13.5 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
アジア欧州議会初のヴァイサキ・プラブ氏:ヨーロッパとヨーロッパにおけるシーク教問題について議論

欧州議会初のヴァイサキ・プラブ氏:ヨーロッパとインドにおけるシーク教問題を議論

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ヨーロッパとインドのシーク教徒が直面する問題は、欧州議会でヴァイサキ・プラブを祝う際に議論された:バインダー・シン

シーク教徒コミュニティの指導者「ジャテダル・アカル・タクト・サーヒブ」は行政上の理由で出席できず、欧州議会訪問は8月に延期された

ニューデリー、19月325日(マンプリート・シン・カルサ) – 欧州議会は、ヴァイサーキーで「カルサ・サージナ・ディーヴァ」として知られるカルサの生誕XNUMX周年を祝った。この祝賀会は、ヨーロッパにおけるシーク教の公式承認、拘束されたシーク教徒の窮状、その他の宗派間の課題などの重要な問題に焦点を当てた重要な機会となった。

特に欠席したのは主要人物のジャテダール・アカル・タクト・サーヒブ氏、シン・サーヒブ・ジャーニ・ラグビール・シン・ジ氏、サルダール・パラムジット・シン・サルナ氏で、事務上の理由で出席できなかった。しかし、彼らは、SGPC会長弁護士ハーチャラン・シン・ダミ・ジー氏とともに、次回予定されているイベントに参加することを確認した。

シーク教ヨーロッパ 437570036 欧州議会初のヴァイサキ・プラブ:ヨーロッパとインドにおけるシーク教問題を議論
欧州議会初のヴァイサキ・プラブ氏:ヨーロッパとインドにおけるシーク教問題について議論 2

このイベントには、著名なリーダーや影響力のある人々が集まりました。祝賀会に出席したり敬礼した人の中には、ヨーロッパ第一副大統領のオスマール・カラスも含まれていた。 議員 マクセット・ピルバックス (議会で司会を務めた)、フランク・サックワルバ・ホス、VLDのヒルデ・ヴォートマンス、代表のイヴァン・アルホナ=ペラド Scientology ヨーロッパ;英国を拠点とするシーク教の説教者バイ・タルセム・シン・カルサ氏、バイ・ラマン・シン氏、そしてグルドワラ大統領であるシントルダンのバイ・カラム・シン氏とリエージュのバイ・グルバジャン・シン氏を含むシーク教徒コミュニティの著名人たちも含まれる。

欧州議会でのこの設立祝賀会は、バイ・ビンダー・シン議長が主導して行われた。 European Sikh Organization。このイベントは、この取り組みを賞賛し、ヨーロッパのシーク教徒コミュニティの懸念に対処することを約束したカラス副大統領を含むヨーロッパ当局者から賞賛を集めました。当局者らはまた、ジャテダル・アカル・タクト・サーヒブ氏に対し、今後の議論に参加するよう招待した。

この機会の文化的重要性を強調し、カラス副大統領と他の国会議員はババ・バンダ・シン・バハードゥル・ジーの肖像画を授与された。イベントでは雑誌「ヨーロッパのシーク教徒」は、ヨーロッパの社会政治的状況におけるシーク教徒コミュニティの認識と統合の高まりをさらに強調しています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-