22.7 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
宗教キリスト教エストニアの教会はロシア世界の考えとは異なっていました...

エストニアの教会は、福音主義の教えを置き換えるロシア世界の考えとは異なっていた

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

チャーリーW.グリース
チャーリーW.グリース
CharlieWGrease - 「リビング」のレポーター The European Times ニュース

エストニア教会の聖会議は受け入れられない、ロシア世界が福音主義の教えに取って代わるという考え

モスクワ総主教庁傘下の自治教会であるエストニア正教会の聖会議は2月XNUMX日、XNUMX月末にキリスト教会で開催された世界ロシア人民評議会で採択された綱領文書とは異なる声明を発表した。ロシアの首都にある救世主教会。

これもまたロシア人です 教会 ロシア連邦の国境外に管轄権があり、モスクワの政治的・教会的中心の考えを共有しているかどうかを教区民や地元の世俗当局に説明する必要がある。

「ロシア世界の現在と未来」という文書は、ロシア国民の神による選挙と、国境がロシア連邦の国境を越え、目に見える中心がモスクワにある「ロシア世界」の存在について語っている。モスクワは、「ロシア南西部の土地」と呼ばれる隣国の領土で「ロシア世界」の解放のための「聖戦」を繰り広げている。西側の民主主義は「悪魔的」であり、世界を救う運命にある神に選ばれたロシア国民の敵であると定義されている。

エストニア滞在許可を拒否され、モスクワから遠隔地で教区を管理しているエストニアのエフゲニ府主教の沈黙は、エストニア当局によってこの文書に対する政治的合意と受け取られた。

エストニア議会では、いわゆる「ナカズ」(ロシアの処刑令)発令から50週間も経ったのに、エストニア正教会はなぜコメントしなかったのかという疑問が提起された。第一党「祖国」のエストニア国会議員A・カリコルムは、エストニア教会の象徴的な金額による収益性の高い賃貸借契約をXNUMX年間打ち切ることを提案した。そのようなテナントは、不謹慎な行為を理由に敷地を明け渡し、ここで反エストニア的行為を停止しなければなりません。政府には契約を解除し、財産をエストニア使徒正教会(コンスタンティノープル総主教庁)に譲渡する以外に選択肢はない。これにより、すべての正教会の信者が教会で神に仕え続ける可能性が保たれます。」

世俗当局のこれらおよびその他の行為を受けて、エストニア国教会教会会議は声明を発表した。

声明はまず、この文書は教会の機関ではなく公的機関の著作であると述べたが、この機関はロシア総主教キリルが議長を務め、数十人の大都市圏の住民やロシア正教教会会議の会員が参加していた。さらに、エストニア教会の信者は祖国エストニアを愛し、自分たちを地元社会の一員であると考えていると言われているが、文書ではそれが敬虔な「ロシア世界」に敵対的であると定義されている。

最後に、ロシア世界の考え方は福音主義の教えに優先するものであり、エストニアのキリスト教徒には受け入れられないと述べられている。

声明の全文は次のとおりです。

「今年3月末、世界ロシア人民会議がモスクワで開催され、その決定はエストニア社会に大きな影響を与えた。社会の懸念を理解して、モスクワ総主教庁のエストニア正教会のシノドスは、私たちの教会の教区民と、エストニア正教会の立場に関心のあるすべての人にメッセージを送ります。

ロシア人民議会は他国の公的機関であり、その決定は、ロシア正教会の代表者の参加にもかかわらず、モスクワ総主教庁のエストニア正教会とは何の関係もありません。教会会議の声明の中で、私たちは何度も「教会経済、教会行政、学校教育、教会民事」における教会の自治を示してきました(Tomos 1920)。私たちは、この評議会の最終文書を受け入れません。なぜなら、私たちの意見では、それは福音主義の教えの精神に対応していないからです。

エストニア正教会 (EOC) の教区民は、エストニアの国民および居住者として、自国の文化、習慣、伝統に対して深い敬意と愛情を持ち、自らをエストニア社会の一員であると考えています。

ロシア世界の考えは福音主義の教えに取って代わり、私たちキリスト教徒はそれを受け入れることができません。教会はキリストにある平和と一致を宣べ伝えるよう求められています。私たちの教会では毎日このことを説教しています。このおかげで、さまざまな見解、さまざまな国籍、さまざまな信念を持つ人々が礼拝に参加し、精神的なサポート、サポート、慰めを受ける機会を得ることができます。

私たちはエストニア正教会(EOC)のすべての会員に対し、独立したエストニアのすべての人々の平和と安全のために祈るよう呼びかけます。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-