15.1 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
人権世界ニュース概要: スーダンにおける性的人身売買と児童徴用、新たな...

世界ニュース概要: スーダンの性的人身売買と児童徴用、リビアの新たな集団墓地、コンゴ民主共和国の危険にさらされる子どもたち

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

この状況は、子どもの増加と強制結婚、そしてほぼ1年前に勃発したライバル将軍間の継続的な戦争の戦闘員による少年の徴兵によってさらに悪化している。

これらすべては、経済情勢の悪化を背景に起こっています。 人道の危機 この国では900万人を超える前例のない大規模な避難民が発生している。

報告によると、緊急支援部隊(RSF)とスーダン国軍(SAF)の間の紛争勃発から8か月後の12月以来、被害者や生存者への支援へのアクセスが悪化している。 人権理事会-任命された専門家は言った。

「奴隷市場」で売られる少女たち

国内避難民を含む若い女性や少女が人身売買されていると伝えられているという。

「北ダルフールを含むRSF軍やその他の武装集団が支配する地域の奴隷市場で女性や少女が売られているという報告に我々は愕然としている」と専門家らは述べた。

家族離散や、強姦や望まない妊娠などのジェンダーに基づく暴力が原因で、児童婚や強制結婚が行われるケースもある。 

「以前にも関わらず、 警告 スーダン当局とRSF代表の双方に対して、私たちは隣国を含め、敵対行為に積極的に参加するために子供たちを募集しているという報告を引き続き受けている」と専門家は述べた。 

「戦闘での役割を含むあらゆる形態の搾取のために武装集団が子どもたちを徴募することは、重大な人権侵害であり、重大な犯罪であり、国際人道法違反である」と彼らは述べた。 

特別報告者およびその他の独立した専門家は国連職員ではなく、いかなる政府や組織からも独立しています。彼らは個人の立場で奉仕し、その仕事に対して給与を受け取りません。

リビアで発見された集団墓地は移民の恐怖を浮き彫りにする

集団墓地 見つかった リビア南西部では少なくとも65人の移民がおり、砂漠を通って密航中に死亡したと考えられている。

国連移民局によると(IOM)、金曜日に警鐘を鳴らしたが、アフリカ北部やその先へ向かう危険なルートで死亡する人が増えている。

移民のための合法的な経路がなければ、「このような悲劇はこのルート沿いの特徴であり続けるだろう」と当局は警告した。

質問が残っています

集団墓地で発見された人々の死亡状況は明らかではなく、国籍も不明である。 

IOMは、リビア当局が調査を開始したと発表し、「死亡した移民の遺骨の尊厳ある回収、身元確認、移送」と家族への通知を求めた。

国連機関の行方不明移民プロジェクトによると、3,129年にいわゆる「地中海ルート」沿いで少なくとも2023人が死亡または行方不明となった。 

集団墓地が発見される前から、すでに世界で最も危険な移動ルートとなっていた。

コンゴ民主共和国における避難民の大幅な増加が子どもたちに深刻な脅威をもたらす

コンゴ民主共和国東部での暴力の大規模な激化により、年初以来北キブ州で少なくとも400,000万人が避難を余儀なくされており、子どもたちが容認できないレベルの暴力にさらされていると国連児童基金は述べた(ユニセフ) 金曜日に。

©WFP/ベンジャミン・アングアンディア

紛争により避難した人々は、コンゴ民主共和国東部のゴマ近くの一時キャンプで暮らしています。

さらなる死亡を避けるために、リスクにさらされている子供たちはさらなる保護を受ける必要があると当局は付け加えた。

南キブ州への紛争の波及を浮き彫りにする水曜日の最新の事件では、ミノバの町で爆発が発生し、病院での治療が必要な子供4人が重傷を負った。

学童が爆撃される

「多くの子供たちが学校から帰宅していた忙しい時間帯に、この爆弾による爆発により、罪のない4人の子供たちが負傷したのは悲劇です」とコンゴ民主共和国のユニセフ副代表カティア・マリノは述べた。 「この町はすでに大量の国内避難民が新たに到着し、信じられないほどの緊張にさらされている。」

北キブ州での紛争が拡大する中、95,000月にXNUMX万XNUMX人以上の新たな避難民がミノバに到着し、その半数は子どもだった。

先週、ユニセフと地元パートナーはミノバで新たに避難した8,300世帯以上に必需品の家庭用品を配布した。現在、この地域へのアクセスは、道路でもボートでもますます困難になっています。

ユニセフは2023年以来、現地での紛争の影響を受けた子どもたちに対し、基本的かつ不可欠なサービスをパッケージして支援しているほか、多数の反政府勢力と政府軍との間の戦闘に巻き込まれた子どもたちを紹介し保護するための地域ベースのネットワークを支援している。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-