15.7 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
宗教キリスト教正教会は捕虜交換に協力してくれるだろうか...

正教会はウクライナとロシア間の捕虜交換に協力できるか

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

チャーリーW.グリース
チャーリーW.グリース
CharlieWGrease - 「リビング」のレポーター The European Times ニュース

キリストの復活という正教最大の祝日の前夜、ロシアとウクライナからの捕虜の妻と母親が、正教諸国の上層部、聖職者、すべての信者に対し、息子や兄弟の釈放のために当局に協力するよう求めている。そして夫は「みんなはみんなのために」の原則に基づいています。

その取り組みは、イリーナ・クリニナ、オルガ・ラコワ、ヴィクトリア・イヴレワという3人の女性によって設立された、ロシア連邦軍兵士の帰国を求める公的運動である組織「私たちの出口」である。最初の 2 人は、ウクライナに捕らわれている夫に近づくために祖国を離れ、ウクライナに定住しました。3 人目はジャーナリストで人権活動家です。彼らはロシア政府の政策に同意できないため、ロシアに戻りたくないのです。現在、彼らはロシアの母親と女性が夫を見つけるのを手助けし、捕虜の交換を促進するために取り組んでいる。 「戦時下では、人々は大隊によって測られ、その数字の背後にある人間は目に見えない。私たちは、神の目にはすべての人の魂が大切であり、誰もが救いと許しを受ける権利があるという声を上げることを呼びかける。」 「私たちの出口」のアピールにはこう書かれています。

彼らの訴えには、息子、夫、親族がロシアの捕虜収容所でひどい環境に置かれているウクライナの女性たちも参加している。 「この戦争は、ここウクライナの母親と女性の両方にとって苦痛であり、彼らの息子と男性は国を守るために命を落としています。また、ロシアの女性と母親も同様に苦しんでおり、何らかの理由で息子をこの恐ろしい戦争に送り込んでいます」 」と、2023年XNUMX月末のプロジェクトのプレゼンテーションでオルガ・ラコヴァ氏は述べています(こちら)。 「私たち一般女性が団結すれば、多くのことを達成できるでしょう」と彼女は付け加えた。

ロシアとウクライナの間の最後の捕虜交換は8月XNUMX日に行われ、今のところそのような行為は停止されている。開始者らは、一般に捕虜の釈放は複雑で非常に時間がかかるプロセスであると強調している。さまざまな囚人グループについては、ウクライナとロシアだけでなく、第三国や国際機関も参加しています。通常、これらの交渉では政治的、経済的、軍事的動機が前面に出ます。ロシア側はウクライナ人捕虜を優先して軍事専門家、高度な資格を持つ将校、パイロットを解放する。ロシアはまた、刑務所から徴兵された兵士(いわゆる「囚人」)の釈放にも特別な努力を払っている。彼らは刑務所から出たばかりのロシア軍に、契約終了後は刑期を終えずに釈放されるという約束で徴兵された犯罪者たちだ。彼らは捕虜から解放された後、再び前線に戻されるため、ロシアの交渉担当者にとって興味深いものです。このため、ロシアに動員された軍人や契約労働者は、すぐに祖国に戻る見通しが立っていない。

これらすべてが、すでにストレスを抱えている捕虜の親族を操作する膨大な数の詐欺計画が存在する可能性を生み出します。 「Our Exit」によれば、「全員が全員のために」の交換はそのような慣行に終止符を打つことになるという。

戦争中、捕虜の数は増加しました。正確な数はどちらの側からも報告されていないが、その数は数万人に上る。そして、「Our Way Out」や他の人道団体によれば、ウクライナがジュネーブ条約を遵守し、収容所での生活に必要な要件を提供するのであれば、ウクライナ人の捕虜は恐ろしい状況に置かれることになる。

ローマ・カトリック教会の主導で捕虜交換が何度か行われた 教会、しかし、正教会は今のところそのようなプロセスを開始していません。

2023年XNUMX月、ハンガリーはトランスカルパチア・ハンガリー出身のウクライナ人捕虜を解放する取り組みを開始し、ローマ・カトリック教会のマルタ騎士団とロシア正教会が仲介者として参加した。捕虜はロシアの収容所から解放されてハンガリーに引き渡され、総主教庁はその関与は「キリスト教の慈善活動に動機づけられている」と説明した。

「Our Way Out」という組織の女性たちによると、「各人の魂が重要である場合、捕虜交換の問題を統計の次元から道徳的な人道的議論に持ち込むことができるのは教会だけです。また、交渉して辛辣な問題を克服する意欲を示すこともできます。」

教皇フランシスコは「私たちの退出運動」の訴えに耳を傾け、復活祭のメッセージにロシアとウクライナ間の「オール・フォー・オール」捕虜交換の呼びかけを盛り込んだ。

「私たちの出口」は、正教会がそのような行為の実施において重要な要素となり得るし、そうすべきであると信じている。人間の魂の世話に専念する司祭や羊飼いは、キリスト教の慈善活動が正義を超えたものであることを知っており、捕らえられた人の中に苦しむ人間を見ることができます。キリストの復活の前夜、彼らは地元の正教会に対し、イースターの捕虜の一般交換(一方の側から全員ともう一方の側の全員)を組織するよう呼びかけます。

正教の復活祭まであと2週間しかない。この復活祭では、双方の捕虜の母親、妻、親族が、「すべてはすべてのために」の原則に基づく共通の解放の訴えを支援できる信仰を持つ人々の同情を期待している。 。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-