22.7 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
科学技術考古学ルネサンスの巨匠ラファエロ氏が新型コロナウイルスによる病気で死去

ルネサンスの巨匠ラファエロ氏が新型コロナウイルスによる病気で死去

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

私たちは新型コロナウイルス感染症のことを忘れ始めています しかし、このコロナウイルスは人類の歴史の中に常に存在していました。たとえば、6年1520月XNUMX日にローマで、 ラファエロサンツィオ ダ・ウルビーノ氏はコロナウイルスによる病気で亡くなった。

俗説によると、1520年にわずかXNUMX歳で亡くなった芸術家は梅毒に侵されていたという。

ルネッサンスの巨匠 ラファエル イタリアの歴史家による研究を引用し、AFPが2020年XNUMX月に報じたところによると、彼はコロナウイルスによる感染症によく似た肺疾患で死亡したという。

俗説によると、1520年にわずかXNUMX歳で亡くなった芸術家は梅毒に侵されていたという。

主人は教皇から派遣された最高の医師らの治療を受けたが、命は取り留めなかった。イタリアの画家ジョルジュ・ヴァザーリ(1511-1574)によると、ラファエロは寒い中頻繁に恋人たちを夜に訪問していることを医師たちに話さなかったという。

医学史家のミケーレ・アウグスト・リヴァ氏によると、当時の3月は夜が非常に寒かったため、おそらく肺炎に罹っていたという。リヴァ氏によると、ルネサンスの巨匠の病気は、今日私たちが新型コロナウイルスの感染によって引き起こされる肺炎症と非常によく似ているという。

アーティストは「瀉血」の治療を受けたが、専門家によると、それが彼をさらに疲弊させたという。リヴァ氏によると、当時の医師たちは感染症におけるこの治療法のリスクを認識していたが、誤った情報に基づいて行動していたという。主人の病気は15日間続いたと考えられています。

ラファエロさんの死因に関する新たな調査は、新型コロナウイルスのパンデミックが国内を襲う前の2月末に完了した。

この論文は、2020年末に流行が始まる約半年前に「内科・救急医学」誌に掲載された。

ラファエル サンツィオ・ダ・ウルビーノは、ミケランジェロ、レオナルドと並ぶルネサンスの三大巨匠の一人です。彼は 1483 年にウルビーノで生まれました。彼は XNUMX 人の教皇、ユリウス XNUMX 世とレオ XNUMX 世から大きな依頼を受けました。彼の作品の一部はバチカンの使徒宮殿にあり、そこで彼は XNUMX つの部屋を描き、XNUMX 番目の部屋は彼の生徒たちによって完成されました。彼のスケッチについて。

彼の他の作品はローマの教会や宮殿にあります。 2020年は没後500年にあたり、新型コロナウイルスのパンデミックにより、それを記念した展覧会が中止・延期となった。

彼らは復元した ラファエル の顔を3次元技術で再現

パンテオンの彼の墓で発見された遺骨は、実際にはルネサンスの巨匠のものである - イタリアの大学のチームが、有名なルネサンス芸術家の顔を立体的に復元した ラファエル 作者の没後2020年にあたる500年に、AFP通信は頭蓋骨の石膏型を使用して制作したと報じた。

実験の結果、パンテオンの彼の墓で発見された遺骨が本当にルネサンス期の巨匠のものであることが証明された。

頭蓋骨からの鋳造物の分析 ラファエル (1483 – 1520)は、1833 年に創造者の墓が開かれたときに発見され、ローマで 3 歳で亡くなり、パンテオンに埋葬されたルネサンス芸術家の顔を 37D で復元することができました。

「私たちは今、パンテオンで発見された遺跡が確かにそうだと確信しています。 ラファエルです」とローマ大学トル・ヴェルガータ校の分子生物学の専門家マティア・ファルコーニ教授は語った。マスターの墓の周囲の発掘中に、おそらく彼の生徒のものと思われる他の多くの遺骨が発見されました。

「顔の再構成は、頭蓋骨の形態に基づいており、死亡時の顔を示す学際的な技術です」と、人類学講師のクリスティーナ・マルティネス・ラバルガ氏と、グラフィックデザイン、3次元モデリング、およびグラフィックデザインの講師であるラウル・カーボン氏は説明します。仮想デザイン。

「彼らの研究により、パンテオンの墓で発見された遺骨がラファエロのものであることが初めて確認された」とローマ大学トル・ヴェルガタ大学生物学部は述べ、実験結果を自画像と比較した。アーティストの。

この研究は、ローマ大学生物学部の古代DNA研究のための分子人類学センターが、ヴィガムス財団および芸術家の生誕地で博物館を運営するアカデミア・ラファエロと協力して実施したもので、その基礎となっている。遺体と彼のその他の DNA ベースの特徴 (目の色、髪の色、肌の色) については今後の研究で判明する予定です。

イラスト:自画像 ラファエル、23歳くらい。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-