14.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ヨーロッパ信仰と自由サミットⅢ「この世界をより良い世界に」

信仰と自由サミットⅢ「この世界をより良い世界に」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

信仰と自由サミットIII NGO連合は、欧州共同体への奉仕における信仰に基づく組織の影響と課題を示して会議を終了した。

歓迎的で有望な環境の中で、 欧州議会、会議が最後に開催されました 4月18th さまざまな国の高官とともに40人近くの参加者が集まりました。 宗教運動、ジャーナリスト、政治家、活動家 社会の舞台に積極的に存在していた。

この会議は、来年9月にパナマで4回目となるシリーズの3回目であり、主催した。 信仰と自由サミット NGO連合、欧州議会で主催されました。 フランスの国会議員マクセット・ピルバカス参加者を歓迎するとともに、宗教がしばしば投機目的で操作されてきたとしても、欧州議会が社会における宗教の役割に注目していることを強調した。

webP1060319 MEP 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界に」
写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合 – 18 年 2024 月 XNUMX 日、ブリュッセルの欧州議会にて。

このサミットは、ヨーロッパ内の信仰に基づく組織(FBO)の社会的活動と、より回復力のある社会の構築におけるFBOの重要な役割を探ることを目的としていました。結局のところ、FBO は、欧州連合 (EU) において社会的課題に取り組み、社会的結束を促進し、信仰と自由の価値観を擁護する上で重要な役割を果たしています。参加者は、自分たちが抱えている課題だけでなく、旧大陸内でより包括的で持続可能な社会を作るために必要な機会や影響についても話し合うためのプラットフォームとしてそれを利用する機会を得ました。

彼らは、次のような言葉を含む興味深い、教育的なスピーチをしました。この世界をより良い世界にする"と"私たちが説いていることを実践する」という声が何度も部屋中に響き渡り、活気に満ちた協力的なシーンで新しい同盟が定義され始めるほどの共通点は意志の力でした。

このイベントには、カトリック教徒、シヴァ派の伝統を持つヒンズー教徒、キリスト教のアドベンティスト、イスラム教徒、 Scientologists, シーク教徒、フリーメイソンなど、そしてさまざまな宗教や思想運動のトップレベルの講演者が十数人近くいます。

マクセット・ピルバカス 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIに出席したマクセット・ピルバカス議員。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

就任演説の中で、フランス人は、 MEP マクセット・ピルバカス EU における宗教の自由をめぐる対話と理解を促進することを目的としています。彼女はフランスの世俗主義モデルと、個人のアイデンティティを肯定するアングロサクソンのアプローチとの間の「中道」を見つけるよう求めた。

ピルバカス議員による紹介的で示唆に富むプレゼンテーションの後、会議のハンドルを握ったのはピルバカス議員でした。 IvanArjona-Pelado, ScientologyEU、OSCE、国連の代表はセッションの司会者となり、最後にさらなる議論ができるようタイミングを確保するために、講演者から次の講演者に素早く橋渡しをした。

webP1060344 LAHCEN 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにおけるラーセン・ハムーシュ氏(BXL-MEDIA CEO)。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

ピルバカス議員に続いて ラーセン・ハンムーチの共同主催者兼CEO ブリュッセル メディア グループ。コミュニティの擁護者であり、対話と人々をつなぐ擁護者であるハムーシュ氏は、感動的なスピーチの中で、「共に生きる」という概念を強調し、分断された世界における団結の重要性を強調しました。彼は個人に対し、偏見や否定的な判断を乗り越え、交流や敬意を持った意見の相違を促進するよう奨励しました。ハムーシュ氏は平和推進に携わった経歴を持ち、さまざまな背景を持つ人々の間の溝を埋め、疎外された人々の声を広めることに尽力しました。同氏はフランスなどの国々が宗教的少数派に対して設けている障壁を批判し、偏見のない相互承認と統合を求めた。対話、価値観の共有、共存を維持するための集団的努力を求めるハンムーシュ氏の訴えは多くの人の共感を呼び、より包括的で受容的な国際社会に向けて前進する上での全員の役割を強調した。

webP1060352 ジョアオ・マーティンズ 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
ジョアン・マルティンス、ADRA、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

アルホナはその後、次のように発言した。 ジョアン・マルティンス、ADRA ヨーロッパ地域ディレクター (アドベンチスト開発・救援庁)。マルティンス氏は、ヨーロッパ全土でのADRAの使命について議論する中で、正義の追求を推進する上で信仰が果たす役割を強調した。 ADRA は、「慈悲と勇気というキリスト教の価値観に根ざした信仰に基づく著名な NGO であり、教会のパートナーシップを通じて社会的不正義に対処する積極的な取り組みと信仰を統合する独自の神学的アプローチを採用している」。この NGO は、災害救援、難民支援、地域社会の取り組みに教会のボランティアを積極的に動員し、危機の際には教会を避難所に変え、教育へのアクセスなどの大義を主張しています。マーティンズ氏は、正義、思いやり、愛という聖書の原則に対するADRAの永続的な取り組みを強調し、他の宗教との協力を呼び掛けながら、宗教的信念が数十年にわたって弱者と人権の擁護にどのように力を与えることができるかを示した。

webP1060367 SWAMI 2 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
バイラヴァナンダ・サラスワティ・スワミ、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

アルホナはキリスト教からヒンズー教に移り、その後の橋渡しをしました。 バイラヴァナンダ サラスワティ スワミ、社長兼取締役 シヴァ フォーラム ヨーロッパ。ベルギー、アウデナールデ出身のヒンズー教の精神的指導者であるスワミは、スピーチの中で、ヒンズー教の信仰と宗教間の比較を引きながら、宗教間の団結、若者のエンパワーメント、男女平等を強調した。 Scientology 実践。バイラフ・アナンダとして知られる彼は、内省と精神的成長に関するシヴァ神の教えを強調し、危機下における個人の成長と信仰を超えた協力を提唱しました。男性と女性の共同エネルギーを受け入れ、他の宗教の取り組みに触発されて、彼は包括的なコミュニティを確立し、瞑想ワークショップを提供し、人権を促進したいと述べた。

次は次の番です オリビア・マクダフ代表者より 教会 Scientology 国際的 (CSI) は、信仰に基づく組織が行っている活動について議論し、宗教的統一の重要性を強調した。のプログラムを監督するマクダフ氏は、 Scientologyは、世界中の宗教団体によって行われている目立たないボランティア活動や慈善活動を強調し、これらの取り組みにさらに焦点を当てるよう求めた。彼女は、以下が主導するさまざまな取り組みを紹介しました。 Scientologists、麻薬予防プログラム、教育キャンペーン、災害対応活動、道徳的価値観の教育プログラムなど、 Scientologists と非Scientologists.

webP1060382 Olivia2 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
オリビア・マクダフ教会 Scientology 国際、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催される信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

引用すると Scientology AIとMoku L.ロンハバード, マクダフは社会における宗教の役割を強調し、世界にプラスの影響を与えるために他の信仰を支援することを主張した。彼女は信仰間の協力を奨励すると結論づけ、次のように強調した。 Scientologyは、集団的な進歩と共同の人道的プロジェクトのために協力するという取り組みを行っています。

webP1060400 Ettore Botter2 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
エットーレ・ボッター Scientology ボランティア・大臣、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催される信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

アルホナはその後、次のように発言した。 エットーレ・ボッター、を表す Scientology イタリアのボランティア・ミニスター、自然災害時のボランティア・ミニスターの迅速な対応と影響力のある救援活動のビデオを紹介しました。ボッター氏は、ボランティア・ミニスターの活動の中心にある奉仕という中核的使命を強調し、欧州内外の地震、洪水、その他の危機の後に不可欠な支援を提供する彼らの献身的な努力を強調した。ボッター氏は、力強いビジュアルと直接の証言を通じて、クロアチアの見過ごされている村の支援からイタリアの洪水被害を受けた地域社会の支援、ウクライナでの人道的救援活動に至るまで、ボランティア・ミニスターたちの実践的なアプローチを詳しく説明しました。ボランティア・ミニスターたちの明るい黄色のシャツは「希望と勤勉の象徴となっており」、困っている地域社会に奉仕するという彼らの決意を体現している。

webP1060426 CAP LC 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
ティエリー・ヴァレ氏、CAP LC、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

ティエリー・ヴァッレ、NGOの会長 CAPの良心の自由、次に、信仰に基づく組織と宗教的少数派がヨーロッパ社会に与えた歴史的影響をたどり、参加者を啓発しました。ヴァッレ氏は、ルネサンスから現在に至るまでこれらのグループが果たした極めて重要な役割を強調し、平和、社会的平等、個人の権利に対する彼らの貢献を強調した。ルネサンス期のカトリック教会の外交努力から、17世紀のクエーカー教徒の平和と正義の擁護に至るまで、ヴァレ氏は宗教運動がいかに人権と社会正義の大義を擁護してきたかを説明した。同氏はまた、福音派教会や末日聖徒イエス・キリスト教会など、20世紀の新しい宗教運動が社会的言説を形成し、環境管理や貧困緩和などの世界的問題を提唱する際に影響を与えていることにも言及した。ヴァッレ氏のスピーチは、平和、正義、社会進歩を促進する信仰の永続的な力を強調し、現代の課題に対処し、ヨーロッパのより包括的で思いやりのある未来を形作る上で、信仰に基づく組織が現在も重要であることを強調した。

webP1060435 ウィリー・フォートル 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
HRWFのウィリー・フォートレ氏、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

ウィリー・フォートル、創設者 Human Rights Without Frontiersアルホナ=ペラド氏が議論に導入したこの発言は、宗教団体の人道的取り組みが改宗や特定の地域の現状打破のための名目とみなされている場合に、宗教団体が直面する課題に焦点を当てた独自の視点を会議にもたらした。フォートルは、宗教団体が宗教団体の旗の下で慈善活動を行う際に遭遇する複雑さを掘り下げました。同氏は、宗教団体による人道支援が秘密の改宗戦術と誤解され、敵対心や人種差別につながった例を強調した。フォートル氏は、公共の場における宗教表現を守ることの重要性を強調し、不当な疑惑や偏見なしに慈善活動を行う自由を宗教団体に与えることについて微妙な議論を求めた。

webP1060453 エリック・ルー 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
(右) 18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された信仰と自由サミットIIIにおけるEU FoRB円卓会議のエリック・ルー氏。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

その後は の番でした エリック・ルー、実行委員会のメンバー ユナイテッド宗教イニシアチブ (URI) (および共同議長 EUブリュッセルForRB円卓会議)、URIの宗教間連合を通じて宗教グループ間の協力を強化することを提唱しました。

ルー氏は、宗教間の協力と社会の強化を促進する国際組織としてのURIの役割を強調し、多様な宗教的および精神的伝統を越えて協力することの重要性を強調した。ルー氏の熱のこもった訴えは、宗教過激主義と闘い、世界的な紛争の解決策を促進するための鍵として協力が強調され、URIをさまざまな信仰コミュニティの影響力のある活動を拡大するプラットフォームとして位置づけた。

webP1060483 信仰と自由サミット III、「この世界をより良い世界にする」
(左)作家兼弁護士のフィリップ・リエナール氏、18年2024月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された「信仰と自由サミットIII」にて。写真提供: 信仰と自由サミット NGO 連合

イベントの主催者によるディスカッションと結論の前の最後のスピーカーとして、参加者は話を聞きました。 フィリップ・リエナール博士、弁護士、元裁判官、作家、そして著名な人物 フリーメーソン ヨーロッパレベルでは、会議でのスピーチで何世紀も続く組織についての洞察を共有しました。リエナール氏はイベントの主催に感謝の意を表し、フリーメーソンが多様な組織であり、95%がイングランド統一グランドロッジの下で有神論的信念を固守し、5%がさまざまな信念を許容するリベラルな原則を受け入れていることを強調した。彼は、人類に利益をもたらす知恵や寛容などの美徳を促進する、自由な思想と道徳的向上のためのプラットフォームとしてのフリーメーソンを強調した。リエナール氏は、すべての宗教と哲学を尊重するというフリーメーソンの核となる価値観を強調し、会員としての誠実さ、思想の自由、善良な人格の重要性を強調した。彼は、他者への開放性と奉仕というフリーメーソンの精神に沿って、多様なコミュニティと哲学の間に架け橋を築くことを呼びかけた。

他にサミットに出席し意見を表明したのは、法学者で作家のマリアンヌ・ブルック氏、カイゼン・ライフASBLのハディジャ・チェントゥフ氏、HWPLのライザ・マドゥロ氏、リビウ・オルテアヌ教授、ピースフル・コネクテッドのレフカ・エレク氏、ムンド・ヨユニドのパトリシア・ヘイブマン氏などだ。

マクセット・ピルバカス議員は、会議の様々な国からの出席者に感謝の意を表し、お互いの宗教的観点から学ぶことの重要性を強調した。ヒンズー教徒とキリスト教徒の両方を自認するピルバカス氏は、欧州議会での宗教の政治化について懸念を表明し、宗教と移民問題に焦点を当てる方向への移行を指摘した。彼女は、固定観念と闘い、団結を促進する必要性を強調し、異なる信仰間の理解と協力を呼びかけた。ピルバカス氏は、対話と相互尊重を促進するために経験を共有し、セミナーを開催することの重要性を強調し、より包括的で調和のとれた社会を提唱した。女性政治家として課題に直面しているにもかかわらず、ピルバカス氏は人権と平和共存の擁護に尽力し続けている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-