14.8 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
宗教キリスト教エストニア内務大臣は、モスクワ総主教庁をテロリスト認定するよう提案した...

エストニア内務大臣、モスクワ総主教庁をテロ組織に認定するよう提案

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

エストニア内務大臣で社会民主党党首のラウリ・ラーネメツ氏は、モスクワ総主教庁をテロ組織として認定し、エストニアでの活動を禁止することを提案する予定である。

同政府議員は木曜夕方、テレビ局ETVの番組「ファーストスタジオ」でこのような発言をした。大臣によれば、内務省の専門知識と、受け取ったばかりの治安警察の評価に基づいて、エストニア正教会とモスクワ総主教との関係を断ち切るための措置を自ら講じる以外に選択肢はない、とのこと。 。

「入手可能な状況を考慮すると、内務大臣として私には、モスクワ総主教庁がテロリストであり、その活動においてテロを支援していると宣言することを提案する以外に選択肢はありません。その結果、内務大臣は法廷に出廷し、ここで活動している教会組織の活動を停止するよう提案することができるようになる。これは教区民には影響せず、教会が閉鎖されるという意味ではないが、モスクワとの関係が断たれることを意味する」と大臣は述べた。

「今日、モスクワ総主教庁は本質的に世界のテロ活動を主導しているウラジーミル・プーチン大統領に従属していることを我々は認識しなければならない」と政治家は強調した。

ラーネメッツ氏によると、過去2年間、法執行機関は安全上の懸念からエストニア正教会の代表者を議員に何度も呼び出さなければならなかったという。しかし、ロシア正教会とパトル師の後援による世界ロシア人民評議会の最近の声明は、次のように付け加えた。シリル氏は、ロシアの対ウクライナ戦争は「聖なる」ものであるとし、状況を新たなレベルに引き上げた。同大臣は、「もし類似点を引けば、現在モスクワで活動している総主教と総主教庁は、西側世界とその価値観に対して『聖戦』を行っていると主張するイスラムテロリストと何ら変わらない」と述べた。

同議員はすでにラーネメッツ氏の発言に反応し、「宗教戦争と魔女狩りの暗い時代が戻ってきた」と述べている。 「モスクワ総主教庁がテロ活動に関与していないことは、正気の人間であれば明らかだ」とクレムリン報道官のマリア・ザハロワ氏は語った。

同時に、ロシアでは、テロ活動またはテロ支援の告発が政治的弾圧の手段として広く使われている。アンドレイ・クラエフ執事は、ナワリヌイ氏の死に対する悲しみを公に表明した何百人もの人々と同様に、ロシアで活動禁止になっているエホバの証人がテロ活動の容疑で告発されていることを回想する。 「ロシアでは毎日、テロ活動に参加していないことを正気の人なら知っている人々に対する弾圧のニュースが流れている。しかし、モスクワ総主教庁はそれに乗り気ではなかった」と彼はブログに書いた。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-