13.6 C
ブリュッセル
Friday, May 17, 2024
人権国連指導者らは人種差別と差別をなくすためのさらなる行動を呼び掛ける

国連指導者らは人種差別と差別をなくすためのさらなる行動を呼び掛ける

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

アントニオ・グテーレス国連事務総長 ビデオメッセージでフォーラムに演説しながら、世界中のアフリカ系の人々の功績と貢献を称賛したが、黒人が直面し続けている既存の人種差別と不平等も認めた。 

He  常設フォーラムの設立は、これらの不正義に対処するための国際社会の献身的な姿勢を示しています。それでも、世界中のアフリカ系の人々にとって大きな変化がそれを裏付ける必要があります。

"今すぐ 私たちは有意義な変化を推進するためにその勢いに乗らなければなりません – アフリカ系の人々が人権を完全かつ平等に享受できるようにすることによって。人種差別と差別を撤廃する取り組みを強化することで、 賠償も含めて;そしてアフリカ系の人々を平等な市民として社会に完全に包含するための措置を講じることによって」とグテレス氏は述べた。 

「恐るべき招集力」

ナダ・アル・ナシフ人権副高等弁務官 発足から2年も経たないうちに3回目の注目を集めるセッションを開催することで、フォーラムの「恐るべき招集力」を称賛した。

彼女は、アフリカ系の人々のための気候正義、教育、健康などに焦点を当てたフォーラムで計画されている70のサイドイベントを賞賛し、これは「驚くべき取り組み、 私たちの集団的な取り組みの範囲と影響を拡大するに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

アル・ナシフ氏は加盟国に対し、議論に参加し、そこから得られた勧告に基づいて行動するよう求めた。 

「そうして初めて、アフリカ系の人々のすべての市民的、政治的、経済的、社会的、文化的権利を保証できるのです」 完全に実現できる 差別や偏見を持たずに。」と彼女は言いました。

10年は延長されるべきだ

アル・ナシフ女史はこう語った。 国連人権高等弁務官 フォルカー・テュルクをサポートします。 アフリカ系人々のための国際10年の延長 – 2015 年に総会によって宣言された、承認、正義、発展に焦点を当てる時期。 

常設フォーラムでは、要求された第2の国際10年における達成の限界と期待を中心に会話が行われます。 

「私たちはこのセッションの議論の結果を楽しみにしています。そして我々は今年を通じて、国際の10年に関連した政府間の議論をフォローしていくつもりです」とアル・ナシフ女史は語った。

常設フォーラムからのすべての報告書は第 57 回国連会期に提出されます。 人権理事会 9月に始まり、その月に始まる国連総会の新しい会期も同様です。

変化を求める戦い

副高等弁務官は、彼女の事務所が「」を確実にする方法を模索し続けていると述べた。アフリカ系の人々が公的生活に有意義かつ包括的かつ安全に参加することは、体系的な人種差別との戦いにおいて不可欠であるに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-