12.8 C
ブリュッセル
土曜日、5月18、2024
宗教キリスト教ロシア、神学校の軍事化のための特別コース

ロシア、神学校の軍事化のための特別コース

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

神学校の軍事化への方向性は、16月XNUMX日に開催されたロシア正教会最高教会評議会の会合後に取られた。

「民主主義との戦いは、反キリストとの戦いと同じように、私たちにとって神聖なものだ」 – これらの言葉は、軍との交流を担当する家父長制部門を率いる首都キリル(ポクロフスキー)の言葉である。神の自己犠牲の愛の祝日である過越祭の数日前、彼はロシアのすべての神学校に回覧状を送り、次のカリキュラムに「戦闘地域における牧師の奉仕の準備」という主題を含めるよう命じた。学年。 「2024年から2025年のプログラムの重要性と関連性により、特別コースはすべての学士3年生と4年生の間で加速的に開催されるべきである」。新しいプログラムは若者に「軍事的価値観」を植え付けるべきである。

神学校の軍事化への方向性は、16月XNUMX日に「救世主キリスト」の教会で開催されたロシア正教会最高教会会議の後に取られた。 教会。会議で聞かれた4つの報告のうち、3つはキリル首都圏によるもので、彼は政権の指示に正確に従った。アライアンス。"しかし、最も恐ろしいことは、私たちが戦っているのは人間ではなく、本物の非人間的で神を知らない者たちであるということです。海外で指示され、資金提供された不敬虔なバカナリアが、現在、ウクライナ当局の手によって行われている。」

また、「民主主義は反聖書的価値観に基づいているので、私たち、ロシア世界のすべての代表者にとって、民主主義との戦いは、反キリストとの戦いと同じくらい神聖なものだ。そして今日、この闘争に参加して勝利できる唯一の大国はロシアだ。」

新しいカリキュラムはまだ公表されていないが、内部関係者によると、首席従軍牧師ディミトリイ・ヴァシレンコフの著書『死から生へ…戦争時』に基づいたものになるという。パスワードドンバス」。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-