19.2 C
ブリュッセル
月曜日、月20、2024
人権ミャンマー:ラカイン紛争激化でロヒンギャが銃撃戦に並ぶ

ミャンマー:ラカイン紛争激化でロヒンギャが銃撃戦に並ぶ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ラカイン州は、 ロヒンギャに対する残忍な弾圧の現場 2017年に軍によってこの暴動が発生し、約10,000万人の男性、女性、新生児が殺害され、750,000万人近くの地域住民の流出につながった。 難民キャンプで苦しみ続けている 隣国バングラデシュで。

「ラカイン州は再び複数の主体が関与する戦場となっており、 民間人は大きな代償を払っており、ロヒンギャは特に危険にさらされている」フォルカー・テュルク、国連人権高等弁務官 .

「特に憂慮すべきことは、2017年にはロヒンギャがXNUMXつのグループの標的となっていたことだ。 彼らは現在、二つの武装勢力の間に挟まれている 彼らを殺害した実績を持つ者たち。ロヒンギャが再び標的にされることを許してはなりません。」

広範囲にわたる戦闘

昨年15月、軍とアラカン軍(AA)の間の17年間にわたる非公式停戦が決裂し、ラカイン州のXNUMXの郡区のうちXNUMXの郡区が紛争に陥った。

州北部と中央部で軍がAAに領土を失ったことで、ブティダウンとマウンドーの町区で戦闘が激化し、州都シットウェでの潜在的な戦闘の準備が整った。

これらの地域にはロヒンギャが多数存在しており、民間人が直面するリスクはさらに悪化しています。

軍による強制徴兵

敗北に直面した軍は、ロヒンギャを強制的に徴兵し、賄賂を贈り、その仲間に加えるという法外な行為を開始した」とTürk氏は言いました。

「6年前の恐ろしい出来事と、市民権の否認を含むロヒンギャに対する現在進行中の極度の差別を考慮すると、彼らがこのような形で標的にされるのは非良心的だ。」

報告書はまた、ロヒンギャとラカイン族の村民の両方が互いの家や村に放火するよう強要され、緊張と暴力が高まっていることを示唆している。

OHCHR は報告書を検証しようとしているが、州全体の通信障害によって作業は複雑になっている。

警報ベルが鳴る

高等弁務官はまた、広範な偽情報とプロパガンダに言及し、いわゆる「イスラムテロリスト」がヒンズー教徒と仏教徒を人質に取っているとの主張を指摘した。

これは、集団暴力を煽ったのと同じ種類の憎しみに満ちた物語だった 2012年と2017年のロヒンギャに対する恐ろしい攻撃だ」と彼は語った。

同氏は「ミャンマー軍に影響力を持つ国々や関係する武装勢力は、ラカイン州のすべての民間人を保護し、ロヒンギャに対する再び恐ろしい迫害を防ぐために今すぐ行動しなければならない」と訴えた。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-