13.5 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
機関国連ライブ更新: 安全保障理事会の短期会合のためパレスチナ救援機関の責任者...

ライブ更新:ガザ危機に関する安全保障理事会の短時間出席のため、パレスチナ救援機関長官

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

1:40 PM – フィリップ・ラッザリーニ氏は、ガザ地区のほとんどが地元職員12,000万XNUMX人以上によって提供される重要なサービスが最も必要とされているときに、政府機関がその運営を弱体化させる「計画的かつ協調的なキャンペーン」に直面していると述べた。

これまでのところ、約178 UNRWA 昨年10月にイスラエルによる砲撃と軍事作戦が始まって以来、ガザで働く当局者が殺害されている。

イスラエル政府は12月、7月XNUMX日のテロ攻撃に参加したとしてUNRWA職員XNUMX人を告発する情報を国連に提出したが、その証拠はまだ組織に提供されていない。 UNRWAはそれにもかかわらず、彼らの雇用を解雇し、内部調査を開始した.

国連事務総長もまた、 元フランス外務大臣が監督する独立した審査 キャサリン・コロンナ氏は今週末に報告する予定だ。

資金危機

米国主導の約16カ国は、共謀疑惑を受けてUNRWAへの資金凍結、つまり今後の資金提供の停止を発表したが、それらの国の一部はその後方針を転換し資金提供を再開した。

ラッザリーニ氏はUNRWAに任務を与えている総会に書簡を送り、 その後、3月に加盟国に説明と述べ、同機関は地域全体で「限界点」に達しており、停止に追い込まれるという深刻な脅威にさらされていると述べた。 

イスラエルが3月下旬、ガザ北部へのUNRWAの食糧輸送船団を今後承認しないと発表したことは、時計の針が「飢餓に向けてより早く進んでいる」ことを意味すると同氏はX(以前はツイッター)で述べた。

 

ニューヨークで外交継続

大使らが最後に会ったのはガザの人道危機についてだった 5月XNUMX日 国連援助当局のトップらが、紛争開​​始から6か月後に現地での大虐殺を終わらせるよう安全保障理事会に訴えているのを聞いたときのことだ。

4月の議長国を務めるマルタ代表団はXへの投稿で、今週金曜日にアルジェリアが提出した決議草案について採決が行われると述べた。 

この草案は、中東危機を受けてパレスチナを国連の正式加盟国として認めようとする一部諸国の外交的圧力に焦点を当てている。  

国連加盟に関する特別委員会は今週決定的な勧告を出さなかったが、アルジェリア草案はパレスチナ国家が「国連への加盟を認められる」ことを総会に勧告している。

ここで思い出してください 25 月 XNUMX 日の理事会会議のハイライト ラマダン期間中の即時停戦を要求する決議を可決した。

  • 国連 安全保障理事会 決議を採択する ラマダン期間中のガザでの停戦を要求する非常任理事国10カ国(E-10)が、賛成14、反対なし、棄権XNUMXの投票で提出(米国)
  • 決議2728はまた、人質の即時解放とガザへの人道的アクセスの確保を求めている。
  • 安保理は恒久的な停戦を求めるロシア提案の修正案を拒否した
  • 米国大使は、彼女の代表団が草案の重要な目的を「完全に支持している」と述べた
  • アルジェリア大使、停戦により「流血事件」は終わると語る
  • 「これは転換点に違いない」とオブザーバーであるパレスチナ国の大使は言う
  • 草案にハマス非難がないのは「恥ずべきことだ」とイスラエル大使

国連会議の概要については、国連会議の報道の同僚をご覧ください。 英語 および フランス語

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-