14.2 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ヨーロッパウクライナでの戦争により、精神疾患の罹患率が増加しています...

ウクライナでの戦争により、子どもの精神的健康状態が増加していることが新たな研究で判明

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

今週ブダペストで開催された2024年欧州精神医学会総会で発表された新たな研究では、ウクライナ戦争で避難した児童や青少年の間で精神的健康問題が大幅に増加していることが明らかになった。ウクライナ保健省の法医学精神医学研究所が実施したこの研究は、長期にわたる暴力や強制移住が若者の精神的健康に与える壊滅的な影響を浮き彫りにしている。

ユニセフの最近の報告書によれば、「世界の子供たちの状態2021」と述べたように、現在の新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、世界中の若者にとってメンタルヘルスの氷山の一角であると考えられています。ウクライナ戦争はヨーロッパ中の子供たちに壊滅的な精神的打撃を与えている。紛争地域に直接いる人々以外にも、絶え間ないメディア報道によって恐怖と不安が広がり、広範囲に不安と絶望を引き起こしています。戦争や軍事的侵略の経験は、子どもたちの身体的および精神的健康に長期的かつ永続的な影響を及ぼし、子どもたちの発達に広範囲かつ長期的な影響を与える可能性があります。

これらの影響は、不十分な医療、栄養失調、感染症、家族の苦痛などのさまざまな課題から生じる可能性があり、それらはすべて精神的健康に重大な影響を与える可能性があります。

この研究では、ウクライナの戦争で荒廃した地域から避難した785代の若者6人を調査した。研究者らは、避難後 12 ~ XNUMX か月の間に、さまざまな精神的健康状態の有病率が大幅に増加することを観察しました。

この研究は、2022年から2023年のウクライナの児童集団の精神的健康状態に関する重要な情報を提供します。児童人口の約 XNUMX 分の XNUMX が、不安、トラウマ性ストレス、その他のさまざまな精神的健康上の問題に関連した問題を抱えています。

これらの精神的健康問題の主な危険因子には、年齢が若いこと、献身的な関係を築けていないこと、家族環境の中で子供時代に前向きな経験が少ないこと、ロシアの侵略による生活の深刻な混乱を経験していることが含まれます。

「これらの発見は、ウクライナの若者の精神的健康に対する戦争の永続的な影響に関する懸念すべき状況を浮き彫りにしている。これらのことは、ウクライナ国内と受け入れ国の両方で、戦争の影響を受けた子供や青少年に対する精神保健サービスへのアクセスを増やす緊急の必要性を強調しています」と欧州精神医学会会長のヘルト・ドム教授は説明する。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-