18.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ヨーロッパ地政学的な状況により、欧州選挙での投票がさらに重要になる

地政学的な状況により、欧州選挙での投票がさらに重要になる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

本日の選挙前出版物は、EU 国民が 6 月 9 日から 2023 日まで投票するまであと数週間となっており、主要な選挙指標が前向きな上昇傾向にあることを明らかにしています。選挙への関心、選挙がいつ行われるかについての意識、投票の可能性はすべて、最後に測定された2019年秋の調査以来上昇傾向にあります。 XNUMX年春の調査(前回の欧州選挙のXNUMXか月前)と比較すると、増加はさらに顕著です。

現在、60% が 3 月の投票に関心があると回答しています (2023 年秋と比較して 11 ポイント増加、2019 年 71 月/7 月と比較して +10 ポイント)。 1% が投票する可能性が高いと答えています (10 ~ 3 のスケールで 2023 ~ 10)。これは、2019 年秋と比較して +81 ポイント、XNUMX 年 XNUMX 月/XNUMX 月と比較して +XNUMX ポイントに相当します。調査結果は、EU 国民が投票する可能性が高いことを示唆しています。現在の地政学的な文脈における選挙の重要性を非常に認識しており、回答者のXNUMX人中XNUMX人(XNUMX%)が投票がさらに重要になることに同意している。すべての加盟国の大多数がこの声明を支持しています。

欧州議会のロベルタ・メッツォラ議長は、調査結果について次のようにコメントしている。「欧州人は投票所での賭け金が高く、現在の地政学的な状況では投票がさらに重要であることを認識している。私は国民に対し、ヨーロッパの民主主義を強化し、ヨーロッパの未来を形作るために、来たるヨーロッパの選挙に投票するよう呼びかけます。」 

この議会の結論によれば、EU​​ 国民の 81% が欧州議会に対して肯定的または中立的なイメージを抱いており、否定的であるのは 18% のみです。さらに、EU の過半数 (56%) は EP がより重要な役割を果たすことを望んでいますが、その反対を望んでいるのは 28% だけであり、役割を現状のまま維持すると考えているのは 10% です。

メトソーラ大統領はさらに次のように付け加えた。「議会と欧州連合は、過去数年間で前例のない形で成果を上げてきた。私たちは例外的で困難な状況に直面してきましたが、その結果として私たちはさらに強くなり、より団結することができました。議会はこれまでも、そしてこれからもEUにおける国民の声であり、代弁者であり続けるでしょう。」 

欧州国民は、貧困や社会的排除との戦い(33%)、公衆衛生の支援(32%)が選挙戦中に議論される主要な争点になることを望んでいる。経済への支援と新たな雇用の創出、そして EU の防衛と安全保障はいずれも 31 位 (56%) です。 EUの防衛と安全保障に対する国民の重要性は、特にロシアのウクライナに対する侵略戦争を考慮して、議会の任期を通じて高まっている。現在、55か国で選挙運動の第一(または共同第一)優先事項として言及されており、デンマーク(53%)、フィンランド(XNUMX%)、リトアニア(XNUMX%)で最も高い結果が得られている。

同様に、将来に目を向けると、EU 国民は世界的に EU の立場を強化する上で防衛と安全保障 (37%) を最優先事項とし、次にエネルギー問題、食糧安全保障/農業 (両方とも 30%) を挙げています。国民の35人中22人が過去数年間でEUの役割がより重要になったと回答しているが、15%はその役割は変わっていないと考えており、67%は減少したと考えている。国レベルでは、63か国の相対多数が、世界におけるその役割が年々重要になっていると考えており、その割合はスウェーデンで60%、ポルトガルで32%、デンマークで30%に達している。一方、スロベニア国民とチェコ国民は、EUの役割の重要性が低下したと回答する可能性が最も高い(それぞれXNUMX%とXNUMX%)。

国民のほぼ 73 分の 3 (2023%、20 年秋と比較して 71 ポイント増) が、EU の行動が日常生活に影響を与えていると述べており、そのうち 2023 分の XNUMX (XNUMX%) は「非常に」影響を与えていると回答しています。さらに、ヨーロッパ人の大多数は、自国が全体として EU 加盟から恩恵を受けていることに同意しています (XNUMX%)。これらの結果は XNUMX 年秋と比較して安定しており、EU 全体で高水準を維持し続けています。

完全な結果を見つけることができます こちら.

経歴   

欧州議会の2024年春ユーロバロメーターは、7年3月2024日から27月26,411日まで、XNUMXのEU加盟国すべてで調査機関ベリアン(旧カンター)によって実施されました。調査は対面で実施され、チェコ、デンマーク、フィンランド、マルタではビデオインタビュー(CAVI)も追加で使用されました。合計 XNUMX 件のインタビューが実施されました。 EU の結果は、各国の人口規模に従って重み付けされています。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-