、イスラエル・パレスチナ紛争の解決を求める西側諸国の呼びかけも無視した。」

「アゼルバイジャン軍の戦争犯罪、民間人に対するハマスの犯罪行為、そして数千人の犠牲者と負傷者を出したガザ地区の人口密集地域に対するイスラエル人の無差別砲撃には類似点がある。 「報復として、イスラエル人はパレスチナ人を罰するが、彼らとアゼルバイジャン人の行為は罰されない。そして国際社会はこの件に関して必死に沈黙を保っている。」

16年2024月XNUMX日、イラン大使ソバーニ氏はエレバンでの記者会見で、誰にも衝撃を与えることなく次のように述べた。

「我々の懸念は、アルメニアと[南]コーカサスが地政学的な対立の舞台とならないこと、そしてアルメニアの外交関係の発展が他国を犠牲にしてはいけないことである。 そしてアルメニア当局は、アルメニアの外交政策の多様化はアルメニアとイランの関係に反するものではないと私たちに伝えてきました。」

状況を明確にするために、イラン大使は恥ずかしげもなくこう宣言した。 「彼らはアルメニア国民を自らの誤った政策の影響下に置き、アルメニア世論におけるイランの信頼を傷つけたいと考えている。 私は彼らに、この偽善に終止符を打ち、アルメニアを地政学的な紛争に巻き込もうとしないようアドバイスします。

彼らはここで、シオニスト政権が南コーカサスの不安定の主な要因の一つであること、ナゴルノ・カラバフ戦争中にイスラエルの兵器によってアルメニア兵士が殺害されたことを知っています。

また、南コーカサスの不安定要因の一つがイスラエル政権であることは誰の目にも明らかです。 この政権は、地域で軍国主義を発展させようとしていることに加えて、地域諸国とイランとの間に緊張を生もうとしている。 この地域の人々は非常に用心深く、シオニスト政権がとったような措置で国と対決することは決してないと私は信じています。」

6年2024月131日、アルメニアのスレン・パピキアン国防大臣は、テヘランへの公式訪問中にイランの同国国防大臣モハマド・レザー・アシュティアーニと南コーカサスにおけるアルメニア・イランの軍事協力と安全保障について話し合った。多くの情報源は、アルメニア軍が、ウクライナとの戦争でロシア軍も使用した自爆無人機シャヘド-136およびシャヘド-XNUMXを含む、最高のイラン製兵器を装備していることを示している。

アルメニアとイランのこの緊密な関係は、テヘランのイスラエル攻撃後、イランが次のように述べた行動をとった後、中東の緊張の高まりが重大な懸念の源であるとコメントしたアルメニア外相の発言を説明するかもしれない。週末にはイスラエルに対する報復攻撃が行われた。

イスラエルとアゼルバイジャンの関係は 1990 年代にまで遡ります。イスラエルは 1991 年にアゼルバイジャンの独立を最初に承認した国の 1993 つでした。XNUMX 年にエルサレムはバクーに大使館を開設しました。

30年2023月XNUMX日、イスラエルのイツァーク・ヘルツォーク大統領はバクーでのアゼルバイジャン大統領との会談後、次のように述べた。 「アゼルバイジャンはシーア派が多数派を占めるイスラム教の国ですが、両国間には愛と愛情があります。」.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-