17.4 C
ブリュッセル
木曜日、月30、2024
機関国連世界ニュース概要: 権利長官、ウガンダの反LGBT法、ハイチに落胆…

世界ニュース要約:人権擁護長官、ウガンダの反LGBT法、ハイチ最新情報、スーダン支援、エジプトでの死刑執行警報に落胆

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

フォルカー・テュルク氏は声明で、カンパラ当局に対し、議会多数決で可決された他の差別法案とともに、この法律を全面的に廃止するよう求めた。

昨年600月の制定以来、「XNUMX人近くの人が、実際の、または思い込みの性的指向や性自認に基づいて人権侵害や虐待を受けていると報告されている」とテュルク氏は述べた。

「全面的に廃止する必要がある。そうしなければ、残念ながらこの数字はさらに増加するだろう。」

同氏は政治家に対し、性的指向や性自認に関係なく、すべての人の権利と尊厳を守るよう求めた。

「合意に基づく同性関係の犯罪化と死刑の適用は、ウガンダの国際人権条約の義務に反する。」

憲法上の権利

同氏は、ウガンダ自身の憲法でも平等な扱いと無差別を求めていると指摘した。

同氏は、性的指向と性自認を「差別の禁止事由」として明記するとともに、「合意に基づく同性間の性的関係にも刑事罰を課す刑法第145条を当局が廃止することが極めて重要だ」と付け加えた。

テュルク氏は、LGBTQの権利擁護者を含むすべての人権活動家が差別なく公然と働き、表現の自由の権利を行使できるようにするなど、「正当な人権活動を遂行するのに役立つ環境」が必要だと述べた。協会と平和的な集会。

ハイチの医療機関が武装集団の攻撃を受ける

ハイチの首都の病院 ますます攻撃を受けている 武装集団によるもので、混乱が続く中で略奪された人もいると、国連人道調整事務所は、 国連人道問題調整事務所と水曜日に報じられた。

UNFPA支援の巡回医療チームがハイチの首都ポルトープランス近郊の避難民収​​容所を訪問。

ポルトープランスにある2つの医療施設は閉鎖を余儀なくされ、他の2施設は暴力行為の激化により閉鎖された後、再開計画にもかかわらず閉鎖されたままである。

首都圏で運営を続けているのはラペ大学病院だけだが、そのサービスに対する需要の高まりにより大きな負担にさらされている。

デルマス 18 病院とセント マーチン保健センターはいずれも 26 月 27 日と XNUMX 日に略奪されました。

国連管轄の汎米保健機関であるPAHOは、サービスの継続を支援するために医薬品、燃料、後方支援などの必需品を提供している。

薬局が襲撃された

OCHAによると、武装勢力もハイチの首都にある約10の薬局を標的にして襲撃し、一般の医薬品へのアクセスを著しく妨げている。

暴力行為の増加は、HIV と結核のサービス現場の業務にも影響を与えています。地元 国連合同エイズ計画(UNAIDS) サービスはハイチ保健省と協力しており、HIV検査が優先されています。

政治的空白のさなか、ハイチの強力なギャングは2月以来、警察署、刑務所、空港、港などさまざまな標的に対して組織的な攻撃を開始し、その結果、3週間前にアリエル・ヘンリー首相が辞任した。

非常事態が発効しているが、暫定政府はまだ樹立されていない。

火曜日には世界食糧計画(WFP)が首都の28,000万XNUMX人以上に温かい食事を配布し、先週には国連保健機関(WHO)、児童機関(ユニセフ)と地元パートナーは避難場所で約600件の協議を実施した。

スーダンと南スーダンの国連が協力し、重要な援助物資を届ける

スーダンで続く戦争の影響を受けている民間人の重大なニーズに応え、世界保健機関() そこと隣国の南スーダンの各国チーム チームを組んだ 青ナイル川とヌバ山脈に物資を届ける。

WHOは水曜の声明で、現在進行中の危機により、スーダンのWHO事務所が重要な緊急医療物資を入手し、2つの地域に届ける能力が著しく妨げられていると述べた。

南スーダン事務所の物流の専門知識と利用可能なリソースを活用することで、スーダンと南スーダンの国境沿いの地域に既存の備蓄品から緊急医療キットが事前に配備され、緊急に必要とする人々へのタイムリーかつ効果的な支援が保証されています。

コラボレーションへの取り組み

この共同の取り組みは、国境を越えた協力への両事務所の取り組みの証しであり、政府機関間の緊急医療物資は今後830,000か月間、紛争の影響を受ける青ナイル川とヌバ山脈地域の約XNUMX万人に提供されることが期待されている。

この輸送は、ほぼ1年前に敵対する軍隊間の残忍な紛争が勃発して以来、WHO南スーダンが国境を越えて輸送することができた2回目である。

物資の派遣はスーダン国民を支援するWHOの継続的な救援活動の一環であると同機関は述べた。  

エジプトは死刑執行を中止し、国連の人権専門家に要請する必要がある

長年にわたるいわゆる「ヘルワン旅団」のテロ対策で、1月にエジプト最高裁判所が7人に死刑判決を下したことを受け、独立した国連人権専門家のグループは水曜日、重大な懸念を表明した。 場合.

彼らの処刑は、不当な裁判やその他の人権侵害による生存権の侵害による恣意的な殺害に当たると声明で述べた。

ヘルワン旅団のメンバー容疑者らは、10年以上前に民主的に選出された元大統領モハメド・ムルシに対する軍事クーデターを受けて治安部隊を標的にした疑いで告発されている。

国際法に従ってください

「死刑は、すべての安全策を保証する法的手続きを経た後にのみ執行され得る」 の提出が必要です 国際人権法に従って」 人権理事会-任命された専門家は言った。

これらの事件には、強制失踪と隔離拘留、拷問と強制自白、弁護士との面会と家族の面会の拒否、長期にわたる公判前の拘留、独房監禁、テロ特別法廷での集団裁判などの重大な国際法違反が含まれていたとされる。公正な裁判基準を満たしていること。

「エジプトはまた、国際法とエジプト法で義務付けられているこれらの違反疑惑を独立的かつ効果的に調査し、是正することもできていない」と彼らは述べた。

さらに死刑宣告 違反する なぜなら、それらは漠然とした広範すぎるテロ犯罪に対する有罪判決に基づいているからである、と専門家らは付け加えた。

また、実際の処刑が禁止されている拷問や、残酷で非人道的かつ品位を傷つける扱いに該当する可能性があるという現実のリスクもあります。

「我々はエジプトに対し、これらの処刑を中止し、人権侵害容疑を独自に調査し、エジプトの国際的義務に照らして司法手続きを見直すよう求める」と述べた。

報告者やその他の国連の権利専門家は政府から独立しており、国連職員ではなく、その仕事に対して給与を受け取っていません。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-