15.4 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
国際的アンタルヤに本拠を置く航空会社の運航がEUで禁止され...

アンタルヤに本拠を置く航空会社、ロシアとの乗り継ぎを理由にEUでの運航を禁止

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

欧州連合(EU)は、アンタルヤに本拠を置く航空会社サウスウィンドに対し、ロシアとの関連があるとして運航禁止措置を課した。

Aerotelegraph.comに掲載されたニュースでは、フィンランドの航空当局が実施した調査で、この航空会社の過半数の所有権と実効支配はロシアにあり、ロシアの金融グループと関係があると結論づけたと報じられている。このため、フィンランドは同社がアンタルヤとヘルシンキ間の飛行を許可しなかった。

この決定の直後、ブリュッセルは28月3日木曜日、サウスウィンド航空(正式名はCortex Aviation and Tourism Trade)が、すべてのEU加盟国の領土内での離陸、飛行、着陸を禁止されたと発表した。規則 No. 31/833 の第 2014d 条、第 XNUMX 条に準拠。

問題の禁止措置は直ちに実施されることが注目された。

同社はまた、EU加盟国ではないスイスのチューリッヒへの飛行もできなくなるが、ヨーロッパのすべての空域はサウスウィンド航空に対して閉鎖されている。

EUのロシアに対する制裁は広範囲かつ前例のないものである。これらには、対象を絞った制限措置、経済制裁、外交およびビザ措置が含まれます。

これらの措置は、ロシアのウクライナ侵略戦争に対するEUの対応の一環であり、ウクライナの領土一体性と主権を支援するとともに、ロシアの行為に対する責任を追及することを目的としている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-