19.2 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
環境科学者たちは、推定量のマイクロプラスチックを含む水をマウスに与えました...

科学者たちは、人間が毎週摂取すると推定される量のマイクロプラスチックを含む水をマウスに与えた

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

近年、マイクロプラスチックの拡散に対する不安が高まっています。海洋、動物や植物、さらには私たちが毎日飲むボトル入りの水にも含まれています。

マイクロプラスチックはどこにでも存在しているようです。そしてさらに不快なのは、それが私たちの周りのあらゆる場所だけでなく、予想外にも人間の組織内にも存在するということです。

ニューメキシコ大学の研究者らによると、私たちが摂取する水や食べ物、呼吸する空気に含まれるマイクロプラスチックは、腸から腎臓、肝臓、さらには脳などの体の他の部分にまで到達します。 。

この新たな結論に到達するために、科学者らは人間が毎週摂取すると考えられる量のマイクロプラスチックを含む水をマウスに4週間与えた。これまでの研究では、毎週5グラムのマイクロプラスチックが人体に侵入することが示されており、これはクレジットカード1枚分の重さに相当する。

ニューメキシコ大学医学部の消化器病学および肝臓学の准教授であるエリセオ・カスティージョ氏によると、マイクロプラスチックが腸から人体の他の組織に移動しているという発見は憂慮すべきことである。同氏によると、マクロファージと呼ばれる免疫細胞が変化し、これが体内の炎症を引き起こす可能性があるという。

さらに、カスティージョ博士は別の研究で、人の食事がマイクロプラスチックの体への吸収方法にどのような影響を与えるかに焦点を当てる予定です。

彼と彼のチームは、実験動物に脂肪の多い餌や繊維の多い餌など、いくつかの異なる餌を与えます。マイクロプラスチックの破片は一部の動物の「メニュー」の一部となるでしょうが、そうでない動物もいます。

しかし、環境汚染ジャーナルに掲載された研究によると、私たちが食べる食品の種類に関係なく、マイクロプラスチックが逃げることはありません。科学者らは、ビーガン代替品を含むタンパク質の90%にマイクロプラスチックが含まれていることを発見しました。 健康 効果。

生分解性プラスチックは役立つでしょうか?

使い捨てプラスチックに対する反発を受けて、多くの企業がより生分解性や堆肥化可能であると主張する代替品の使用を模索している。しかし場合によっては、これらの代替案が実際にマイクロプラスチック問題を悪化させている可能性があります。英国のプリマス大学の科学者らの研究によると、「生分解性」とラベル付けされたバッグは分解するまでに何年もかかる可能性があり、さらにその場合でも、構成されている化学部分ではなく、より小さな断片に分解されることがほとんどであることがわかりました。 (生分解性物質がプラスチック危機を解決しない理由について詳しくは、Kelly Oakes によるこの記事をご覧ください。)

ガラス瓶に切り替えたらどうでしょうか?

プラスチック製のパッケージを交換すると、暴露を減らすことができる可能性があります – 水道水にはマイクロプラスチックのレベルが低い 水より ペットボトルから。しかし、環境への影響もあるでしょう。その間 ガラスびんはリサイクル率が高い、 彼らも持ってる 液体に使用されるプラスチックやその他のパッケージよりも環境負荷が大きい 飲料用紙パックやアルミ缶など。ガラスの原料であるシリカの採掘は、重大な環境破壊を引き起こす可能性があるためです。 土地の劣化や生物多様性の損失を含む。これらの非プラスチック容器を使用したとしても、マイクロプラスチックを完全に回避することは困難です。ペンシルバニア州立大学のシェリー・メイソンが主導した研究では、それらが存在するのは次のようなものだけではないことが判明しました。 水道水プラスチック汚染のほとんどは衣類の繊維から来ていますが、 海塩やビールもガラスとプラスチックのどちらが環境に良いのかについて詳しく読んでください。

マイクロプラスチックを減らすために何かできることはあるでしょうか?

幸いなことに、ある程度の希望はあります。研究者たちは、環境中のプラスチック汚染を取り除くために多くのアプローチを開発しています。アプローチの 1 つは、プラスチックを餌にしてその過程でプラスチックを分解する菌類や細菌に注目することです。ポリスチレンを食い荒らすことができるカブトムシの幼虫の一種も、別の潜在的な解決策を提供します。マイクロプラスチックを除去できる水の濾過技術や化学処理の利用を検討している企業もいる。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-