9.5 C
ブリュッセル
水曜日、6月12、2024
宗教キリスト教エルサレム滅亡の預言

エルサレム滅亡の預言

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

教授より。 AP ロプキン

第21章 1-4.未亡人は二度眠った。 5-38.エルサレムの滅びとキリストの再臨の預言。

ルカ 21:1。そして目を上げたとき、金持ちたちが寄付を国庫に入れているのが見えました。

神殿の宝物庫に12シェケルを落とした未亡人の物語は、伝道者マルコの物語のほぼ正確な繰り返しです(マルコ41:44-XNUMXの解釈を参照)。

「目を上げた」。それまで主は弟子たちに語っておられました。今、イエスは神殿に入ってくる人々を見回し、やもめの姿を目にします。

「寄付する」 – より正確には「贈り物に」(εἰς τὰ δῶρα)、つまり、金持ちが国庫にある贈り物に自分自身を追加しました。

ルカ 21:2。彼はまた、そこでレプタを二枚入れている貧しい未亡人を見ました。

ルカ 21:3。 「本当のことを言いますが、この哀れな未亡人は誰よりも多くの人を手放しました。

ルカ 21:4。というのは、これらの人々はみな、余剰の中から神に捧げ物をささげ、彼女は怠惰の中から、自分の持っている糧をすべて差し出したからである。

ルカ 21:5。また、神殿が立派な石や供物で飾られていると言う人がいると、イエスはこう言われました。

エルサレムの破壊と世界の終末に関する言説の序文は、マルコの福音書に従って略語で示されています(マルコ13:1-4の解釈を参照)。

"いくつかの"。ここではおそらくキリストの弟子たちを意味していると思われます(7 節およびマルコ 13:1 参照)。

「素敵な石」。 (マルコ13:1参照)。

「お供え物」(ἀναθήμασι)。これらは、ヘロデ大王から贈られた金のつるなど、有名な機会に神殿に行われたさまざまな寄付です(ヨセフス、「ユダヤ戦争」、VI、5、2)。

ルカ 21:6。あなたがここで見ているもののうち、投げ落とされない石が一つも他の石の上に残らない日が来るでしょう。

ルカ 21:7。そこで彼らはイエスに尋ねた、「先生、これらの事はいつ起こりますか。また、これらの事が起こる時はどんなしるしがありますか?」

"いつになりますか"。明らかに質問者たちはエルサレムの滅びだけを念頭に置いていますが、彼らの考えの中のこの事実は世界の滅びと密接に関係していたので、後者については何も質問しませんでした(マルコ13:4参照)。

ルカ 21:8。そして彼は言われた、「騙されないように気をつけなさい。というのは、多くの人が私の名のもとにやって来て、私が彼であり、その時が近づいていると言うからです。したがって、彼らを追ってはいけない。

ここで主は、来るべきメシアの時代、つまりメシアの輝かしい王国の幕開けの時についての予兆について語られます。

ルカ 21:9。そして、戦争や騒乱のことを聞いても、恐れる必要はありません。これが最初に起こらなければなりません。しかし、すぐには終わりません。

ルカ 21:10。それから彼は彼らに言った、「国家は国家に対して、王国は王国に対して立ち上がるだろう。

「それから彼は彼らに言った」、つまり予備的な警告の後、彼は差し迫った災害について説明し始めた。

ルカ 21:11。場所によっては大地震や飢餓や疫病が起こり、天からの恐怖や大きな前兆があるでしょう。

「場所で」、つまり、今そこに、今は別の場所にいます。

"空から"。この定義は、前述の「外観」と「兆候」の両方の表現に適用されます。詳細はマルコ 13:6-8 の解釈に記載されています。マット。 24:4-7。

ルカ 21:12。そして、このすべての前に、彼らはあなたに手をかけてあなたを追い出し、あなたを会堂や刑務所に引き渡し、私の名のために、あなたを王や支配者の前に連れ出すでしょう。

福音書記者ルカは、それ以前にキリストの弟子たちに降りかかるであろう災難について、概ねマルコに従って記述しています(マルコ13:9-13)。

「これらすべての前に」つまり、これらの災いはエルサレムの滅びの前にさえあなたに降りかかるでしょう。

ルカ 21:13。そしてこれがあなたの証人となるでしょう。

「それはあなたの証しのためです」、つまりこれを通してあなたはわたしへの忠誠を示すことができるようになる。

ルカ 21:14。ですから、何と答えるべきかを事前に考えないように気を付けてください。

ルカ 21:15。わたしはあなたに口と知恵を与えてあげるから、それはあなたのすべての敵対者が反論も抵抗もできないであろうからである。

「口」、つまり雄弁かつ説得力を持って話す能力。これは、聖霊が使徒たちに遣わされたときに使徒たちが受け取ったものです(使徒6:10参照)。

ルカ 21:16。また、親や兄弟、親戚や友人に裏切られ、死刑に処せられる人もいるでしょう。

ルカ 21:17。そうすれば、わたしの名のために、あなたがたは誰からも憎まれることになるだろう。

ルカ 21:18。しかし、あなたの頭の髪の毛一本も枯れることはありません。

「そしてあなたの頭の髪の毛一本も滅びないでしょう。」通常の解釈(たとえば、ミハイル・ルージン司教による福音の解釈を参照)によれば、ここでは、神は福音の宣教に必要な弟子たちを守り、彼らの命を守るだろうと言われています。しかし、そのような説明は、16節の「あなた方の中には死刑に処される者もいる」という表現と一致しません。より可能性の高い見解は、これが弟子たちの霊的保護について語っているということです。「あなたの救いの働きにおいて、上記のどれもあなたに害を及ぼすことはありません」。 19 節の意味はこの解釈に対応しており、そこでは間違いなく、キリストの弟子たちは苦しみの中で忍耐することによって永遠の真の命のために保たれると言われています(マルコ 13:13)。最後に、私たちはこの場所を、たとえ使徒たちが苦しみや苦痛に苦しんだとしても、それは神によって許された場所に限られるというふうに理解することができました(マタイ10・30参照)。

ルカ 21:19。あなたの忍耐によってあなたの魂を救ってください。

ルカ 21:20。そして、エルサレムが軍隊に包囲されているのを見たら、その荒廃が近づいていることを知りなさい。

エルサレムの滅びについて福音記者ルカは、概ねマルコに従って語っていますが(マルコ13:14以下)、いくつかの特徴があります。

「軍隊に囲まれたエルサレム」。ある人たち(我が国のミカエル・ルージン司教)は、マルコ(とマタイ)が語っている「荒廃の忌まわしいこと」とは何なのかをここで伝道者ルカが説明しているのではないかと提案しています。しかし、そのような解釈には根拠がありません。軍隊で都市を包囲しても、まだ都市を「見捨てる」ことにはなりません…

ルカ 21:21。それからユダヤにいる人々は山に逃げなさい。そして町にいる者はそこから出て行きなさい。周囲にいる者はその中に立ち入らないようにし、

「ユダヤにいるのは誰ですか。」 20節(「見る」-「知る」)から明らかなように、これはキリストの弟子たちにも当てはまります。したがって、たとえ都市が包囲されても、都市から脱出する機会は依然として存在します(20節)。

ルカ 21:22。なぜなら、この日々は、書かれていることすべてが成就するための復讐の日々だからである。

「書かれていることをすべて実行すること」。ここには、70週に関するダニエルの預言(ダニエル9:26-27)を含む、エルサレムの滅びに関する数多くの預言が暗示されています。

ルカ 21:23。そして、空虚でない人々と当時の授乳中の母親は不幸です。なぜなら、地には大きな災難があり、その民には怒りがあるからである。

ルカ 21:24。そして彼らは剣の刃に倒れ、すべての国々の間で捕虜として連れ去られるでしょう。そしてエルサレムは異邦人の時代が終わるまで異邦人によって踏みにじられることになる。

「剣の刃の下で」。より正確には、「剣の口から」(στόματι μαχαίρας)。剣は噛みつく獣として表現されています(創世記 34:26、申命記 13:15 参照)。ヨセフスによれば、エルサレムの包囲と占領中に約XNUMX万人のユダヤ人が死亡したという。

「捕虜にされることになる」。 9万7千人が捕虜となり、そのほとんどがエジプトや他の地方にいた。

「エルサレムは異邦人によって踏みにじられるであろう」。ここで都市は、異邦人が極度の軽蔑の目で扱う人物として表現されています(イザヤ書 10:6、黙示録 11:2 参照)。

「異邦人の時代が終わるまで」、つまり、異邦人がユダヤ人に対する神の裁きを遂行するために定められた期間が満了するまで(聖ヨハネ・クリュソストモス)。これらの「時」(καιροί)はキリストの再臨で終わらなければなりません(25-27節参照)。それはこの演説を聞く人たちがまだ生きている間に起こらなければなりません(28節「頭を上げなさい」)。したがって、これは長期間の問題ではあり得ず、したがってコンスタンティヌス大王の下での異教の滅亡の預言、ましてや「全異邦人」(ロマ 11:25)の改宗などの預言であるはずはありません。キリスト。ここでのキリストの到来は、世の終わりの前にキリストが到来するのではなく、聖霊によってキリストが到来することを理解すべきであることは明らかです。そうでなければ、再臨についてのスピーチは古いものの精神で語られたものと見なされるべきです。聖書の預言 (マタイ 24 章の解釈を参照)。

ルカ 21:25。そして太陽や月や星々には前兆があり、地上では人々の困惑や海の騒音や興奮から悲しみが起こるだろう。

再臨には福音記者ルカが語った特別なしるしが先行し、マルコの福音書に近づきます(マルコ13:24-31参照)。

「太陽の前兆」。参照。マルコ 13:24。

「当惑による国々の悲しみ」。より正確に言えば、海と波の騒音の前で絶望的な精神状態にある国々の悲しみ(海の騒音とその動揺こそ、人々が絶望的な精神状態で立ち向かうものである、συνοχὴ ἐθνῶν ἐν ἀπορίᾳ) )。

ルカ 21:26。そのとき人々は、宇宙に降りかかろうとしているものに対する恐怖と期待から身を引くだろう。なぜなら、天の力も揺るがされるからである。

「恐怖からの解放」。イメージが強まるにつれ、私たちはここで単なる無力感ではなく、人間の最後の息を完全に吐き出す様子を見ることになります。したがって、より正確な訳は「彼らは恐怖で死ぬだろう」(ἀποψυχόντων ἀνθρώπων ἀπὸ φόβου)です。

「天の力は揺るがされるだろう」。これは、海の異常な動揺や世界のその他の混乱の原因となるでしょう。

ルカ 21:27。そして彼らは、人の子が力と偉大な栄光を持って雲に乗って来るのを見るでしょう。

ルカ 21:28。そして、これらのことが実現し始めたら、立ち上がって頭を上げてください。あなたの解放は近づいているからです。

「あなたの救出」は「選ばれた者たちへの復讐」と同じです(ルカ18:7)。悪人の裁きと、キリストの名のために苦しむ人々の栄光が始まります。

ルカ 21:29。そして彼は彼らにたとえ話をしました:イチジクの木とすべての木を見なさい:

イチジクの木が葉を咲かせると夏の到来を示すように、これらの兆候の出現と宇宙の変化は、「夏」、つまり義人に訪れる神の国が来ることを示す兆候です。冬と嵐の後の夏。同時に、罪人には冬と嵐がやって来ます。なぜなら、彼らは今の時代を夏と考えており、これからの時代は彼らにとって嵐であると考えているからである。 (祝福されたテオフィラクト)。

ルカ 21:30。彼らがすでに運転しているとき、そしてこれを見ると、あなた自身ももうすぐ夏であることがわかります。

ルカ 21:31。したがって、これらのことが起こるのを見たとき、神の国が近づいていることを知りなさい。

ルカ 21:32。実を言うと、これらのことがすべて満たされるまで、この世代は滅びません。

ルカ 21:33。天と地は過ぎ去るが、わたしの言葉は過ぎ去ることはない。

ルカ 21:34。したがって、過食、酩酊、人生の心配事で心が煩わしくなり、その日が突然あなたを襲うことのないように、自分に気をつけなさい。

このスピーチの最後にある戒めの性格はマタイとマルコの両方に見られますが、マルコとマタイではその勧めははるかに単純で短いです(マルコ13:33以下、マタイ24:42参照)。

「過食」 – より正確には、酩酊(μέθῃ)ではなく、昨夜の酩酊(κραιπάλῃ)の結果としての「二日酔い」です。

「その日」、すなわち再臨と裁きの日。

「あなたに追いつくために」。この日は、人々を予期せず捕まえることとして擬人化されています。

ルカ 21:35。なぜなら、彼は地の全面に住むすべてのものに対する罠として来るからである。

その日は突然やって来ます。それはすべての忠実な僕にとって報いの日であるのと同様に、その召しに達​​せず、大いなる日への備えができていないすべての人にとっては懲罰の日となるでしょう。

「罠のような」(παγὶς) – 狩猟者が動物や鳥に投げる網(イザヤ書 24:17 参照)。

ルカ 21:36。したがって、これから起こるすべてのことから逃れて、人の子の前に立つことができるように、常に目を覚まして祈ってください。

"いつでも"。この表現は、「祈る」という言葉(δεόμενοι)とより適切に結びついています。なぜなら、主は上で絶え間ない祈りについても語られたからです(ルカ 18:1-7)。

「そうなるように」というのが祈りの目的であり、それが祈りの内容です。最良の法典によれば、ここにはこう書かれています:力を持つこと、できること(κατισχύσατε、καταξιωθῆτεではありません)。

「すべてを回避した」、つまり、あなたに降りかかるすべての危険を安全に通り抜け、あなたの命を救うこと。神に選ばれた者としての彼らの立場(19節とルカ18:7参照)。

「人の子を通して立ち上がる」(マルコ13・27参照)。選ばれた者は天使たちによってキリストの前に置かれ(σταθῆναι)、キリストの周りに選ばれた従者を形成します(Ⅰテサロニケ1:4参照)。これは神に選ばれた人々を裁くことではありません。

ルカ 21:37。日中は神殿で教え、外出するときはオリーブ山で夜を過ごしました。

ここでは、キリストの生涯の最後の時期における活動の概要を示します。日中、主は敵を恐れず、教師として神殿で語り続けられますが、夜になるとオリーブ山に退かれます(マルコ11・19参照)。

ルカ 21:38。そして民は皆、イエスの話を聞くために神殿にいるイエスのところにやって来た。

ロシア語の情報源: 解説聖書、または旧約聖書と新約聖書のすべての聖書の注釈: 7 巻 / Ed.教授APロプキン。 – エド。 4番目。 – モスクワ: ダール、2009 年、1232 ページ。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-