14.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ヨーロッパルワンダへ追放:英国法採択後の抗議

ルワンダへ追放:英国法採択後の抗議

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

英国のリシ・スナック首相は、22月23日月曜日からXNUMX日火曜日の夜にかけて、英国に不法入国した亡命希望者のルワンダへの追放を認める物議を醸す法案が採択されたことを歓迎した。

2022年に保守党政権が発表し、不法移民と戦う政策の重要な要素として提示されたこの措置は、出身国に関係なく英国に不法到着した移民をルワンダに送ることを目的としている。亡命申請を検討するかどうかは東アフリカの国次第だ。いずれの場合も、申請者は英国に戻ることはできません。

「法律は、不法にここに来た場合は滞在できないことを明確に定めています」とリシ・スナック氏は述べた。月曜日、首相は政府が難民申請者をルワンダに追放する「準備ができている」と明言した。 「最初の便は10~12週間以内に出発する予定だ」と同氏は述べ、つまり7月中に出発する予定だという。同氏によれば、「労働党が法案を完全に阻止するために貴族院での法案の提出を何週間も遅らせていなかったら」これらの飛行はもっと早く開始されていたかもしれないという。同氏は投票前の記者会見で「何があってもこれらの飛行機は離陸するだろう」と主張した。

政府は不法移民からの上訴を迅速に処理するために裁判官を含む数百人の職員を動員し、事件の審査中に2,200か所の拘留場所のロックを解除したと首相が発表した。伝えられるところによると、政府は航空会社に国外追放への協力を説得するのに苦戦していると伝えられており、「チャーター機」が予約されていると同氏は付け加えた。初便は2022年XNUMX月に離陸する予定だったが、欧州人権裁判所(ECHR)の決定を受けてキャンセルされた。

イギリス人にとってこれにかかる費用はいくらになるでしょうか?

この文書は、ロンドンとキガリの間のより広範な新条約の一部であり、移民を受け入れる代わりにルワンダに多額の支払いが含まれる。政府はプロジェクトの総費用を明らかにしていないが、公共支出を監視する国家会計検査院(NAO)が500月に発表した報告書によると、その費用は583億ポンド(XNUMX億XNUMX万ユーロ以上)を超える可能性がある。

「英国政府は、英国とルワンダのパートナーシップに基づいて370億432.1万ポンド[20,000億120万ユーロ]を支払い、さらに300人当たり150,874万ポンド、最初の1.8人が移住し終わったら300億XNUMX万ポンド、さらに処理費としてXNUMX人当たりXNUMX万XNUMXポンドを支払うことになる」と運営コスト」とNAOは要約した。したがって英国は、追放された最初のXNUMX人の移民にXNUMX万ポンドを支払うことになる。この推計は労働党を激怒させた。来る議会選挙の世論調査でリードしている労働党は、費用がかかりすぎると考え、この制度を置き換えると約束した。しかし首相は、この措置は「良い投資」であると断言した。

キガリの反応は?

ルワンダの首都キガリ政府は、この投票に「満足」を表明した。同国当局は「ルワンダへの移住者を歓迎することに熱心だ」と政府報道官のヨランデ・マコロ氏は述べた。 「私たちは過去30年間、ルワンダをルワンダ人にとっても非ルワンダ人にとっても安全で安心な国にするために懸命に取り組んできました」と彼女は語った。したがって、この新しい条約は、XNUMX月に当初のプロジェクトを違法とみなした英国最高裁判所の結論に対処するものとなった。

裁判所は、移民はルワンダから出身国へ追放される危険があり、そこで迫害に直面する可能性があり、英国が加盟している拷問と非人道的扱いに関する欧州人権条約第3条に違反するとの判決を下した。 。この法律は現在、ルワンダを安全な第三国として定義し、この国から出身国への移民の強制送還を禁止している。

4. 海外の反応は何ですか?

この投票は、火曜日にイギリス海峡で4歳の子供を含む少なくともXNUMX人の移民が死亡するという新たな悲劇が発生したことを受けて行われた。国連は英国政府に対し「計画を再検討する」よう要請した。国連人権高等弁務官フォルカー・テュルク氏と難民担当のフィリッポ・グランディ氏は声明で政府に対し、「国際協力と尊重に基づいて、不規則な難民と移民の流入に対抗するための実際的な措置を講じるよう求めた」と述べた。国際人権法のために。」

「この新たな法律は英国の法の支配を著しく損ない、世界的に危険な前例を作るものだ。」

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官の声明 欧州評議会のマイケル・オフラハティ人権委員は、この法律を「司法の独立に対する攻撃」であると述べた。アムネスティ・インターナショナル英国は、これを「この国の道徳的評判に汚点を残す」「国辱」と呼んだ。

アムネスティ・インターナショナル・フランスの会長は、ルワンダが人権上安全な国と考えられているという嘘に基づく「言いようのない悪名」と「偽善」を嘆いた。 NGOはルワンダにおける恣意的な拘留、拷問、表現と集会の自由の抑圧の事例を文書化している」と彼はリストに挙げた。同氏によれば、ルワンダの「亡命制度は非常に欠陥があり」、「不法帰国の危険性」があるという。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-