13.5 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ヨーロッパ社会的および人道的活動を通じて世界をより良くする信仰に基づく組織

社会的および人道的活動を通じて世界をより良くする信仰に基づく組織

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

世界をより良くするための欧州議会での会議

EU 内の少数派の宗教団体や信仰団体の社会的および人道的活動は、ヨーロッパの国民と社会にとって有益ですが、政治指導者やメディアによって無視されることがあまりにも多いです。

ウィリー・フォートル 社会的および人道的活動を通じて世界をより良くする信仰に基づく組織

これは、さまざまな宗教的および信仰的背景を持つ幅広い講演者によって送られたメッセージでした。 信仰と自由サミットⅢ 18月XNUMX日にブリュッセルの欧州議会で開催された。

しかし、地震やその他の自然災害の現場で、気候変動や反麻薬キャンペーン、難民やホームレスへの支援プログラムを意識したこれらの少数派団体の活動は、注目され、認識され、知られるに値する。目に見えない存在や、時には根拠のない非難から逃れることができます。

この会議の枠組みの中で、私は討論の時間を利用して、人権の観点からいくつかの見解と考察を共有し、それを以下に体系的にまとめます。

宗教団体や信仰団体の社会的および人道的活動は無視され、沈黙させられる

この会議を充実させた少数派の宗教団体や哲学団体の広報担当者による数多くのプレゼンテーションは、世界をより住みやすい場所にするための人道的、慈善活動、教育的、社会的活動の重要性と影響力を強調しました。彼らはまた、市民社会のこの部分の貢献なしではすべての社会問題を単独で解決できない欧州連合諸国にとっても有益であることを示しました。

しかし、メディアにおける彼らの活動の痕跡は事実上ありません。この状況の根本的な理由について疑問に思うかもしれません。ソーシャルワークは、これらの組織の公的かつ目に見える表現の一形態です。これらの活動への貢献を通じて個人の信仰を表明することは、誰にも迷惑をかけません。しかし、宗教団体の名においてそうすることは、世俗的な運動やその政治的中継によって、彼らの哲学的信念に反するものであり、何世紀にもわたって国家に法律を規定してきた歴史的な教会の影響力が戻る潜在的な危険であると認識されることがある。そして彼らの主権者たち。メディアにもこの世俗化と中立の文化が浸透しています。

この不信の影で、宗教的または哲学的少数派が、社会的および人道的活動を公的自己宣伝や新会員誘致のためのツールとして利用しているのではないかと、同じ主体だけでなく支配的な教会からも疑われている。最後に重要なことですが、一部の少数派は、多くの EU 諸国によって起草および承認され、メディアによって広く広められた、いわゆる有害で望ましくない「カルト」のブラックリストに 25 年以上も載っています。しかし、国際法上、「カルト」という概念は存在しない。さらに、インドの有名なマザー・テレサが、ノーベル平和賞を受賞したにもかかわらず、カトリックの病院や教育機関で不可触民やその他の人々をキリスト教に改宗させようとしたとして非難されたことをカトリック教会は覚えておくべきである。

ここで問題となっているのは、公共の場で自らのアイデンティティを隠さない、集合的かつ目に見える存在としての宗教的または哲学的少数派の表現の自由である。

これらの信仰に基づく組織は、一部のヨーロッパ諸国では​​「望ましくない」とみなされ、確立された秩序と正しい考え方に対する脅威とみなされています。その反応として、政界やメディアは、彼らの建設的な社会活動や人道活動についてはまるで存在しなかったかのように沈黙を続けています。あるいは、これらの運動に敵対する活動を通じて、「不当な改宗だ」「被害者の中から新たな会員を勧誘するものである」など、完全に否定的な見方をされることもあります。

欧州連合におけるより包括的な社会に向けて

社会集団間の有害な緊張や敵意を避けるために、政治やメディアによる市民社会主体の扱いにおいて二重基準は根本的に避けられなければなりません。社会の断片化と分離主義につながる人種差別は、憎しみと憎悪犯罪を生み出します。包括性がもたらすもの 敬意、連帯、社会平和.

宗教団体や哲学団体の社会的、慈善的、教育的、人道的活動は公平に扱われなければなりません。正義は、欧州連合国民の幸福に貢献する者に対して、公平な価値で偏見なく行われなければなりません。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-