13.5 C
ブリュッセル
土曜日、5月18、2024
機関国連ガザ:人権専門家、イスラエル軍による破壊におけるAIの役割を非難

ガザ:人権専門家、イスラエル軍による破壊におけるAIの役割を非難

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

「現在の軍事攻撃から1967か月が経過し、記憶にあるあらゆる紛争と比較して、割合で見てガザではより多くの住宅と民間インフラが破壊されている」と、ガザの人権状況に関する特別報告者のフランチェスカ・アルバニーズを含む専門家は述べた。 XNUMX年以来占領されているパレスチナ領土。

専門家らは声明で、ガザの全住宅の60~70パーセントが、 ガザ北部の家屋の最大84パーセントが完全に破壊されたか、 または部分的に破損している

ガザの「ビーチフロント」物件 

このような「組織的かつ広範な破壊」は人道に対する犯罪であると専門家らは、国連職員ではなく、その仕事に対して給与も受け取っていないと主張し、その後アルバニーズ女史が著書で主張した「数多くの戦争犯罪と大量虐殺行為」を指摘した。に報告する 人権理事会

「イスラエル公務員がパレスチナ人にガザから退去し、再び入植地を建設するために『ガザを取り戻せ』という呼びかけに参加しており、著名な元米国政府高官が『ガザの海岸沿い』の不動産に対して表明した表向きの熱意を考えると、イスラエルの意図が遠くまで行き渡っていることにほとんど疑いの余地はない。ハマスの軍事的敗北という目的を超えている」と専門家らは主張した。 

ガザ地区への被害は18.5億ドルと推定されており、これはガザとヨルダン川西岸の経済全体の97%に相当する。この推定額の 70% 以上が住宅の建て替えにかかる費用で、残りの 19% は水道、衛生設備、電力、道路などの民間インフラの費用です。

「家は失われ、それとともにパレスチナ人の記憶、希望、願望、そして土地、食料、水、衛生、健康、安全、プライバシー(特に女性と少女の)の権利を含む他の権利を実現する能力も失われてしまいました。教育、開発、健全な環境、自己決定です」と権利専門家は述べた。

北に戻ります

週末、ガザ国内では数千人が飛び地北部の自宅に戻ろうとしたと伝えられている。

ガザからの映像には、北の海岸道路に沿って群がるあらゆる年齢層の人々が写っており、大半は徒歩、その他はロバ車に乗っている。

ニュース報道によると、イスラエル軍の戦車が道路を封鎖し、パレスチナ人は引き返しを余儀なくされたという。

他の報道によると、イスラエル軍の砲撃は月曜も飛び地全域で続き、ガザ中部のヌセイラト難民キャンプも攻撃され、5人が死亡、数十人が負傷した。 

ガザの保健当局からの最新データによると、 33,200月7日以来、この飛び地ではXNUMX人以上が殺害された、大多数は女性と子供です。イスラエルでのハマス主導の攻撃では1,250人以上の命が奪われ、250人以上が人質となった。

パン屋のライフライン

これに関連して、国連世界食糧計画 (WFP)日曜日に発表した。 ガザ市のパン生産再開を支援、パン屋の製パン機械に燃料を提供したり修理したりした後。

7月140日にイスラエルで起きたハマス主導のテロ攻撃に応じてイスラエルによる継続的な砲撃が始まる前、ガザ地区には約XNUMXの工業用パン屋があった。 

国連WFPはXへのツイートで、数か月間休業していたパン屋1軒に燃料を配達し、ガザ人への援助が「ほぼ絶たれている」飛び地北部の絶望的な人道状況の一因となったと述べた。 

「WFPはパンが入手できるよう小麦4やその他の資源を提供し続けますが、この量は ここ4日間だけ」と国連機関は改めて訴え、「安全、 持続する そして飢餓を防ぐためのアクセスの拡大。」

ラファの不確実性

そして、イスラエル軍がラファを攻撃するかどうかについて不確実性が続く中、国連難民機関(UNHCR)フィリッポ・グランディ首長は、飛び地の最南端の都市から隣国エジプトへの新たな避難危機を引き起こすことに対して警告した。

「ガザからエジプトへの新たな難民危機 – あなたが政府の責任者だったと断言できます。 UNRWA 私自身、知識に基づいて話しますが、イスラエル・パレスチナ紛争の結果として、パレスチナ難民問題の解決は不可能になるでしょう」とグランディ氏は国連パレスチナ難民機関について言及した。 

「ですから、私たちはこのようなことが起こらないように全力を尽くして取り組む必要があります。これが、私たちが常に優先事項はガザ地区へのアクセスを確保することだと言い続けてきた理由であり、それがこの事態の発生を防ぐことができる唯一の方法だからです。」

 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-