18 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
宗教キリスト教ケープコースト。世界キリスト教フォーラムからの嘆きの声

ケープコースト。世界キリスト教フォーラムからの嘆きの声

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

マーティン・ヘガー

アクラ、19 年 2024 月 XNUMX 日。ガイドは私たちにこう警告しました。アクラから 150 km 離れたケープ コーストの歴史は悲しく、反抗的なものです。私たちは精神的にそれに耐えられるように強くなければなりません! 17 世紀にイギリス人によって建てられたこの要塞には、世界キリスト教フォーラム (GFM) の約 250 人の代表者が訪問しました。

私たちは、アメリカ大陸へ輸送中の奴隷たちが混雑していた、天窓のない地下通路を訪れます。 9 つの窓がある知事の広い部屋と 5 つの窓がある明るい寝室とは何と対照的でしょう。これらの暗い場所の上に、「福音を広める協会」によって建てられた聖公会の教会があります。 「下では奴隷たちが苦しみを叫びながら、ハレルヤが歌われた場所です」とガイドが説明します。

最も問題となるのは、奴隷制を宗教的に正当化することだ。数百メートル離れた要塞教会とメソジスト大聖堂に加えて、ここから遠くない別の要塞のドアの上部にあるオランダ語の碑文が、そこを訪れた参加者によって私に見せられました。主はシオンを選び、そこをご自分の住まいとされたのです」 詩篇 132 篇 12 節のこの引用を書いた人は何を意味したのでしょうか。別の扉には「帰らざる扉」と刻まれています。植民地に連れて行かれた奴隷たちは、アイデンティティ、文化、尊厳などすべてを失いました。

この要塞の建設から 300 年を記念して、アフリカ創世記研究所は、創世記の一節から次の引用を記した記念銘板を設置しました。それは彼らのものではありません。彼らはそこで奴隷となり、四百年間苦しむことになる。しかし、私は彼らが奴隷であった国民を裁きます、そうすれば彼らは莫大な財産を持って出てくるでしょう。」 (15.13-14)

ケープコーストのメソジスト大聖堂にて

この現代的な奴隷貿易の大聖堂に入ったときに私の心にあった質問は、次のようなものでした。 ケイスリー・エサムア、GFM事務総長:「これらの恐怖は今日どこで続いているのでしょうか? »

その後、地元のメソジスト司教の立会いの下で「嘆きと和解の祈り」が導かれる。詩篇 130 篇のこの聖句は、お祝いの雰囲気を決定します。主よ、私の声を聞いてください」(1節)。説教は牧師によって行われます。 マーリン・ハイド・ライリー ジャマイカ・バプテスト同盟の会員、世界教会評議会中央委員会の副司会者。彼女は自分を「奴隷の両親の子孫」だと認識している。彼女は、ヨブ記に基づいて、ヨブが人間の尊厳を守ることを基本原則として、あらゆる困難をものともせずに奴隷制に抗議していることを示しています。許しがたいことは許されませんし、不当なことは正当化されません。 「私たちはヨブのように自分の失敗を認めて嘆き、神の似姿に創造された共通の人間性を再確認しなければなりません」と彼女は語った。

次に、 セトリ・ニョミ、世界改革派教会共同体の書記長代理は、他の改革派教会の代表2名とともに、キリスト教の不正義への共犯を非難した2004年に出版されたアクラ告白を回想した。 「この共謀は続いており、今日も私たちに悔い改めを求めています。」

はどうかと言うと ローズマリー・ウェナー、ドイツのメソジスト司教である彼女は、ウェスリーが奴隷制に反対する立場をとったことを思い出します。しかし、メソジスト派は妥協してそれを正当化した。許し、悔い改め、回復が必要です。「聖霊は私たちを悔い改めだけでなく、償いにも導いてくださいます」と彼女は述べています。

この祝賀会は、アメリカの綿花プランテーションの奴隷が作曲した非常に感動的な「ああ、自由」などの歌で中断されました。

オー・オー・フリーダム/オー・オー・フリーダム・オーバー・ミー
でも奴隷になる前に/墓に埋葬されるだろう
そして私の主のもとに帰って自由になってください

ケープコースト訪問の余韻

この訪問は GCF の会合を記念したものでした。その後、何人かの講演者が、それが彼らに与えた印象を述べました。 モンス・フラヴィオ・パーチェキリスト教一致推進外交官庁(バチカン)の書記長は、聖週間中、エルサレムのガリカンテのサン・ペテロ教会の下、イエスが閉じ込められていた場所で、詩篇88篇を唱えて祈ったと述べている。私は最も低い穴、最も暗い深みにいます。」 (6節)。彼は奴隷の要塞でこの詩篇を思い出しました。 「私たちはあらゆる形態の奴隷制に反対し、神の現実を証しし、福音の和解の力をもたらしなければなりません」と彼は述べた。

「良い羊飼いの声」(ヨハネ10章)を黙想し、 ローレンス・コッヘンドルファー、カナダのルーテル派司教は次のように述べています。奴隷たちの叫び声が聞こえました。今日、別の声が叫ぶ新たな形態の奴隷制が存在します。カナダでは、何万人ものインド人が家族から引き離されて宗教寄宿学校に連れて行かれた。

この忘れられない訪問の翌日、 エスメ・バウワーズ 世界福音同盟の女性は、奴隷船の船長が書いた心のこもった歌「アメイジング・グレイス」を口にしながら目覚めた。彼は奴隷制に反対する熱烈な戦士となった。

一番感動したこと ミッシェル・シャモン レバノンのシリア正教の司教は、フォーラム期間中、次のような質問をした。 » すべての奴隷は尊厳を持って生きる権利を持った人間であり、イエスへの信仰によって永遠の命を受ける運命にあります。神の御心は、私たち全員が救われることです。しかし、奴隷制には別の形態もあります。それは、自分自身の罪の囚人であるということです。 「イエスに許しを求めることを拒否すると、あなたは恐ろしい状況に陥ります。それは永遠の結果を招くからです」と彼は言います。

ダニエル・オコーアフリカの確立された教会の組織の一員である彼らは、金銭への愛の中に、あらゆる不法行為と同様に奴隷制度の根源があるとみなしています。これを理解できれば、許しを求めて和解することができます。

インドの福音派神学者にとって リチャードハウエル、創世記の最初の章によれば、インドで永続するカースト制度は、神の似姿に創造された人間の真実を私たちに強制的に再確認させます。そうすれば差別はあり得ない。これは、彼がケープコーストを訪れたときに考えたことです。

親愛なる読者の皆さん、私たちがこの恐ろしい場所で見たこと、そしてケープコスト大聖堂で経験したことを詳しく語るように促されているので、私はキリスト教フォーラムの第4回世界会議のこの重要な瞬間を、彼が呼び起こした考察とともに皆さんに届けました。 。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-