16.4 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
国際的イスラエルは援助供与における「量子飛躍」を認めるべきだと国連事務総長は訴え、...

イスラエルは援助供与における「量子的飛躍」を認めるべきだ 国連事務総長が軍事戦術の変更を呼びかけ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

イスラエルは民間人の死傷者を避けるためにガザでの戦闘方法に有意義な変更を加えると同時に、救命援助の提供において「真のパラダイムシフト」を起こす必要があると国連事務総長は金曜日に述べた。 

7月XNUMX日の「忌まわしい」ハマス主導のテロ攻撃からXNUMXか月にわたる戦争を迎え、アントニオ・グテーレス氏 ジャーナリストに言った ニューヨークの国連本部で、あの日パレスチナ過激派が解き放った恐怖を正当化できるものは何もないと訴えた。 

同氏は「性的暴力の使用、民間人の負傷や誘拐、民間人へのロケット弾の発射、人間の盾の使用を改めて完全に非難する」と述べ、現在も拘束されているすべての人質の無条件解放を改めて求めた。ガザ地区。 

グテレス氏は、捕虜の家族の多くと面会し、「私は彼らの苦悩、不安、深い痛みを毎日抱えている」と付け加えた。 

「容赦ない死」 

しかし、過去32,000か月にわたるイスラエルの軍事作戦は「パレスチナ人に容赦ない死と破壊」ももたらし、報告によるとXNUMX万XNUMX人以上が殺害され、その大部分が女性と子供だった。 

「生活は打ち砕かれました。 国際法の尊重はボロボロだ"、 彼は言った。 

その結果としての人道的災害は前例のないものであり、100万人以上が「壊滅的な飢餓に直面している」。 

食料と水の不足で子供たちが亡くなっている:「これは理解できないし、 完全に避けられる」と国連事務総長は宣言し、このような集団的処罰を正当化できるものは何もないと繰り返した。 

兵器化された AI 

グテレス氏は、イスラエル軍がガザ地区の人口密集地域への執拗な爆撃の際、標的の特定にAIを活用しているとの報道に非常に悩まされていると述べた。 

家族全体に影響を与える生死の決定のいかなる部分も、アルゴリズムの冷静な計算に委ねるべきではありません。"、 彼は言った。 

AI は善のための力としてのみ使用されるべきであり、「産業レベルで」戦争を起こして責任を曖昧にするためではありません。 

ヨルダンのアンマンでUNRWA職員らがガザで命を落とした同僚を追悼する式典に出席。

人道的死者 

戦争をブランディングする」最も致命的な紛争」と述べ、196人以上の国連職員を含む175人の人道支援者が殺害され、その大部分がパレスチナ救援機関の職員であることを強調した。 UNRWA

「情報戦がトラウマに拍車をかけ、事実が曖昧になり責任転嫁が行われた」と国連事務総長は述べ、さらにイスラエルがジャーナリストのガザ入国を拒否し、結果的に偽情報の拡散を許したことでさらに状況は悪化したと述べた。 

戦術を変える必要がある 

そして以下 恐ろしい殺人事件 ワールド・セントラル・キッチンのスタッフ7人のうち、最大の問題は 誰が間違いを犯したかではなく、「それらの間違いが拡大することを可能にする軍事戦略と手順が定められている」 何度も何度も」と事務総長は語った。 

これらの障害を修正するには、独立した調査と現場での有意義で測定可能な変更が必要ですに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 

同氏は、国連はイスラエル政府から、ガザへの援助の流れの「意味ある増加」を許可する計画を立てていると伝えられたと述べた。国連事務総長は、援助拡大が速やかに実現することを心から望んでいると述べた。 

「失敗は許されない」 

「劇的な人道状況には、救命援助の提供において飛躍的な飛躍が必要であり、真のパラダイムシフトが必要です。」 

彼は先週のことを指摘した 安全保障理事会の決議 人質の解放、民間人の保護、そして妨げられない援助の提供を求めています。  

「これらの要求はすべて実行されなければなりません。 失敗は許されない"、 彼は言った。 

あれから6か月が経ち、世界はガザでの大量飢餓、地域大火災、そして「世界基準と規範への信頼の完全な喪失」の瀬戸際に立たされている。

破壊されたガザの街路を走る少年。
破壊されたガザの街路を走る少年。

前例のない侵害:国連権利局 

7月XNUMX日以来イスラエルとガザで行われた違反行為、飛び地における民間人の破壊と苦痛は前例のないものであると国連人権事務所は発表した。 OHCHR, 金曜日、さらなる残虐犯罪の危険性が高いと警告した。 

OHCHRは、人道支援活動家に対する攻撃は戦争犯罪に当たる可能性があると指摘し、援助の提供と人道支援活動家の保護を確保する必要性を支持した。 

ワールド・セントラル・キッチンの職員を殺害したイスラエル軍の空爆は、人道支援活動家がガザで活動している恐ろしい状況を浮き彫りにしているとジェレミー・ローレンス報道官はジュネーブで記者団に語った。 

イスラエルはまた、法執行官や人道支援物資の確保に関わった人々を殺害した、市民秩序の崩壊に直接寄与し、人道活動従事者や援助を必要とする人々をさらなる危険にさらしている」と彼は付け加えた。 

攻撃後、ワールド・セントラル・キッチンと他のNGOはガザでの援助物資の配達と配布を停止し、「大規模な飢餓や病気による死者数が増加するというすでに現実的なリスクを増大させた」。 

戦争犯罪の警告 

ローレンス氏はこう思い出した。 米国外の世界各国 法律は、すべての交戦当事者に対し、人道要員を尊重し保護し、その安全、保障、移動の自由を確保することを義務付けています。 

占領国としてのイスラエル 可能な限り最大限にガザ住民の基本的ニーズが満たされることを保証する追加の義務がある。これは、当局が人々が食料や医療にアクセスできるようにするか、この支援を提供する人道支援者の活動を促進する必要があることを意味します。  

「人道支援に関わる人や物体を攻撃すること」 戦争犯罪に当たる可能性がある"と彼は言った。 

同氏は、国連人権高等弁務官フォルカー・テュルク氏が不処罰をやめるべきだと繰り返し述べていると指摘した。 

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-