20 C
ブリュッセル
月曜日、月20、2024
インタビューフランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認

フランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認

ヴィリエ・シュル・マルヌ作戦: 証言

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

ヴィリエ・シュル・マルヌ作戦: 証言

ヴィリエ・シュル・マルヌ作戦: 証言

28年2023月6日午前175時過ぎ、黒いマスク、ヘルメット、防弾チョッキを着た約XNUMX人の警察官からなるSWATチームが、半自動銃を振り回しながら、パリとその近郊だけでなくニースにもあるXNUMXつの別々の家とアパートに同時に降下した。ライフル。彼らは入り口のドアを叩き、命令を叫びながら階段を上り下りした。

検索されたこれらの場所は、ルーマニアの MISA ヨガスクールと関係のあるヨガ実践者が精神的な静養のために使用していました。その運命の朝、彼らのほとんどはまだベッドにいました。何人かはキッチンでハーブティー用のお湯を沸かしていました。覆面警官らは何人かに手錠をかけ、コートも靴も履かずに屋外の凍える中庭に立たせ、バスで警察署まで連行した。

この大規模な作戦の結果、数十人が逮捕され、そのうち15名(男性11名、女性4名、全員ルーマニア国籍)が「人身売買」、「強制監禁」、「弱みの濫用」の罪で起訴された。組織されたギャングの中で。

MISAの創設者の一人で精神的指導者であるグレゴリアン・ビボラル氏(72歳)も逮捕者の中に含まれていたが、彼の場合は数年前にフランスでフィンランド人女性に対する性的虐待の容疑でフィンランドから指名手配されていた。 「」というタイトルの研究論文の枠組みの中で、ヘルシンキのナタヨガセンターを巡る論争:背景、原因、背景」では、故リーゼロッテ・フリスク教授(スウェーデン、ファールンのダーラナ大学)がフィンランドのビボラルに対する疑惑をしっかりと調査した(20、21、27ページ)。

裁判所の判決が上記の告発を確認しない限り、グレゴリアン・ビボラルは一般市民や著名な公人と同様に推定無罪を享受し続けなければならない。

23年2023月XNUMX日にSWAT作戦の枠組みで尋問された女性のうち、彼に対して告訴を提出した女性はいない。

襲撃以来、ビボラルさんと他の5人はフランスで公判前拘留されたままである。

Human Rights Without Frontiers 20年間MISA実践者であるCCさん(*)に連絡を取りました。襲撃当時、彼女はヴィリエ・シュル・マルヌのヨガセンターにいた。 2002 年から 2006 年まで、彼女はクルージュ ナポカ (ルーマニア) のバベシュ ボリャイ大学の歴史哲学学部で学びました。 2005 年から 2006 年にかけて、彼女は全国紙ルーマニア リベラのジャーナリストを務めました。 SWAT作戦に関する彼女の証言は次のとおりです。

Q.: あなたはルーマニアの MISA グループで 20 年間ヨガを実践してきましたが、ヴィリエ シュル マルヌで精神的なリトリートに行っていたときに、グループに対するスワット作戦がありました。何が起こったのか教えてもらえますか?

A.: 2010 年以来、このようなリトリートのためにフランスに何度も行っていますが、とても気に入っています。そんなわけで、昨年もヴィリエ・シュル・マルヌにXNUMX月下旬からXNUMX月末までのXNUMXヶ月間滞在する予定だった。パリ行きの航空券を予約し、友達が空港に迎えに来てヨガセンターまで連れて行ってくれました。

早朝、SWAT チームが私たちのセンターに華々しく入場し、数十人のヨガ実践者がリトリートのために受け入れられました。警官たちはすべてをひっくり返し、ひどい混乱を引き起こし、さらには多くのものを壊しました。

私の場合、彼らは私のバッグ、書類、電話、タブレット、コンピューター、1000ユーロの入った封筒、そして約200ユーロの財布を取り上げました。 XNUMXか月経った今でも、お金も教材も返還されていません。ドアが開いていて、私はパジャマを着ているだけだったので、部屋は寒かったです。警官たちは私と他の多くの人を警察署に連れて行きました。

Q.: 警察署で何が起こったのですか?

A.: まず第一に、私はパジャマ、コート、ストリートシューズを履いただけだったと言わなければなりません。私たちが警察署に到着したとき、誰も私に手続き、食料や水へのアクセス、その他の基本的なことについて何も説明しませんでした。飲みたくなることがよくありましたが、非常に小さなプラスチックのコップ一杯の水しか入手できませんでした。食べ物についての誤解もありました。彼らは私をコンクリートの床の冷房に入れました。ベッドには薄いマットレスがあり、薄いシーツが1枚だけありました。独房にはトイレがなく、朝洗うことも歯を磨くこともできませんでした。

トイレに行きたくなるたびに、社内の監視カメラに向かって手を振らなければなりませんでしたが、対応してもらえるまでに 1 ~ 2 時間待たなければならないこともよくありました。トイレはきちんと閉まらず、外には警察官が立っていた。

レイプと人身売買の共謀の疑いがあると言われました。私は弁護士の協力を得たかったのですが、逮捕者が多すぎるため不可能であり、弁護士がいない場合は2時間後に取り調べを開始できるとのことでした。

私の拘留9.30日目に、彼らは私の指紋と写真を採取しました。尋問中、私が『MISA』で重要な役割を果たしていると彼らが私に言ってほしかったのは明らかでしたが、私はそうではありませんでした。彼らは午後XNUMX時XNUMX分に私を釈放しましたが、最初に私は押収品のリストや没収金額について一切触れていない釈放書に署名しなければなりませんでした。残念ながら、そのコピーは入手できませんでした。

お金も電話もなかった私は、9月下旬の寒い夜、午前6時までほぼXNUMX時間警察署の外に取り残され、ようやく助けてくれる人に連絡することができました。

Q.: フランク・ダネロール 捜査を担当する人民に対する暴力抑圧中央局(OCRVP)の局長、 いくつかのフランスの新聞は、ヨガ実践者たちは「困難な環境で収容され、著しい乱交があり、プライバシーがない」 (**) ヴィリエ・シュル・マルヌでの生活状況について詳しく教えていただけますか?

A.: それはまったく真実ではありません。私の場合、本館の外にある小さな快適なパビリオン(約7平方メートル)に住むことを選んだのは、24時間、時には寝ずに食べずに、一人でヨガのリトリートを練習し、静かに瞑想したいと思ったからです。

2024 04 16 10.09.52 フランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認
フランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認3

母屋の寝室を2人、3人、または4人で、男女別々にシェアすることを選んだ人もいた。この建物は、モナコのオーケストラで演奏したヴァイオリニストであり、MISA のサポーターであるソリン・トゥルクのものです。広くて快適です。ヨガをする人にとって十分なバスルームとシャワーがあります。ヨガの集団練習のための大きな部屋があります。調理器具を備えた広いキッチン、大きな冷凍庫XNUMX台、フルーツジューサーのドリンクディスペンサー、トースター、洗濯機や乾燥機などのその他の設備が備わっています。

2024 04 16 10.10.38 フランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認
フランスにあるルーマニアのヨガセンターに対するSWATの壮絶な同時襲撃:事実確認4

私たちは自分たちの食事のために地元のスーパーマーケットに買い物に行き、自分たちで食べ物を準備していました。

ダンヌロールが言ったように生活環境がそれほど悪かったなら、これほど多くの修行者はいなかっただろうし、私はヴィリエ・シュル・マルヌにこれほど何度も戻ることはなかったでしょう。

襲撃当時はクリスマス真っ盛りで、すでにたくさんの飾り付けが施されていた。すべてが順調に見えましたが、SWAT 作戦の後、敷地内は悲惨な混乱に陥りました。

Q. MISAヨガグループに入会したきっかけは何ですか?

A.: 私は現在 39 歳ですが、16 代の頃も、人生の意味や神の存在についての真実を探し求めていましたし、今も探し続けています。 XNUMX歳のとき、私は修道女になりたいと思って、正教会の修道院にXNUMXか月間静養したこともありました。それから私はバプテスト派に会いました。その後、ヒンズー教徒とハレ・クリシュナの信奉者が、MISAヨガグループと接触しました。私は瞑想とスピリチュアルに惹かれました。私は神を信じています。私は正統派で、MISA との関係は良好です。

一部のメディア報道について: 推定有罪

いくつかの妄想的な見出しが示すように、多くのフランスのメディアがこの事件全体の報道に熱狂し、独自の法廷を開催しましたが、現段階ではフランスの裁判所は疑惑の事実について真実を証明していません。

L'homme qui a contribué à Faire tomber la secte de Yoga Tantrique / タントラ ヨガ宗派の崩壊に貢献した男
ヴィオル、セルボーの洗浄、タントリックヨガ: グレゴリアン・ビヴォラルの楽なパルクール、フランスのル・ゴールー・ルーメイン・ミス・アン・エグザメン・エクルーエ・アン・フランス / レイプ、洗脳、タントリック・ヨガ: フランスで起訴され投獄されたルーマニアの教祖、グレゴリアン・ビヴォラルの恐ろしい旅.
セクテ・ミサ : « Le gourou Bivolaru aurait pu faire de moi ce qu'il voulait » / ミサ・カルト: 「グル・ビヴォラルは、彼が望むことを私にしてくれたかもしれない」
ヴィオル、音楽とヨガのテーマ: グレゴリオ聖歌のビボラルはマルディにありますか? / レイプ、逃亡、そして難解なヨガ: 今週火曜日に逮捕された教祖グレゴリアン・ビボラルとは誰ですか?
ヨガタントリックの性愛への攻撃: フランスでの議論。 「Il préférait les vierges」: des犠牲者 du gourou Bivolaru témoignent / タントラヨガを背景にした性的暴行: 教祖がフランスで逮捕。「彼は処女の方が好きだった」: 教祖ビヴォラルの被害者が証言

これらすべての記事に共通する点は 48 つあります。まず、著者らは、逮捕され取り調べ(「ギャルド・ア・ヴュー」)のために最大XNUMX時間拘留されたヨガ実践者たちと面会してインタビューすることができなかった。第二に、彼らはゴシップや証明されていない主張を繰り返しており、これはジャーナリズムではなく、ジャーナリズムの高貴なイメージを傷つけます。

ジャーナリズムには倫理基準があり、フランスには倫理基準が確実に尊重されるように責任を負う上級当局が存在します。

2016年、ルーマニアにおけるMISA問題に関するメディア報道は、「」というタイトルの研究論文の対象となった。執拗なメディアキャンペーンが大衆の認識に及ぼす影響 – MISA とグレゴリオリアン ビボラルの事例研究」と発行されました。 社会科学と人文科学の世界ジャーナル。フランスの宗教研究者は、自国の同じテーマについて比較研究をすることに大いに刺激を受けるだろう。

Human Rights Without Frontiers 報道の自由とジャーナリストの表現の自由を擁護するだけでなく、ヘイトスピーチ、フェイクニュース、偏見差別とも闘います。 Human Rights Without Frontiers 無罪推定の原則の尊重を擁護し、最終的な裁判所の判決を司法の真実として認めます。

(*) インタビュー対象者のプライバシーを尊重するため、私たちは彼女のイニシャルのみを掲載しますが、フルネームと連絡先データは把握しています。

(**) ヴィリエ・シュル・マルヌにある精神的静養センターは、決して非難されず、不衛生であると疑われることさえなかった。を参照してください。 写真のギャラリー 場所の。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-