12.3 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
宗教広葉草本ロシア、エホバの証人は20年2017月XNUMX日から活動禁止

ロシア、エホバの証人は20年2017月XNUMX日から活動禁止

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

エホバの証人の世界本部(20.04.2024年20月XNUMX日) – XNUMX月XNUMX日th 今年はロシアがエホバの証人を全国的に禁止してから7周年を迎えるが、その結果、何百人もの平和的な信者が投獄され、一部は残忍な拷問にさらされている。

国際的な人権活動家らはロシアがエホバの証人を迫害していると非難しているが、これはソ連時代にエホバの証人が直面した弾圧を不気味に思い出させるものだ。専門家らは、ロシアにおけるエホバの証人の迫害はスターリン主義による大規模な弾圧の再来の前兆であったと主張している。

「エホバの証人に対するこの全国的な攻撃が7年間も続いたとは信じがたいです。理解が及ばない理由で、ロシアは地元や国の莫大な資源を使って、早朝や深夜に家に侵入する高齢者や障害者を含む無害な証人たちを追い詰めることが多い」 と ジャロッド・ロペス、エホバの証人の広報担当.

「こうした家宅捜索中や尋問中、無実の男女が時には殴られたり、仲間の信者の名前や居場所を明かすよう拷問されたりすることもあります。エホバの証人は、聖書を読んだり、歌を歌ったり、キリスト教の信念について平和的に話したりするだけで犯罪者とされます。非正統派キリスト教徒に対する根拠のない敵意を持つロシア当局は、エホバの証人の人権と良心の自由を無責任に踏みにじり続けている。証人たちは自分たちの個人的な信仰と誠実さが攻撃されていることを十分に認識しており、自分たちの信念を貫く決意を固めています。」

2017年の禁止以来、ロシアとクリミアでの数による迫害

  • エホバの証人の2,090軒以上の家宅捜索 
  • 802人の男女がキリスト教信仰を理由に刑事告訴される
  • 421人が刑務所の中でしばらく過ごした(含む) 131 現在刑務所にいる男性と女性)
  • 8 年 * は 6 年から引き上げられた最高懲役刑です [デニス・クリステンセンは、2019 年に有罪判決を受け、実刑を言い渡された最初の人物です]
  • 禁止以来、500人以上の男女がロシア連邦の過激派/テロリストのリストに追加された

比較において:

  • ロシア連邦刑法第 111 部第 1 条によると、 重大な身体的危害 を描きます 最長8年の懲役
  • 刑法第126条第1項によれば、 誘拐 につながる 最高5年の懲役。
  • 刑法第131条第1項によれば、 レイプ で処罰される 懲役3年から6年。

禁止事項—よくある質問

これはどのようにして始まったのですか?

ロシア連邦法「過激派活動との闘い」(第 114-FZ)は、テロに対する懸念への対応の一環として 2002 年に採択されました。しかし、記事によると、ロシアは2006年、2007年、2008年に同法を改正し、その範囲を「テロリズムに関連した過激主義の恐怖をはるかに超えて」拡大した。ロシアの過激主義法は人権を侵害する、" に発表されました モスクワ・タイムズ.

法律 "ニューヨークのツインタワーへの9/11襲撃以来、国際的に一般的になった「テロリスト」の語彙を単純に捉え、それをロシア全土の歓迎されない宗教団体を説明するために使用している」とベイラー大学JMドーソン教会国家研究研究所の元所長デレク・H・デイビスは説明する。したがって、「「過激派」というレッテルはエホバの証人に対して不当かつ不当に使われている」とデイビスは言います。

2000年代初頭、ロシア当局はエホバの証人の聖書に基づく数十冊の書籍を「過激派」として禁止し始めた。その後当局はエホバの証人たちをはめました(以下を参照) link1link2)エホバの証人の礼拝堂に禁止文書を植えることによって。

すぐにエホバの証人の公式ウェブサイト jw.org が開設されました。 禁止されました、聖書の出荷が保留されました。この運動は2017年XNUMX月にエホバの証人の全国的な禁止にまでエスカレートした。その後、数千万ドルのエホバの証人の宗教的財産が侵害された。 没収された.

事態はエスカレートしましたか?

はい。ロシアは、2017年の禁止以来最も厳しい懲役刑を言い渡している。たとえば、29 年 2024 月 52 日、アレクサンドル・チャガン (1 歳) は懲役 2024 年の判決を受けたが、これは通常、重大な身体的危害を加えた者に与えられる刑罰である。チェーガンは、キリスト教の信仰を平和的に実践したという理由だけでこのような厳しい判決を受けた128人目の証人である。 XNUMX年XNUMX月XNUMX日の時点で、XNUMX人のエホバの証人がロシアで投獄されています。

家宅捜索も急増している。例えば,183年には2023軒のエホバの証人の家宅捜索があり,月平均15.25軒の家宅捜索が行われました。 2024 年 21 月には増加があり、XNUMX 件の強制捜査が報告されました。

通常、家宅捜索は死闘用に武装した警官によって行われる」とエホバの証人の広報担当ジャロッド・ロペスは言います。 「証人たちは頻繁にベッドから引きずり出され、きちんと服を着ていないのに、警官たちは傲慢にも一部始終を記録している。これらの馬鹿げた襲撃のビデオ映像 ** がインターネットやソーシャルメディア上に溢れています。地元警察とFSB職員は、あたかも命をかけて危険な過激派と戦っているかのような演劇的なスペクタクルを作りたいと考えている。それは悲惨な結果をもたらす不条理な茶番劇だ!強制捜査中や尋問中に、残酷な暴行や拷問を受けたエホバの証人もいます。ご想像のとおり、それは決して記録されません。 しかし、エホバの証人はロシアの組織的な迫害に驚いたり怯えたりしていません。エホバの証人の信仰が常に迫害政権よりも長く続いたことは、ロシア、ナチス・ドイツ、そして他の国々の歴史に十分に記録されています。私たちは歴史が繰り返されることを期待しています。 

**見る 映像 州の公式ウェブサイトで

ソ連によるエホバの証人の弾圧 |北作戦

今月で73周年rd 数千人のエホバの証人がシベリアに強制送還された、ソ連史上最大の宗教団体の大量強制送還である「北方作戦」の記念日。

1951年10,000月、ソビエト連邦のXNUMXつの共和国(ベラルーシ、エストニア、ラトビア、リトアニア、モルドバ、ウクライナ)から来た約XNUMX万人のエホバの証人とその子供たちが、当局によってぎゅうぎゅうの列車に乗せられ、凍てついた荒れ果てた風景のシベリアに強制送還され、実質的に誘拐された。この大量国外追放は「北作戦に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

わずか2日でエホバの証人の家は没収され、平和的な信者たちはシベリアの人里離れた居住地に追放されました。エホバの証人の多くは危険で過酷な環境で働くことを要求されました。彼らは栄養失調、病気、そして家族から引き離されたことによる精神的・感情的トラウマに苦しんでいました。強制送還により一部のエホバの証人が死亡した。

多くのエホバの証人は1965年にようやく亡命から解放されましたが,没収された財産は返還されませんでした。

モルドバの歴史研究所の調整科学研究員であるニコラエ・フステイ博士によると、政府はこの地域から約10,000万人のエホバの証人を排除しようとしたにもかかわらず、「北方作戦は目的を達成できなかった」という。 「エホバの証人の組織は破壊されず,会員たちは信仰を広めることをやめず,むしろさらに大胆に信仰を広め始めました。」

ソビエト政権崩壊後、エホバの証人の数は急増しました。

指数関数的成長

1992年XNUMX月にエホバの証人たちは大規模な集会を主催しました 国際会議 ロシアのサンクトペテルブルクで。旧ソ連からは約29,000人が参加し、世界中から数千人の代表者が参加した。

北方作戦中に強制送還されたエホバの証人の大多数はウクライナ出身者で、8,000の入植地から370人以上がいた。しかし、6年8月2018日からXNUMX日にかけて、ウクライナのエホバの証人は数千人を迎えて別の大規模な集会を開催した。 大会 ウクライナのリヴィウで開催。 3,300 か国から XNUMX 人以上の代表者がこのプログラムのためにウクライナを訪れました。そのプログラムでは、まさに「勇気を出してください」というテーマが掲げられていました。今日では、以上のものがあります 109,300 ウクライナのエホバの証人。

こちらをご覧ください ロシアの迫害がエホバの証人に与えた影響についての説明に対して。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-