15.4 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
文化現実と集合的記憶の回想: パレで開催中の展覧会...

現実と集合的記憶の回想:パレ・ド・トーキョーで開催中の展覧会

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

ビセルカ・グラマティコワ

今ここにある危機ですが、過去のどこかで始まります。政治的および個人的なアイデンティティ、立場、道徳の危機。時間と空間の危機。その基礎は 15 世紀に根ざしています。 「パレ・ド・トーキョー」で開催される展覧会「Dislocations」には、さまざまな過去(アフガニスタン、フランス、イラク、イラン、リビア、レバノン、パレスチナ、ミャンマー、シリア、ウクライナ)を持つ、さまざまな世代のXNUMX人のアーティストの作品が集まります。彼らを結び付けるのは、現在と過去の境界を創造的に探求することです。物語の断片、戦争の残骸、素材のシンプルさと現代のテクノロジーの可能性の組み合わせ。

このプロジェクトは、パレ・ド・トーキョーと、自由な表現を求めて亡命中のアーティストの作品を広める非営利団体ポルト・オヴェルト・シュール・アートとの協力により準備されました。この組織は、これらの作家がフランスの芸術シーンと協力できるよう支援しています。

キュレーターは マリー=ロール・ベルナダック および ダリア・ド・ボーヴェ.

アーティスト: マジド・アブデル・ハミド、ラダ・アクバル、ビサン・アル・シャリフ、アリ・アルカディ、キャスリン・ボッホ、ティルダード・ハシェミ、ファティ・カデミ、サラ・コンタル、ンゲ・レイ、ランダ・マッダ、メイ・ムラド、アルミネ・ネガダリ、ハディ・ラーナワード、マハ・ヤミン、ミーシャ・ザヴァルニー

大陸を越えた政治的・社会的連帯の歴史は、1960 年から 1980 年の間の数十年間に最高潮に達しました。反帝国主義の運動の中で、全国民が過去のトラウマを消し去り、新しいアイデンティティを構築し、世界での地位を勝ち取ろうとしています。 。展覧会「過去の不安」は、クリスティン・クーリとラシャ・サルティによるアーカイブドキュメンタリーキュレーション研究であり、「亡命の博物館」または「連帯の博物館」です。自由を求めるパレスチナ人の闘いから、チリのピノチェト独裁政権や南アフリカのアパルトヘイト体制に対する抵抗まで。

1987年にベイルートで開催された「パレスチナ国際美術展」が現在の「連帯美術館」の出発点です。キュレーターは、ヨルダン、シリア、モロッコ、エジプト、イタリア、フランス、スウェーデン、ドイツ、ポーランド、ハンガリー、南アフリカ、日本からドキュメンタリー資料を収集し、活動主義、ユニークな芸術イベント、世界中のコレクションやデモンストレーションのパズルをつなぎ合わせます。 XNUMX世紀の反帝国主義運動。

植民地主義の亡霊が存在し、過去のトラウマが現在の緊張と挑発の中に反映されているパレ・ド・トーキョーの独特な展示サイクルは、モハメド・ブルイーサによる「シグナル」展で終わります。展覧会の中心的なテーマは、言語、音楽、形式の制御などの思考の制限と環境からの疎外です。アーティストの世界は、故郷アルジェリアのブリダから、現在住んでいるフランスを経て、ガザの空まで広がっています。

写真提供:ビセルカ・グラマティコワ。 「パレ・ド・トーキョー」にて展覧会「Dislocations」。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-